➤ 研修プログラムの特徴

連携施設は、第3次救命救急センター5つを含んでおり、脳卒中や頭部外傷を中心とした救急疾患を数多く経験できるとともに、脳血管障害に対する血管内治療・外科治療・急性期脳卒中管理・神経救急・脊髄脊椎疾患などを研修します。基幹施設の筑波大学では脳腫瘍の手術および集学的治療、機能的脳神経外科、脊髄脊椎疾患、小児脳神経外科、高度な脳血管障害治療が経験できます。基幹施設での手術件数は650件を超えており、プログラム全体では約3000件です。基幹施設内での専門研修指導医は 19名です。脳血管内治療においては、基幹施設内では5名、連携施設との合計では 9名の脳神経血管内治療指導医が指導に当たっています。また、連携施設および関連施設には各分野で国内外の指導的立場にある施設が入っており、それらの施設を回ることで最先端の知識と経験も身に着けることができるようになっております。

当プログラムでは実際に手を動かして手技を身に着けることを重要視しており、若いうちに多くの手術を術者として経験できます。また、筑波大学は日本で最初にレジデント制度を導入し、年上のレジデントが年下のレジデントを指導するという屋根瓦式の研修指導体制を確立しており、自分が執刀して実際に手を動かす能力のみならず、若手を指導しながら手術をコントロールし、術前術後の管理も指導する能力が養成されるため、レジデント終了時には指導者としての基本的な能力も身についているという特色があります。また、大学院での研究や国内外への留学(臨床・研究)についても積極的に推奨しており、広い視野を持った人材の育成を目指しています。専門医取得後のサブスペシャリテイーについても各人の希望を聞くとともに、本人の特性を見極めてアドバイスし、高いモチベーションをもって専門分野を確立できるようにサポートしていきます。

➤ 研修施設

基幹施設
筑波大学医学医療系脳神経外科
連携施設
水戸医療センター脳神経外科
筑波大学附属病院日立社会連携教育研究センター・日立総合病院脳神経外科
筑波記念病院脳神経外科
水戸済生会総合病院脳神経外科
筑波メディカルセンター病院脳神経外科
聖麗メモリアル病院脳神経外科
圭春会小張総合病院脳神経外科
県南病院脳神経外科
茨城西南医療センター病院脳神経外科
東京都立小児総合医療センター脳神経外科
茨城県立医療大学附属病院脳神経外科
水戸協同病院内筑波大学附属水戸地域医療教育センター脳神経外科
つくばセントラル病院
つるみ脳神経病院
関連施設
自治医科大学脳神経外科
千葉大学大学院医学研究院脳神経外科学
東京女子医科大学脳神経外科
東京大学医学部脳神経外科
横浜市立大学医学部医学研究科脳神経外科
産業医科大学医学部脳神経外科
国立循環器病研究センター脳神経外科
総合病院聖隷浜松病院脳神経外科
虎の門病院脳神経外科(脳神経外科、間脳下垂体、血管内治療)
獨協医科大学埼玉医療センター脳神経外科
水戸赤十字病院脳神経外科
茨城県立こども病院脳神経外科
茨城県立中央病院脳神経外科
東北大学大学院医学系研究科てんかん学分野
一宮西病院脳神経外科
県北医療センター高萩協同病院脳神経外科
群馬大学医学系研究科脳神経外科
 

➤ お問い合わせ先

 

問い合わせ先
筑波大学脳神経外科
電話:029-853-3220

【研修プログラム】お問い合わせ ➤

 

 
PAGE TOP