神経救急

脳神経外科と救急・集中治療部は協力して、24時間体制で脳卒中、頭部・脊髄外傷、脳・脊髄腫瘍、水頭症、痙攣発作などの患者さんを受け入れて、迅速な診断と治療を行っています。救急外来を受診された患者さん、もしくは救急搬送された患者さんには、まず救急・集中治療部の医師や夜間帯は救急当直医が対応し、重症度と必要性に応じて脳神経外科も同時に診療にあたります。救急外来での初期治療と画像診断の後、内科的治療を行う患者さんや、心機能障害や感染症などの併存症により全身管理が必要となる患者さんは、救急・集中治療部に入院して治療します。救急・集中治療部で治療と精査を行った結果、より詳しい検査や外科治療が必要な患者さんは、脳神経外科へ転科して、検査と治療を継続します。脳梗塞に対するrt-PAの投与、血管内治療、外科手術などを要する患者さんは、脳神経外科に入院して治療します。

脳卒中(脳梗塞、脳内出血、くも膜下出血)

脳卒中は、脳梗塞、脳内出血、くも膜下出血に分けられます。それぞれの疾患の診断や治療法の詳細は脳血管障害の項をご参照ください。

神経救急では、患者さんが脳卒中になってから救急外来へ搬送されて治療を開始するまでの時間ができるだけ短くなるように、患者さんやご家族に脳卒中の早期発見と対応の仕方についての啓蒙活動を行い、また、一旦脳卒中が起こったときは、脳卒中病院前救護 (PSLS: Prehospital Stroke Life Support)に則って救急隊と連携して、速やかな病院への搬送と治療の開始に取り組んでいます。

また、脳梗塞を発症してお近くの病院へ搬送された患者さんが、rt-PAなどの血栓溶解療法などの初期治療を受けても閉塞した血管の再開通が得られない場合、血栓回収療法という血管内治療を行うことがあります。搬送されたお近くの病院でrt-PAの投与後を行われた後に、血栓回収療法を速やかに行うために、Drip and Ship, Retrieveというシステムで当院への転院・救急搬送を積極的に受け入れています。

頭部・脊髄外傷

頭部や脊髄の外傷は、重篤な神経の後遺症や生命予後にかかわりますので、速やかな対応が必要となります。また、交通事故や転落などの外傷では、頭部や脊髄のみならず全身の多発外傷を伴うことがありますので、外傷初期診療ガイドライン(JATEC)に基づいて、救急・集中治療部が初期対応をすると同時に、脳神経外科を含めた外傷と関連のある診療科が対応にあたります。急性硬膜外血腫や急性硬膜下血腫に対する開頭血腫除去術、減圧開頭術、脊髄損傷では脊髄・脊椎の除圧・固定術を始めとして、病状に応じて、内科的治療、低体温療法、頭蓋内圧測定、早期のリハビリテーションなどを行い、脳・脊髄機能の改善に努めています。

神経救急に関わる臨床研究

脳神経外科と救急・集中治療部では、将来、患者さんの役に立つ新しい治療法の開発を目指して臨床研究に積極的に取り組んでいます。

ロボットスーツHAL®による脳・脊髄機能回復治療法の開発

脳卒中(脳梗塞、脳内出血、くも膜下出血)、脳・脊髄腫瘍、脳・脊髄腫瘍で見られる麻痺などの四肢の運動障害は、日常生活動作を制限する後遺症になりうるため、早期の治療が必要です。これらの患者さんに対して、発症早期からロボットスーツHAL®により患者さんの自発的な四肢の運動を補助してもらい、また、その補助された反復運動が障害された脳へフィードバックされることにより、障害された中枢神経機能が早期に回復し、運動障害が改善すると考えています。ロボットスーツHAL®は筑波大学システム情報工学科の山海教授の下で生まれた技術で、筑波大学付属病院でも脳・脊髄疾患の急性期から、HAL®による中枢性運動障害の治療に取り組んでいます。

非侵襲的頭蓋内圧モニター(HeadSense)による頭蓋内圧測定

脳卒中や頭部外傷により頭蓋内圧が亢進した状態は、脳機能の維持にとって危機的な状態であるため、頭蓋内圧を把握することは重要なことです。しかし、これまで頭蓋内圧を測定する方法は、手術で頭蓋内に測定用のモニターを挿入する必要がありました。イヤホン型の非侵襲的頭蓋内圧モニターであるHeadSenseを両耳に装着し、そこから出て脳内を通過する音波の減衰を計測することで、手術を受けることなしに頭蓋内圧を測定することができると考えています。

お問い合わせ

〒305-8576
茨城県つくば市天久保2-1-1

☎029-853-3900(代表番号)
☎029-853-3570(予約センター)