2013年

原著論文(査読あり, published in 2013)

  1. Akimoto K, Kimura K, Nagano M, Takano S, To'a Salazar G, Yamashita T, Ohneda O. Umbilical cord blood-derived mesenchymal stem cells inhibit, but adipose tissue-derived mesenchymal stem cells promote, glioblastoma multiforme proliferation. Stem Cells Dev 22:1370-86, 2013
  2. Bodhak S, Kikuchi M, Sogo Y, Tsurushima H, Ito A, Oyane A. Calcium phosphate coating on a bioresorbable hudroxyapatite/collagen nanocomposite for surface functionalization. Chem Lett 42: 1029-31, 2013
  3. Ito Y, Kato N, Matsumura A, Sonobe M. Hemodynamic instability increases new ischemic brain lesions on diffusion-weighted imaging after carotid artery stenting. Neurol Med Chir (Tokyo) 53(6): 375-80, 2013
  4. Ito Y, Tsurushima H, Sato M, Ito A, Oyane A, Sogo Y, Matsumura A. Angiogenesis therapy for brain infarction using a slow-releasing drug delivery system for fibroblast frowth factor 2. Biochem Biophys Res Commun 432(1) 182-7, 2013
  5. Hara T, Akutsu H, Yamamoto T, Ishikawa E, Matsuda M, Matsumura A. Cushing's disease presenting with gastrointestinal perforation: a case report. Endocrinology, diabetes and metabolism. Case reports Nov. 1-4, 2013
  6. Hara T, Matsuda M, Watanabe S, Nakai K, Yamamoto T, Matsumura A. Remote cerebellar hemorrhage after removal of a supratentorial glioma without perioperative CSF loss: A case report. Case Rep Surg 2013: 305039, 2013.
  7. Hirohata T, Asano K, Ogawa Y, Takano S, Amano K, Isozaki O, Iwai Y, Sakata K, Fukuhara N, Nishioka H, Yamada S, Fujio S, Arita K, Takano K, Tominaga A, Hizuka N, Ikeda H, Osamura RY, Tahara S, Ishii Y, Kawamata T, Shimatsu A, Teramoto A, Matsuno A. DNA Mismatch Repair Protein (MSH6) Correlated With the Responses of Atypical Pituitary Adenomas and Pituitary Carcinomas to Temozolomide: The National Cooperative Study by the Japan Society for Hypothalamic and Pituitary Tumors. J Clin Endocrinol Metab 98: 1130-1136, 2013
  8. Kaneko MK, Morita S, Tsujimoto Y, Yanagiya R, Nasu K, Sasaki H, Hozumi Y, Goto K, Natsume A, Watanabe M, Kumabe T, Takano S, Kato Y. Establishment of novel monoclonal antibodies KMab-1 and MMab-1 specific for IDH2 mutations. Biol Biophys Res Commun 432: 40-45, 2013
  9. Kin H, Ishikawa E, Takano S, Ayuzawa S, Matsushita A, Muragaki Y, Aiyama H, Sakamoto N, Yamamoto T, Matsumura A. Language areas involving the inferior temporal cortex on intraoperative mapping in a bilingual patient with glioblastoma. Neurol Med Chir (Tokyo) 53(4): 256-8, 2013
  10. Matsubara T, Ayuzawa S, Aoki T, Fujimoto A, Osuka S, Matsumura A. The patient had a normal magnetic resonance imaging and temporal lobe epilepsy secondaru to a porencephalic cyst but showed structural lesions (hippocampal sclerosis). Epilepsy & Behavior Case Reports 1: 153-6, 2013
  11. Mizumoto M, Okumura T, Ishikawa E, Yamamoto T, Takano S, Matsumura A, Oshiro Y, Ishikawa H, Sakurai H, Tsuboi K. Reirradiation for recurrent malignant brain tumor with radiotherapy or proton beam therapy. Technical considerations based on experience at a single institution. Strahlenther Onkol 189(8): 656-63, 2013
  12. Muragaki Y, Akimoto J, Maruyama T, Iseki H, Ikuta S, Nitta M, Maebayashi K, Saito T, Okada Y, Kaneko S, Matsumura A, Kuroiwa T, Karasawa K, Nakazato Y, Kayama T. Phase II clinical study on intraoperative photodynamic therapy with talaporfin sodium and semiconductor laser in patients with malignant brain tumors. J Neurosurg 119(4): 845-52, 2013
  13. Nakajima J, Hitomi S, Koganemaru H, Nakai Y. Isolation of Staphylococcus epidermidis intermediately resistant to vancomycin in a case of central venous catheter-associated bloodstream infection. J Infect Chemother 19(5): 983-6, 2013
  14. Nguyen THN, Akutsu H, Nouguchi S, Tsunoda T, Sasaki M, Tsurushima H, Matsumura A. Reversible focal radiological changes due to non-convulsive status epilepticus of the right parietoocipital lobe. -Case report- Turk Neurosurgery 23(2):278-81, 2013
  15. Onuma K, Ishikawa E, Matsuda M, Hirata K, Osuka S, Yamamoto T, Masumoto T, Zaboronok A, Matsumura A. Clinical characteristics and neuroimaging findings in 12 cases of recurrent glioblastoma with communicating hydrocephalus. Neurol Med Chir (Tokyo) 53(7): 474-81, 2013
  16. Osuka S, Sampetrean O, Shimizu T, Saga I, Onishi N, Sugihara E, Okubo J, Fujita S, Takano S, Matsumura A, Saya H. IGF receptor signaling regulates adaptive radioprotection in glioma stem cells. Stem Cells 31(4): 627-40, 2013.
  17. Oyane A, Araki H, Sogo Y, Ito A, Tsurushima H, Spontaneous assembly of DNA-amorphous calcium phosphate nanocomposite spheres for surface-mediated genetransfer. Cryst Eng Comm 15(25): 4994-7, 2013
  18. Sakamoto N, Akutsu H, Takano S, Yamamoto T, Matsumura A. Useful 'sliding-lock-knot' technique for suturing dural patch to prevent cerebrospinal fluid leakage after extended transsphenoidal surgery. Surg Neurol Int 4:19, 2013
  19. Sato M, Takigawa T, Shiigai M, Tamura G, Masumoto T, Nakai Y, Zaboronok A, Tsurushima H, Matsumura A. Spinal dural arteriovenous fistula with lipomyelodysplasia -Case report-. Neurol Med Chir (Tokyo) 53(2): 107-109, 2013
  20. Sato M, Nakai Y, Tsurushima H, Shiigai M, Masumoto T, Matsumura A. Risk factors of ischemic lesions related to cerebral angiography and neuro-interventional procedures. Neurol Med Chir (Tokyo) 53(6): 381-7, 2013
  21. Shibui S, Narita Y, Mizusawa J, Beppu T, Ogasawara K, Sawamura Y, Kobayashi H, Nishikawa R, Mishima K, Muragaki Y, Maruyama T, Kuratsu J, Nakamura H, Kochi M, Minamida Y, Yamaki T, Kumabe T, Tominaga T, Kayama T, Sakurada K, Nagane M, Kobayashi K, Nakamura H, Ito T, Yazaki T, Sasaki H, Tanaka K, Takahashi H, Asai A, Todo T, Wakabayashi T, Takahashi J, Takano S, Fujimaki T, Sumi M, Miyakita Y, Nakazato Y, Sato A, Fukuda H, Nomura K. Randomized trial of chemoradiotherapy and adjuvant chemotherapy with nimustine (ACNU) versus nimustine plus procarbazine for newly diagnosed anaplastic astrocytoma and glioblastoma (JCOG0305). Cancer Chemother Pharmacol 71: 511-21, 2013
  22. Takano S, Kimu H, Tsuda K, Osuka S, Nakai K, Yamamoto T, Ishikawa E, Akutsu H, Matsuda M, Matsumura A. Decrease in the apparent diffusion coefficient in peritumoral edema for the assessment of recurrent glioblastoma treated by bevacizumab. Acta Neurochir Suppl 118: 185-9, 2013
  23. Tsuda K, Akutsu H, Yamamoto T, Ishikawa E, Saito A, Nakai K, Takano S, Matsumura A. Benign spinal meningiomas without dural attachment presenting delayed CSF dissemination and malignant transformation.- Case report -. Brain Tumor Pathol 30:185-191, 2013
  24. Tsuda K, Tsurushima H, Takano S, Tsuboi K, Matsumura A. Brain metastasis from papillary thyroid carcinomas. Molecular and clinical oncology 1: 817-9, 2013
  25. Tsuruta W, Matsumaru Y, Hamada Y, Hayakawa M, Kamiya Y. Analysis of closed-cell intracranial stent characteristics using cone-beam computed tomography with contrast material. Neurol Med Chir (Tokyo). 53(6):403-8,2013
  26. Wang X, Ito A, Sogo Y, Hirose M, Oyane A, Tsurushima H, DNA-lipid-apatitie composite layers enhance gene expression of mesenchymal stem cells. Mat Sci Eng C 33: 512-518, 2013
  27. Yamamoto T, Tsuboi K, Nakai K, Kumada H, Sakurai H, Matsumura A. Boron neutron capture therapy for brain tumors. Transl Cancer Res 2:80-86, 2013
  28. Yamazaki T, Sonobe M, Kato N, Kasuya H, Ikeda G, Nakamura K, Ito Y, Tsuruta W, Nakai Y, Matsumura A. Endovascular coiling as the first treatment strategy for ruptured pericallosal artery aneurysms: Results, complications, and follow up. Neurol Med Chir (Tokyo) 53(6): 409-17, 2013
  29. Zaboronok A, Tsurushima H, Yamamoto T, Isobe T, Takada K, Sakae T, Yoshida F, Matsumura A. Size-dependent radiosensitization effects of gold nanoparticles on human U251 malignant glioma cells. Nanosci nanotech lett 5(9): 9904, 2013
  30. 池田 剛,園部 眞,加藤徳之,山崎友郷,粕谷泰道,中居康展,松村 明. 脳動脈瘤コイル塞栓術後の破裂・再治療とVolume Embolization Ratio (VER) の関連性. 脳卒中の外科41:440-446, 2013
  31. 伊藤嘉朗, 加藤徳之, 中居康展, 松村 明, 園部 眞. Closed-cell stentを用いた頸動脈ステント留置術における頸動脈の屈曲度と微小脳塞栓の関係. JNET 7(2): 75-80, 2013
  32. 伊藤嘉朗, 加藤徳之, 松村 明, 園部 眞. ドーナツ型巨大脳動脈瘤に対してコイルとラッピング術を施行した1例. 脳神経外科 41(5) 415-20, 2013
  33. 津田 恭治, 阿久津 博義, 山本 哲哉, 中井 啓, 井原 哲, 石川 栄一, 安田 貢, 高野 晋吾, 松村 明. 当院で経験した脊髄髄膜腫の治療成績と手術戦略. 脊髄外科27(1), 2013
  34. 鶴田和太郎,松丸祐司,上坂義和,松村 明. 進行する脊髄症状を呈し、MRIにて上部頚髄に異常を認めた症例. 脳神経外科ジャーナル22(11): 873-6, 2013
  35. 益子良太, 中居康展, 原 拓真, 今井 資, 松原鉄平, 松田真秀, 上村和也, 小松洋治, 松村 明. 錘体骨部特発性内頸動脈解離に対するステント留置術の1例. 脳神経外科ジャーナル 22(7): 557-61, 2013
  36. 松原 鉄平,松田 真秀,益子 良太,上村 和也,小松 洋治,松村 明. 多発性未破裂脳動脈瘤の経過観察中に生じた新生動脈瘤破裂によるくも膜下出血の1例.脳卒中の外科 41: 56-9,2013
  37. 松丸祐司,原 貴行,松村 明.脊髄動静脈シャント 何が治せて何が治療困難か.脳神経外科ジャーナル 22(1): 44-51, 2013
  38. 三木俊一郎, 山崎友郷, 加藤徳之, 池田 剛, 粕谷泰道, 園部 眞, 中居康展, 松村 明. Double catheter techniqueを応用したcoil-assist techniqueで治療を行ったブレブをネック近傍に伴う破裂脳動脈瘤の1例. JNET 7(3): 186-91 2013
  39. 三木俊一郎,山崎友郷,加藤徳之,池田剛,粕谷泰道,園部眞,中居康展,松村明. Double catheter techniqueを応用したcoil-assist techniqueで治療を行ったブレブをネック近傍に伴う破裂脳動脈瘤の一例.JNET 7(3): 2013

原著論文(査読のあるもの, 今後publishされるもの)

  1. Aoki T, Nishikawa R, Sugiyama K, Nonoguchi N, Kawabata N, Mishima K, Adachi JI, Kurisu K, Yamasaki F, Tominaga T, Kumabe T, Ueki K, Higuchi F, Yamamoto T, Ishikawa E, Takeshima H, Yamashita S, Arita K, Hirano H, Yamada S, Matsutani M. A Multicenter Phase I/II Study of the BCNU Implant (GliadelR Wafer) for Japanese Patients with Malignant Gliomas. Neurol Med Chir (Tokyo), in press
  2. Kiyofuji S, Matsumaru Y, Tsuruta W, Hayakawa M, Kamiya Y. Emergence of the white-collar sign after coil embolization of cerebral aneurysms. Acta Neurochir (Wien), in press
  3. Koiso T, Akutsu H, Takano S, Yamamoto T, Ishikawa E, Okoshi Y, Matsumura A. Malignant lymphoma in the parasellar region: a case report and literature review. Case Reports in Medicine, accepted
  4. Matsubara T, Ishikawa E, Hirata K, Matsuda M, Akutsu H, Masumoto T, Zaboronok A, Matsumura A. A New Mechanism of Cerebrospinal Fluid Leakage after Lumboperitoneal Shunt: A Theory of Shunt Side Hole-Case Report. Neurol Med Chir (Tokyo), in press
  5. Matsubara T, Ayuzawa S, Aoki T, Ikeda G, Shiigai M, Matsumura A. Cerebral venous thrombosis after ventriculoperitoneal shunting: A case report. Neurol Med Chir (Tokyo), in press
  6. Matsuda M, Onuma K, Satomi K, Nakai K, Yamamoto T, Matsumura A, Exophytic cerebellar glioblastoma in the cerebellopontine angle: case report and review of the literature. Journal of Neurological Surgery Reports, in press
  7. Tsuruta W, Matsumaru Y, Miyachi S, Sakai N. Endovascular Treatment of Spinal Vascular Lesion in Japan: Japanese Registry of Neuroendovascular Therapy (JR-NET) and JR-NET2. Neurol Med Chir (Tokyo), in press
  8. Sakakura K, Akutsu H (CA), Yamamoto T, Masuda Y, Ishikawa E, Matsumura A: Trigeminal neuralgia in a patient with Marfan syndrome: case report. Neurol Med Chir (Tokyo), in press
  9. Sakamoto N, Ishikawa E, Aoki K, Uemae Y, Komatsu Y, Matsumura A. Clinical outcomes of intracerebral hemorrhage in hemodialysis patients. World Neurosurg, in press
  10. Sato E, Yamamoto T, Shikano N, Ogura M, Nakai K, Yoshida F, Uemae Y, Takada T, Isobe T, Matsumura A. Intracellular boron accumulation in CHO-K1 cells using amino acid transport control. Applied Radiation and Isotopes, in press.
  11. Yamamoto T, Yamamoto Y, Horiguchi Y, Endo K, Shirakawa M, Sato T, Koka M, Nakai K, Nagasaki Y, Matsumura A. Intra-tumor Distribution of Metallofullerene Using Micro-particle induced X-ray Emission (PIXE). Applied radiation and isotope, accepted
  12. Yazaki Y, Oyane A, Tsurushima H, Araki H, Sogo Y, Ito A, Yamazaki A, Coprecipitation of DNA-lipid complexes with apatite and comparison with superficial adsorption for gene transfer applications. J Biomater Appli, accepted
  13. Zaboronok A, Isobe T, Yamamoto T, Sato E, Takada K, Sakae T, Tsurushima H, Matsumura A. Proton beam irradiation stimulates migration and invasion of human U87 malignant glioma cells. J Radiat Res, in press

総説・著書・Proceeding・その他

  1. 阿久津博義. 神経内視鏡における止血・凝固機器 (橋本信夫, 寺本 明, 小川 彰, 嘉山孝正編)先端医療シリーズ45 臨床医のための最新脳神経外科 (株)寺田国際事務所/先端医療技術研究所,2013
  2. 阿久津博義. 術中MRI手術システムの現況・有用性と機器上の要件. 新医療 40(10): 106-9,  2013
  3. 阿久津博義,増田洋亮,松村 明. ビジウス サージカルシアター 脳外科領域で用いられる機器最前線 脳神経外科速報 23(11): 1240-45, 2013
  4. 阿久津博義. 術中MRI統合システム―筑波大学附属病院― 医療福祉建設 180: 12, 2013
  5. 阿久津博義,高野晋吾,田中秀峰,山本哲哉,村下秀和,石川栄一,松村 明. Four-hand techniqueを用いた内視鏡下経鼻頭蓋底手術の現状と未来. 日本内分泌学会雑誌 89 suppl: 13-14, 2013
  6. 大矢根綾子,中村真紀,王秀鵬,伊藤敦夫,鶴嶋英夫,六崎裕高. バイオミネラリゼーションのバイオメディカル応用. 研究開発リーダー 10(10): 1-5, 2014
  7. 原 拓真, 阿久津博義, 高野晋吾, 山本哲哉, 鈴木浩明, 松村 明. Cushing病に対する手術および放射線照射例の長期予後. 日本内分泌学会雑誌 89 suppl: 63-4, 2013
  8. 中居康展. ②セットアップ 特集 よくわかる脳血管内治療. BRAIN 3(5): 366-70, 2013
  9. 松村 明,松田 真秀. 脳神経外科分野における陽子線治療の適用、定位的放射線治療. 17:11-19,2013
  10. 松村 明,山本哲哉. 小児脳腫瘍に対する放射線治療. 小児脳神経外科診療ガイドブック,メジカルビュー社,14-21, 2013
  11. 室井 愛. 頭部外傷(偶発性). 小児科学レクチャー 読影の極意を学ぶ 小児の画像診断?頭部・頭頸部編?Q&A 河野達夫編集 3(4):822-8, 2013
  12. 山本哲哉. 症例報告NPC-08-01試験で経験した脳浮腫の一例.Carmustine wafers留置後の画像と副作用‐「ギリアデルR~日本での臨床成績および症例報告」,ギリアデル学術講演報文集: 3, 2013
  13. 山本哲哉. 「ギリアデルR脳内留置用剤とその使用経験」,座談会報告「悪性神経膠腫治療における画像による経過観察」: 4-5, 2013
  14. 山本哲哉. BCNU ウェハー脳内留置用剤の使用経験―画像診断と手技の工夫―. 第18回脳腫瘍の外科学会スポンサードシンポジウム抄録集: 4-5, 2013

学会発表

  1. Akutsu H, Tanaka S, Yamamoto T, Murashita H, Takano S, Matsumura A. Clinical results of endoscopic endonasal skull base surgery using four-hand technique. The 4th International MASSIN congress; 2013.9.4-6 (Kobe)
  2. Akutsu H, Takano S, Yamamoto T, Tanaka S, Murashita H, Ishikawa E, Matsuda M, Uemaedomari I, Matsumura A: Endoscopic Endonasal Skull Base Surgery with Using Four-hand Technique. Italian-Japanese Joint Meeting 2012; 2012.11.2-3 (Tokyo)
  3. Aoki T, Nishikawa R, Sugiyama K, Mishima K, Adachi J, Nonoguchi N, Kawabata N, Kurisu K, Yamasaki F, Tominaga T, Kumabe T, Ueki K, Higuchi F, Yamamoto T, Ishikawa E, Takeshima H, Yamashita S, Arita K, Hirano H, Yamada S, Matsutani M, for the NPC-08 study group: A Multicenter Phase I/II Study of the BCNU Implant (GliadelR Wafer) for Japanese Patients with Malignant Gliomas (long-term follow-up). 4th Quadrennial Meeting of the World Federation of Neuro-Oncology held in conjunction with the 2013 Scientific Meeting and Education Day of the Society for Neuro-Oncology; 2013.11.21-4 (San Francisco, USA)
  4. Ikeda G, Sonobe M, Kato N, Yamazaki T, Kasuya H, Nakai Y, Matsumura A. Optimal Volume Embolization Ratio for Coil Embolization of Saccular Aneurysms. WFNS2013; 2013.9.8-13 (Seoul, Korea)
  5. Masuda Y, Akutsu H, Yamamoto T, Ishikawa E, Matsushita A, Matsuda M, Sugii N, Matsumura A. The initial clinical experience of movable, ceiling-mounted, intraoperative MRI in a dual-room concept. The 4th International MASSIN congress; 2013.9.4-6 (Kobe)
  6. Matsuda M, Yamamoto T, Ishikawa E, Nakai K, Takano S, Matsumura A. Profile analysis of chemotherapy?induced nausea and vomiting in patients treated with concomitant temozolomide and radiotherapy WFNS2013; 2013.9.8-13 (Seoul, Korea)
  7. Masuda Y, Akutsu H, Yamamoto T, Matsushita A, Ishikawa E, Matsuda M, Sugii N, Matsumura A. Utility of movable, ceiling-mounted, intraoperative MRI in a dual-room concept. Tsukuba Global Science Week 2013; 2013.10.4 (Tsukuba)
  8. Miki S, Kato N, Yamazaki T, Ikeda G, Kasuya H, Sonobe M, Nakai Y, Matsumura A. Sequential changes of Wallstent shape without post-stenting angioplasty. 第28回日本脳神経外科国際学会フォーラム, 2013.7(Yokohama)
  9. Muroi A, Enomoto T, Ihara S, Matsumura A. 3D-CT findings of occipital sutures in children younger than 2 years of age. The 41th annual meeting of the International Society for Pediatric Neurosurgery; 2013.9.29-10.3 (Mainz, Germany)
  10. Nakai K, Suzuki K, Eguchi K, Ayuzawa S, Hidaka K, Ueno T, Teramoto Y, Okamoto E, Saito K, Matsumura A. Novel Neck Mounting Device Which Sense and Indicate the Swallowing Activity for Dysphagia Patients. WFNS2013; 2013.9.9 (Seoul, Korea)
  11. Nakai K, Yamamoto T, Matsumura A< Sakurai H, Kumada H, Aihara T. Clinical trial of Tsukuba BNCT for Glioblastoma. Granada workshop on Boron Neutron Capture Therapy of Cancer: World clinical trials / 7th young researchers BNCT meeting; 2013.9.26 (Granada, Spain)
  12. Watanabe S, Kawabe T, Yamamoto M, Yamamoto T, Matumura A, Barfod BE, Urakawa Y. Long-Term Follow-Up Results of Stereotactic Radiosurgery for Vestibular Schwannomas: A Study of 131 Patients Treated Before 2002. The International Stereotactic Radiosurgery Society 2013, 2013.6.19 (Toronto, Canada)
  13. Watanabe S, Kawabe T, Yamamoto M, Yamamoto T, Matumura A, Barfod BE, Urakawa Y. Stereotactic radiosurgery for brain metastases: Case-matched study comparing treatment results for patients over 80 vs 65-79 years.第72回日本脳神経外科学会学術総会,2013.10 (横浜)
  14. Yamamoto T, Ishikawa E, Zaboronok A, Akutsu H, Matsuda M, Nakai K, Matsumura A. Navigation/ Fluorescence-guided endoscopic biopsy for intra-parenchymal tumors. The 4th international MASSIN congress, 2013.9.4-6 (Kobe)
  15. Gao Z, Horiguchi Y, Nakai K, Matsumura A, Suzuki M, Ono Koji, Nagasaki Y. Tsukuba International Conference on Materials Science (TICMS). Summer School on Biomaterials Science Preparation and evaluation boron-containing redox nanoparticle for boron neutron capture therapy (BNCT) for boron neutron capture therapy (BNCT), 2013.9.29
  16. Gao Z, Horiguchi Y, Nakai K, Matsumura A, Suzuki M, Ono Koji, Nagasaki Y. High performance neutron capture therapeutics assisted by boron containing redox nanoparticles. 平成25年京都大学原子炉実験所専門研究会,2013.12.10 (熊取)
  17. Gao Z, Horiguchi Y, Nakai K, Matsumura A< Suzuki M, Ono Koji, Nagasaki Y. Newly designed boron-containing nanoparticle for high performance neutron capture therapeutics. バイオマテリアルシンポジウム,2013.9.19 (東工大)
  18. 相山 仁,中井 啓,阿久津博義,中居康展,椎貝真成,松村 明. 術中インドシアニングリーンを使用した脊髄終糸動静脈瘻の一症例. 第28回日本脊髄外科学会 2013.6.6-7 (名古屋)
  19. 相山 仁,中井 啓,松田真秀,阿久津博義,山本哲哉,松村 明. 過去にependymal tumorが疑われ摘出術後の再発腫瘍がdiffuse astrocytomaの診断となった症例. 第31回日本脳腫瘍病理学会  2013.5.24-25 (東京)
  20. 相山 仁,阿久津博義,山本哲哉,石川栄一,中井 啓,松田真秀,高野晋吾,松村 明. 海綿静脈洞およびメッケル腔病変に対する手術アプローチの選択および脳神経機能予後. 第31回筑波脳神経外科研究会, 2013.2.3 (つくば)
  21. 相山 仁,中井 啓,松田真秀,上村和也,松村 明. 初回摘出時にependymal tumorが疑われたastrocytomaの症例. 第118回日本脳神経外科学会関東支部学術集会 2012.9.29(東京)
  22. 青木友和,西川亮,杉山一彦,三島一彦,安達淳一,栗栖薫,山崎文之,野々口直助,河鰭憲幸,冨永悌二,隈部俊宏,植木敬介,樋口芙未,山本哲哉,石川栄一,竹島秀雄,山下真治,有田和徳,平野宏文,山田忍 ,松谷雅生. 悪性神経膠腫におけるBCNU Implant (GliadelR Wafer) 多施設共同臨床試験.第18回脳腫瘍の外科学会 2013.9.19-20(大津)
  23. 阿久津博義,田中秀峰,山本哲哉,鈴木浩明,高野晋吾,松村 明. 先端巨大症症例における海綿静脈洞浸潤:内視鏡手術における術中所見とMRI所見との乖離に関して. 第9回アクロメガリーフォーラム, 2013.11.2 (東京)
  24. 阿久津博義,田中秀峰,山本哲哉,石川栄一,村下秀和,渡邊真哉,高野晋吾,松村 明. 脊索腫・軟骨肉腫に対する内視鏡下経鼻頭蓋底手術. 日本脳神経外科学会第72回学術総会 2013.10.16-8(横浜)
  25. 阿久津博義,田中秀峰,山本哲哉,村下秀和,高野晋吾,松村 明. Four-hand techniqueを用いた内視鏡下経鼻頭蓋底手術の適応と限界(ビデオシンポジウム). 第18回脳腫瘍の外科学会 2013.9.19-20(大津) 
  26. 阿久津博義,田中秀峰,山本哲哉,松村 明. 巨大下垂体腺腫に対する手術症例. 第8回東日本下垂体手術ビデオデモンストレーション, 2013.7.27 (東京)
  27. 阿久津博義,増田洋亮,山本哲哉,石川栄一,松下 明,松田真秀,杉井成志,松村 明. 天井懸架移動式高磁場術中MRIシステムの初期使用経験. 第13回日本術中画像情報学会 2013.7.13 (山形)
  28. 阿久津博義,田中秀峰,村下秀和,山本哲哉,高野晋吾,松村 明.Rathke嚢胞の手術. 第19回間脳下垂体疾患研究会 2013.7.5 (東京)
  29. 阿久津博義,高野晋吾,田中秀峰,村下秀和,山本哲哉,松村 明. Four-hand techniqueを用いたEndoscopic skull base surgeryの適応と限界. 第23回日本頭蓋底外科学会 2013.6.26-27 (名古屋)
  30. 阿久津博義,高野晋吾,田中秀峰,村下秀和,山本哲哉,松村 明.Four-hand techniqueを用いた内視鏡下経鼻頭蓋底手術の現状と未来(シンポジウム). 第23回日本間脳下垂体腫瘍学会  2013.3.15-16 (鹿児島)
  31. 阿久津博義,山本哲哉,石川栄一,増田洋亮,松下 明,松田真秀,中井 啓,青木 司,増本智彦,新藤雅司,松村 明. 天井懸架移動式高磁場術中MRIの使用経験. 第31回筑波脳神経外科研究会 2013.2.3 (つくば)
  32. 池田 剛, 鶴田和太郎, 中居康展, 椎貝真成, 増本智彦, 松村 明. Perfusion MRIを用いた硬膜動静脈?における皮質静脈逆流の評価. 日本脳神経外科学会第72回学術総会, 2013.10.17(横浜)
  33. 池田 剛, 中居康展, 鶴田和太郎, 松村 明: 脳血管外科手術におけるハイブリッド手術室. 第88回茨城県脳神経外科集談会 2013.10.27 (水戸)
  34. 池田 剛, 中居康展, 鶴田和太郎, 椎貝真成, 増本智彦, 松村 明. 脳血管内治療における3D Roadmapの有用性. 第29回NPO法人日本脳神経血管内治療学会学術総会 2013.11.21(新潟)
  35. 石川栄一,山本昌昭,山本哲哉,松村 明. 脳腫瘍に対するガンマナイフ照射後に一過性に硬膜造影効果を呈した2症例. 第26回茨城県脳腫瘍治療研究会, 2013.3 (つくば)
  36. 石川栄一,山本哲哉,中井 啓,坪井康次,丸山隆志,生田聡子,橋本幸一,上前洋二,大野 忠夫,唐沢克之,松谷雅生,阿部竜也,村垣善浩,松村 明. 初発膠芽腫患者に対する術後放射線化学療法および自家腫瘍ワクチンを用いた多施設共同試験. 第31回日本脳腫瘍学会学術集会 2013.12.8-10 (宮崎)
  37. 石川栄一,山本哲哉,中井 啓,高野晋吾,坪井康次,丸山隆志,田中雅彦,生田聡子,橋本幸一,原田義則,上前洋二,大野 忠夫,唐沢克之,松谷雅生,阿部竜也,村垣善浩,松村 明. 初発膠芽腫患者に対する術後放射線化学療法および自家腫瘍ワクチンを用いた臨床多施設共同試験.日本脳神経外科学会第72回学術総会, 2013.10.17(横浜)
  38. 石川栄一,山本哲哉,中井 啓,高野晋吾,坪井康次,丸山隆志,田中雅彦,生田聡子,橋本幸一,上前洋二,石原 健,大野 忠夫,唐沢克之,松谷雅生,阿部竜也,村垣善浩,松村 明. 初発膠芽腫に対するワクチンを含む集学的治療における可及的摘出の重要性. ニューロオンコロジイの会 2013.7.28 (東京)
  39. 石川栄一,里見介史,山本哲哉,松田真秀,中井 啓,高野晋吾,松村 明. 神経膠腫における術中迅速病理検査の有用性~術中化学療法剤脳内留置を念頭においた後方視的解析~. 第31回日本脳腫瘍病理学会 2013. 5.24-25 (東京)
  40. 石川栄一,上前洋二,松田真秀,大須賀覚,山本哲哉,高野晋吾,松村 明. 悪性神経膠腫瘍に対するSDF-1(CXCL-12)/CXCR-4を標的とした新規治療の開発. 第8回脳腫瘍の基礎シンポジウム 2013.3.2 (東京)
  41. 石川栄一,山本昌昭,山本哲哉,松村 明. Post-GKRS appearance followed by disappearance of diffuse dural enhancement: A report of two patients. 茨城県脳腫瘍治療研究会 2013.3.1 (つくば)
  42. 石川栄一. 自家腫瘍ワクチンとテモゾロマイド・放射線治療を併用する新規ワクチン研究の最終報告. 新規ワクチン研究ミーティング 2013.1.16
  43. 井原 哲,吉川文人,松下 明,阿久津博義,増本智彦,松村 明. Cine MRIを用いたキアリ奇形1型における延髄拍動変化の客観的評価 第28回日本脊髄外科学会. 2013.6.6-7 (名古屋)
  44. 大須賀覚,松下 明,五月女康作,石川栄一,山本哲哉,増本智彦,松村 明. 頭蓋内組織圧迫の程度を可視化する画像診断学. 第31回筑波脳神経外科研究会 2013.2 (つくば)
  45. 岡 潔,関 健史,赤津朋宏,臼田実男,小林 浩,阿久津博義,菊田健一郎. 複合型光ファイバースコープの医療応用. レーザー学会第446回研究会 2013.7.27 (大阪)
  46. 岡本英未子,石川栄一,松田真秀,中井 啓,増田洋亮,阿久津博義,山本哲哉, 鮎澤聡,松村明.  脳腫瘍摘出術における術中MEPモニタリングのfalse positiveを軽減する測定・評価法の検討. 第43回 日本臨床神経生理学術大会 2013.11.7-9 (高知)
  47. 岡本英未子,石川栄一,松田真秀,中井 啓,増田洋亮,阿久津博義,山本哲哉,鮎澤 聡,松村明. 脳腫瘍摘出術における術中MEPモニタリングのfalse positiveを軽減する測定・評価法の検討. 東京脳腫瘍治療懇話会 2013.6.28 (東京)
  48. 小沼邦之,山本哲哉,松田真秀,松原鉄平,阿久津博義,里見介史,澁谷 誠,澤村 豊,松村 明. 短期間に再増大をきたした視床下部発生rosette forming glioneuronal tumorの1例. 第31回日本脳腫瘍病理学会 2013.5.24-25 (東京)
  49. 木野弘善, 鶴田和太郎, 中居康展, 丸島愛樹, 椎貝真成, 松村 明. 鼻出血で発症した内頸動脈瘤の1例 . 第14回茨城脳神経血管内治療カンファレンス 2013.12.7 (つくば)
  50. 小磯隆雄, 鶴田和太郎, 中居康展, 藤原雄介, 池田 剛, 松村 明. Tentorial dural AVFに対する血管内手術の有用性. 第29回NPO法人日本脳神経血管内治療学会学術総会 2013.11.21-23 (新潟)
  51. 小磯隆雄,中居康展,池田 剛,鶴田和太郎,室井 愛,井原 哲,松村 明. 小児脳動静脈奇形に対する治療戦略. 日本脳神経外科学会第72回学術総会 2013.10.16-18(横浜)
  52. 小磯隆雄,中居康展,池田 剛,鶴田和太郎,室井 愛,井原 哲,松村 明. 小児脳動静脈奇形に対する治療戦略 第15回茨城小児神経内科外科懇話会 2013.11.2 (つくば)
  53. 高 振宇,堀口 諭吉,中井 啓,松村 明,長崎 幸夫. 活性酸素種消去能を有するボロン含有ナノ粒子の作製と評価. 第10回日本中性子捕捉療法学会 2013.9.7 (岡山)
  54. 後藤正幸,鶴田和太郎,藤原雄介,池田剛,杉浦好美,椎貝真成,中居康展,松村明. 視力低下で発症した硬膜動静脈瘻の1例. 日本脳神経外科学会第72回学術総会 2013.10.16(横浜)
  55. 佐藤弘茂,林 靖孝,水本斉志,石川 仁,奥村敏之,櫻井英幸,山本哲哉,高野晋吾,松村 明,坪井康次. 摘出困難な髄膜腫症例に対する陽子線治療の有用性.日本脳神経外科学会第72回学術総会 2013.10.16(横浜)
  56. 佐藤允之,鶴嶋英夫,中村和弘,丸島愛機,伊藤嘉朗,長野真澄,山下年晴,大根田修,松村明. 機能性の高い血管内皮前駆細胞のラット一過性脳虚血再潅流モデルに対する投与効果の検討. Stroke 2013、 2013.3.21-3 (東京)
  57. 鈴木涼子,井原 哲,福島 敬,小林千恵,福島紘子,酒井愛子,山本哲哉,松田真秀,阿久津博義,石川栄一,松村 明. 集学的治療後の第2再発に対して緩和的化学療法を継続し長期生存中の第4脳室AT/RTの一例. 第4回関東小児脳腫瘍カンファレンス 2013.2 (東京)
  58. 関 健史,赤津朋宏,岡 潔,渡邊真哉,阿久津博義,神経内視鏡手術におけるレーザー照射式止血機器の開発?in vivo実験による止血効果の検証. 第22回日本コンピュータ外科学会大会 2013.9.14-16 (東京)
  59. 高田智也,山本哲哉,松井裕史,石川栄一,松田真秀,阿久津博義,中井 啓,高野晋吾,松村 明. 葉酸輸送体SLC46A1はグリオーマにおける蛍光機序に関与する. 第23回日本光線力学学会 2013.6 (旭川)
  60. 高田智也,山本哲哉,松井裕史,石川栄一,松田真秀,阿久津博義,中井 啓,高野晋吾,松村 明. 葉酸輸送体SLC46A1はグリオーマにおける蛍光機序に関与する. 第31回日本脳腫瘍病理学会 2013.5.24-25 (東京)
  61. 高田智也,山本哲哉,松井裕史,松村 明. 葉酸輸送体,SLC46A1制御に基くグイローマの診断・制御に関する研究. 第31回筑波脳神経外科研究会 2013.2 (つくば)
  62. 田中秀峰,阿久津博義,村下秀和,田渕経司,和田哲郎,原 晃.内視鏡下経鼻下垂体手術における鼻中隔粘膜切開の工夫. 第52回日本鼻科学会総会・学術講演会 2013.9.26-28 (福井)
  63. 田中秀峰,阿久津博義,村下秀和,田渕経司,和田哲郎,原 晃.フリーハンド内視鏡下経鼻下垂体手術における鼻粘膜の処理. 第23回日本頭蓋底外科学会 2013.6.26-27 (名古屋)
  64. 田中秀峰,阿久津博義,村下秀和,上前泊功,田渕経司,和田哲郎,原 晃. 経鼻内視鏡下頭蓋底手術における経翼口蓋窩アプローチ法の有用性について. 第114回 日本耳鼻咽喉科学会総会・学術講演会 2013.5.15-18 (札幌)
  65. 田中秀峰,阿久津博義,村下秀和,上前泊 功,田渕経司,和田哲郎,原 晃. 内視鏡下経鼻下垂体手術における鼻中隔粘膜弁作成の工夫 第23回日本頭頸部外科学会総会 2013.1.24-25 (鹿児島)
  66. 塚田和明,鶴田和太郎,中居康展,椎貝真成,松村 明.術中血管撮影が有効であったspinal perimedullary AVFの一例. 第121回日本脳神経外科学会関東地方会 2013.9.28(東京)
  67. 津田恭治,高野晋吾,鶴嶋英夫,松村明. 抗てんかん薬バルプロ酸ナトリウムとレベチラセタムがグリオーマ細胞に及ぼす効果の比較. 第72回日本脳神経外科学術総会 2013.10.16-18 (横浜)
  68. 鶴嶋英夫,佐藤允之,中村和弘,丸島愛樹,伊藤嘉朗,長野真澄,山下年晴,大根田修,松村明.血管内皮前駆細胞を用いた脳虚血治療に関する基礎的検討. 第72回日本脳神経外科学術総会 2013. 10.16-18 (横浜)
  69. 鶴田和太郎. Transvenous embolization of intracranial dural arteiovenous shunts through occluded dural sinus.  第5回新潟セミナー 2013.1.27-29 (新潟)
  70. 鶴田和太郎, 中居康展, 椎貝真成, 増本智彦, 松丸祐司, 松村 明. Transvenous embolization of anterior condylar confluence dural AVF. 第42回日本神経放射線学会 2013.2.15-16 (北九州)
  71. 鶴田和太郎, 中居康展, 細尾久幸, 椎貝真成, 増本智彦, 松村 明. 硬膜動静脈瘻に対する閉塞静脈洞経由でのアプローチ. 第3回熱海脳血管内治療セミナー 2013.3.16-17 (熱海)
  72. 鶴田和太郎, 中居康展, 平田浩二, 松丸祐司, 松村 明. Anterior condylar confluence dural AVFに対する経静脈的塞栓術の有用性. 第42回日本脳卒中の外科学会 2013.3.21-23 (東京)
  73. 鶴田和太郎, 松丸祐司, 佐藤允之, 天野達雄. コイル塞栓術後に水頭症を来した未破裂内頸動脈瘤の1例. T-fusion conference 2013.4.12 (東京)
  74. 鶴田和太郎. IC paraclinoid動脈瘤に対するコイル塞栓術. Bayside conference 2013.6.29 (東京)
  75. 鶴田和太郎. 解離性椎骨動脈瘤塞栓術後の脊髄梗塞. 第14回脳神経血管内治療琉球セミナー 2013.7.5-7 (沖縄)
  76. 鶴田和太郎. 急速な視力障害で発症した硬膜動静脈瘻の1例. 第3回富山ホタルイカ・カンファレンス 2013.8.17(富山)
  77. 鶴田和太郎. 文献レビュー脳動脈瘤. 第7回東京脳卒中の血管内治療セミナー 2013.9.21(東京)
  78. 鶴田和太郎, 中居康展, 藤原雄介, 小磯隆雄, 池田 剛, 松村 明. 硬膜動静脈瘻の治療戦略 第72回日本脳神経外科学会学術総会 2013.10. 16-18 (横浜)
  79. 鶴田和太郎, 中居康展, 藤原雄介, 小磯隆雄, 池田 剛, 濱田祐介, 佐藤允之, 松丸祐司, 松村 明. 海綿静脈洞硬膜動静脈瘻に対する選択的シャント部閉塞術は有効か? 第29回NPO法人日本脳神経血管内治療学会学術総会(シンポジウム) 2013.11.21-23 (新潟)
  80. 鶴淵隆夫, 室井 愛,山本哲哉.  小児の非交通性水頭症に対する内視鏡治療.  第88回茨城県脳神経外科集談会 2013.10.27(水戸)
  81. 鶴淵隆夫,室井 愛,森 修一,松村 明. 神経線維腫症I型に合併した中脳水道狭窄症の一例 第15回茨城小児神経内科外科懇話会 2013.11.2(つくば)
  82. 鶴淵隆夫,室井 愛,山本哲哉,松村 明. 小児の非交通性水頭症に対する内視鏡治療. 第31回日本こども病院神経外科医会 2013.11.23-24(宇都宮)
  83. 中井 啓,阿久津博義,松田真秀,松村 明. 脊髄high grade gliomaに対するTMZ治療が画像上奏効した一例. 第28回日本脊髄外科学会 2013.6.6-7 名古屋
  84. 中井 啓,鈴木健嗣,日高紀久江,岡本英未子,鮎澤 聡,江口 清,松村 明. 頸部装着型デバイスによる嚥下機能の検討.第38回日本脳卒中学会総会2013.3.22 (東京)
  85. 中井 啓, 石川栄一, 松田真秀, 山本哲哉,阿久津博義, 増田洋亮,高野晋吾,松村 明. 神経膠腫患者の運動麻痺に対するリハビリテーション効果の検討. 第72回日本脳神経外科学会学術総会 2013.10.18 (横浜)
  86. 中居康展, 中村和弘, 松村 明, Nguyen Huynh Nhat Tuan. Vietnam Cho Ray病院での脳血管内治療の経験. 第3回熱海脳血管内治療セミナー 2013.3.16 (熱海)
  87. 中居康展, 鶴田和太郎, 松村 明. 大規模スポーツイベントにおける脳卒中防止キャンペーンの経験. 第38回日本脳卒中学会総会2013.3.22 (東京)
  88. 中居康展, 古口徳雄, 小林繁樹, 松村 明. Vascular Intervention Simulation Trainer (VIST) を用いた脳神経血管内治療の技量評価. 第45回日本医学教育学会大会 2013.7.26 (千葉)
  89. 中居康展, 鶴田和太郎, 池田 剛, 松村 明. 脳血管外科手術におけるハイブリッド手術室の運用と問題点. 第72回学術総会一般社団法人日本脳神経外科学会(横浜) 2013.10.17 (横浜)
  90. 中居康展, 鶴田和太郎, 池田 剛, 椎貝真成, 中村和弘, 伊藤嘉朗, 上村和也, 藤田桂史, 小松洋治, 松村 明. 開頭摘出術からみた脳動静脈奇形の塞栓術?Onyxの導入で何が変わったか?.  第29回NPO法人日本脳神経血管内治療学会学術総会 2013.11.23 (新潟)
  91. 原 拓真,阿久津博義,高野晋吾,山本哲哉,松村 明. Cushing病に対する手術および放射線照射例の長期予後. 第23回日本間脳下垂体腫瘍学会(シンポジウム) 2013.3.15-16 (鹿児島)
  92. 檜山貴志,増本智彦,椎貝真成,阿久津博義,南 学. 前頭葉脳腫瘍摘出術後に一過性に症実同側線条体の拡散制限. 第26回茨城県脳腫瘍治療研究会 2013.3.1 (つくば)
  93. 福島紘子,福島 敬,穂坂 翔,酒井愛子,鈴木涼子,小林千恵,岩淵 敦,鴨田知博,加藤啓輔,小池和俊,山崎夏維,藤崎弘之,原 純一,井原 哲,山本哲哉,高野晋吾,増本智彦,水本斉志,櫻井英幸,須磨崎亮. 上部germ cell tumor; 症状自覚から診断迄の期間と長期内分泌予後との関連. 第55回小児血液・がん学会学術集会 2013.11 (福岡)
  94. 藤原雄介,細尾久幸,池田 剛,佐藤允之,滝川知司,椎貝真成,中居康展,松村明. 放射線治療後の頸動脈狭窄に対するステント留置術. 第38回日本脳卒中学会総会 2013.3.21 (東京)
  95. 藤原雄介,石川栄一,松田真秀,中井 啓,松村 明,里見介史,野口雅之. Angiomatous Meningioma-histpathological study of 4 case. 第31回脳腫瘍病理学会2013.5.24 (東京)
  96. 藤原雄介,池田 剛,椎貝真成,鶴田和太郎,中居康展,松村 明. 放射線照射後の頸動脈狭窄に対する検討. 第72回日本脳神経外科学会総会 2013.10.17 (横浜)
  97. 藤原雄介,池田 剛,椎貝真成,鶴田和太郎,中居康展,松村 明. 放射線照射後の頸動脈狭窄に対する検討. 第29回日本脳神経血管内治療学会学術総会 2013.11.22 (新潟)
  98. 藤原雄介,中井 啓,塚田和明,青木 司,鮎澤 聡,松村 明. 定位脳手術装置を用いたテント下脳腫瘍生検の工夫. 第122回関東支部学術集会 2013.12.7 (東京)
  99. 穂坂翔,福島紘子,福島敬,酒井愛子,鈴木涼子,小林千恵,山本哲哉,高野晋吾,水本斉志,櫻井英幸,須磨崎亮:高度の視覚障害が治療介入により回復した鞍上部germ cell tumor の2 例. 第55回小児血液・がん学会学術集会 2013.11 (福岡)
  100. 増田洋亮,阿久津博義,山本哲哉,松下 明,石川栄一,松田真秀,杉井成志,松村 明. 天井懸架移動式高磁場術中MRIシステムの初期使用経験. 第18回脳腫瘍の外科学会 2013.9.19-20(大津)
  101. 増田洋亮,阿久津博義,山本哲哉,松下 明,石川栄一,松田真秀,杉井成志,松村 明. 術中MRI手術室における安全対策と教育研修. 第13回日本術中画像情報学会 2013.7.13 (山形)
  102. 増田洋亮,阿久津博義. Xanthogranulomaと初期診断されたRathke嚢胞1例とxanthogranuloma of the sellar region5例との比較. 第31回日本脳腫瘍病理学会 2013.5.24-25 (東京)
  103. 増田洋亮,石川栄一,松下 明,山本哲哉,阿久津博義,松村 明. Functional MRIによる言語機能mappingと覚醒下術中白質刺激mappingの関連. 第26回茨城県脳腫瘍治療研究会 2013.3.1 (つくば)
  104. 増田洋亮,阿久津博義,山本哲哉,松下 明,石川栄一,中井 啓,松田真秀,松村 明. Tractographyを利用した術前後の錘体路の評価と臨床症状の関連. 第31回筑波脳神経外科研究会 2013.2.3 (つくば)
  105. 増田洋亮,松下 明,石川栄一,阿久津博義,松原鉄平,松田真秀,山本哲哉,高野晋吾,松村 明. Functional MRIによる言語機能mappingと覚醒下手術脳表刺激mappingの関連.  第15回日本ヒト脳機能マッピング学会 2013.7.5 (東京)
  106. 増田洋亮,山本哲哉,阿久津博義,椎貝真成,増本智彦,松村 明. 後頭下開頭におけるCT3次元構成を用いた手術計画の利便性. 第42回神経放射線学会 2013.2.15 (小倉)
  107. 松田真秀,里見介史,細尾久幸,渡部大輔,藤原雄介,山本哲哉,澁谷 誠,松村 明. 診断に苦慮している両側後頭頭頂葉腫瘍の1例. 第31回日本脳腫瘍病理学会(臨床病理検討会) 2013.5.24-25 (東京)
  108. 松田真秀,小沼邦之,石川栄一,中井 啓,山本哲哉,松村 明. 悪性神経膠腫に対するnon-replicating oncolytic vector therapyの開発. 第31回日本脳腫瘍学会学術集会 2013.12.8-10 (宮崎)
  109. 松原鉄平,阿久津博義,山本哲哉,石川栄一,中井 啓,松田真秀,里見介史,松村 明. 特異なMRI所見を呈した隆起性皮膚線維肉腫の脳転移の一例. 第31回日本脳腫瘍病理学会 2013.5.24-25 (東京)
  110. 松原鉄平,阿久津博義,田中秀峰,山本哲哉,松村 明. 特発性頭蓋内圧亢進症に合併した髄液鼻漏に対する経鼻内視鏡的髄液漏閉鎖術の一例. 第120回日本脳神経外科学会関東支部学術集会 2013.4.20 (東京)
  111. 松原鉄平,山本哲哉,阿久津博義,中井 啓,青木 司,藤田桂史,山崎友郷,松村 明. Hemifacial spasm 22例における手術成績とモニタリングの有用性. 第31回筑波脳神経外科研究会 2013.2.3 (つくば)
  112. 松原鉄平,山本哲哉,阿久津博義,青木 司,松村 明. 発作性の耳鳴りを主訴とした小脳橋角部epidermoid cystの一例. 第15回日本脳神経減圧術学会 2013.1 (岡山)
  113. 松村英明,伊藤嘉朗,木野弘善,中村和弘,上村和也,小松洋治,松村明. 頸動脈内膜剥離術における術中血流量測定の有用性について. 日本脳神経外科学会第72回学術総会 2013.10.16-18 (横浜)
  114. 儘田直美, 石井亜紀子, 朴 要俊, 相山 仁, 中井 啓, 中居康展, 玉岡 晃. 高度の腰部脊柱管狭窄症を伴い、緩徐進行性の脊髄障害を呈した終糸動静脈瘻の67歳女性例. 日本内科学会関東地方会595回 2013.3
  115. 丸島 愛樹, 鶴嶋 英夫, 鈴木 謙介, 中居 康展, 根本 広文, 松村 明. 経時的な脳循環動態評価に基づいたもやもや病の治療戦略. 日本脳神経外科学会第72回学術総会 2013.10.16 (横浜)
  116. 三木俊一郎,鶴田和太郎,中居康展,藤原雄介,椎貝真成,松村 明,松丸祐司. 新生児ガレン大静脈瘤に対して段階的血管内治療を施した一例. 第10回日本脳神経血管内治療学会関東地方会 2013.5
  117. 三木俊一郎,山本哲哉,松田真秀,阿久津博義,石川栄一,中井啓,松村明. 脳実質内腫瘍に対するNavigation/Fluorescenceガイド下内視鏡的生検術. 日本脳神経外科学会第72回学術総会 2013.10.16 (横浜)
  118. 峰 志匡, 鶴田和太郎, 菊地雅人, 中居康展, 松村 明. 頸動脈ステント留置術の周術期看護. 茨城県集談会 2013.7.13  (つくば)
  119. 室井 愛. 小児頭部外傷の1例. 第9回県央県北ブレインフォーラム 2013.1.23 (水戸)
  120. 室井 愛,井原 哲,松村 明. 小児軽症頭部外傷に対する頭部CTの施行に置ける諸問題?各種CT適用ルールは信頼できるか. 第41回日本小児神経外科学会 (シンポジウム) 2013.6.7-9 (大阪)
  121. 室井 愛,井原 哲,松村 明. 排尿障害で急性発症した脂肪腫を伴うintrasacral meningoceleの一例. 第41回日本小児神経外科学会 2013.6.7-9(大阪) 
  122. 室井 愛,山本哲哉,井原 哲,水本斉志,櫻井英幸,松村 明. 播種性病変に対して陽子線治療を行った脳幹神経膠腫の一例. 第5回関東小児脳腫瘍カンファレンス 2013.8.3(東京)
  123. 室井 愛,鶴淵隆夫,連 利博,松村 明. 小児軽症頭部外傷に対する頭部CTの施行における諸問題?そのCT、本当に必要ですか? 第37回茨城県救急医学会 2013.9.7(つくば)
  124. 室井 愛,山本哲哉,井原 哲,福島 敬,小林千恵,松村 明. 大量化学療法を用いた小児悪性脳腫瘍に対する集学的治療の治療成績. 日本脳神経外科学会第72回学術総会 2013.10.16-18 (横浜)
  125. 室井 愛,鶴淵隆夫,井原 哲,阿久津博義,松村 明. 前頭蓋底骨折に合併した外傷性髄液漏の3例. 第31回日本こども病院神経外科医会 2013.11.23-24 (宇都宮)
  126. 矢崎侑振,大矢根綾子,荒木裕子,十河友,伊藤敦夫,鶴嶋英夫,山崎淳司. 高効率遺伝子導入のためのDNA-脂質-アパタイト複合層の設計. 日本セラミックス協会の秋季シンポジウム 2013
  127. 山本哲哉. 脳幹部cavernous malformationの外科治療.脳神経血管障害カンファレンス 2013.3 (つくば)
  128. 山本哲哉, 中井啓, 松村明, 熊田博明, 粟飯原輝人, 櫻井英幸. 膠芽腫の集学的治療からみた BNCT とその展望. 第 42 回 放射線による制癌シンポジウム-基礎と臨床の対話-第 51 回 日本放射線腫瘍学会生物部会学術大会開催にあたって, 36.
  129. 山本哲哉,石川栄一,阿久津博義,松田真秀,中井 啓,松村 明. 脳実質内腫瘍に対するナビゲーション・蛍光ガイド併用内視鏡下生検術の有用性. 第20回日本神経内視鏡学会 2013.11.7-8 (甲府)
  130. 山本哲哉. ギリアデルの副作用と対策,パネルディスカッション「悪性神経膠腫の診断と治療up to date」 2013.11 (東京) 
  131. 山本哲哉,阿久津博義,松田真秀,増田洋亮,中井 啓,松村 明. 聴神経腫瘍手術における聴力温存の検討. 第72回日本脳神経外科学会学術総会 2013.10.16-18 (東京)
  132. 山本哲哉、中井 啓、石川栄一、阿久津博義、松田真秀、松村 明:カルムスチン脳内留置用剤の使用経験-画像診断と手技の工夫(シンポジウム) 第18回脳腫瘍の外科学会 2013.9.19-20大津
  133.  山本哲哉,西川 亮,三島一彦,安達淳一,青木友和,野々口直助,川端憲幸,杉山一彦,山崎文之,富永悌二,隈部俊宏,植木敬介,樋口芙未,松村 明,石川栄一,竹島 秀,山下真治,有田和徳,平野宏文,山田 忍,松谷雅生. 悪性神経膠腫に対するBCNU徐放性製剤(ギリアデルR )の特徴的な画像所見と国内治験結果.第26回茨城県脳腫瘍治療研究会 2013.3 (つくば)
  134. 山本哲哉,青木 司,山崎友郷,藤田桂史,松原鉄平,阿久津博義,中井 啓,松村 明. REZ近傍に穿通枝を認める片側顔面けいれんの手術手技についての検討. 第15回日本脳神経減圧研究会 2013.1.17 (岡山)
  135. 山本哲哉. ホウ素中性子捕捉療法‐治療施設の増加と将来の展望‐膠芽腫の集学的治療から見たBNCTとその展望.第42回放射線による制癌シンポジウム (シンポジウムII) 2013.7.5 (仙台)
  136. 山本陽平,中井 啓,白川 真,吉田文代,佐藤隆博,江夏昌志,山本哲哉,松村 明.  Micro-PIXE/PIGE法を用いた培養細胞におけるホウ素・ガドリニウム動態の検討. 第10回 日本中性子捕捉療法学会 2013.9.17 (岡山)
  137. 山本陽平,中井 啓,高 振宇,松村 明,江夏昌志,佐藤隆博. Micro-PIXE/PIGE法を用いた培養細胞におけるホウ素・ガドリニウム動態-中性子捕捉療法に向けた基礎的検討- 第8回高崎量子応用研究シンポジウム 2013.10.11
  138. 渡邊真哉,阿久津博義,高野晋吾,山本哲哉,石川栄一,林 靖孝,水本斉志,坪井康次,櫻井英幸,松村 明. 頭蓋底脊索腫及び軟骨肉腫に対する陽子線治療の長期成績(インストラクション) 第23回日本頭蓋底外科学会 2013.6.26-27 (名古屋)
  139. 渡邊真哉,阿久津博義,岡 潔,関 健史,赤津朋宏,田中秀峰,山本哲哉,井原 哲,松村 明. 神経内視鏡手術における新規止血・凝固機器の開発:レーザー照射式複合型光ファイバースコープの有用性. 第20回日本神経内視鏡学会 2013.11.7-8 (甲府)
  140. 渡邊真哉,阿久津博義,高野晋吾,松村 明. 下垂体腫瘍に対する経鼻的手術前後のJAHQを用いたQOLに関する検討. 第23回日本間脳下垂体腫瘍学会 2013.3.15-16 (鹿児島)
  141. 渡邉真哉,山本哲哉,山本昌昭,松村 明. 前庭神経鞘腫に対するガンマナイフ治療後のVolume dataにもとづく長期経過の検討.第31回筑波脳神経外科研究会 2013.2 (つくば)
  142. 渡邉真哉,山本哲哉,松田真秀,松村 明. 周辺組織を含めた摘出術を行いMRI所見との組織学的比較ができた頭蓋骨Langerhans cell histiocytosisの1例. 第31回日本脳腫瘍病理学会 2013.5.24 (東京)
  143. 渡邉真哉,山本昌昭,川辺拓也,山本哲哉,松村 明,浦川陽一. Long-Term Follow-Up Results of Stereotactic Radiosurgery (SRS) for Vestibular Schwannomas (VSs): A Study of 131 Patients Treated Before 2002. 聴神経腫瘍研究会 2013.7
  144. 渡邉真哉, 川辺拓也, 山本昌昭, 山本哲哉, 松村 明, Bierta E Barfod, 浦川陽一. 前庭神経鞘腫に対する定位放射線治療の長期成績 -2002年以前に治療された131例の検討-.第27回ひたちなか医師会臨床研究会 2013.7.25 (ひたちなか)
  145. 渡邉真哉, 川辺拓也, 山本昌昭, 山本哲哉, 松村 明, Bierta E Barfod, 浦川陽一. 前庭神経鞘腫に対する定位放射線治療の長期成績 -聴力温存に関わる因子の検討-.第88回茨城県脳神経外科集談会 2013.10.27 (水戸)
  146. 渡部大輔,松田真秀,松原鉄平,石川栄一,里見介史,澁谷 誠,松村 明. Epithelioid glioblastomaの2例. 第31回日本脳腫瘍病理学会(臨床病理検討会) 2013.5.24-25 (東京)

招待講演

  1.  Matsumura A: Changes of brain activities between Pre- and Post- rehabilitation applied robot suit HAL. サイバニクス国際フォーラム2013 2013.3.23 (Tokyo)
  2. Matsumura A: Current status of accelerator BNCT at Tsukuba and considerations for accelerator based neutronsource. IAEA Technical Meeting on Research Reactor User’s Networks (RRUNs): advances in neurtron therapy 2013.7.1-4 (Mainz, Germany)
  3. Matsumura A: Past, Present and Future of i-BNCT project. 7th Young Researchers Boron Neutron Capture Therapy Meeting 2013.9.21-29 (Granada, Spain)
  4. Nakai Y: Acute ischemic stroke treatment. Cho-Ray Hospital Radiology conference, 2013.1.18 (Ho Chi Min city, Vietnam)
  5. Nakai Y: Neurointerventional treatment of acute and chronic cerebral stroke. Cho-Ray Hospital Workshop for acute and chronic ischemic cerebral stroke, 2013.9.20 (Ho Chi Min city, Vietnam)
  6. 中居康展: 脳動脈瘤コイル塞栓術の基本と応用. 第4回沖縄脳神経外科手術研究会 美ら島セミナー 2013.9.14 (那覇)
  7. 中居康展: 脳血管内治療のためのトレーニング. 第67回関東脳神経外科懇話会 2013.11.30 (東京)
  8. 松村 明: 中性子捕捉療法実用化への道と新規ホウ素薬剤の必要性.トランスレーショナルリサーチ部門 第5回公開セミナー・研究交流会 2013.1.12 (東京)
  9. 松村 明: 病院内中性子捕捉療法実現のための医工連携による新規加速器開発の経緯. つくば医工連携フォーラム2013 2013.1.29 (つくば)
  10. 松村 明: つくば国際戦略総合特区における臨床研究紹介. 第14回獨協学園Doctor’s club学術講演会 2013.2.23 (東京)
  11. 松村 明: つくば国際戦総合特区におけるライフイノベーションの取り組み-次世代粒子線治療、生活支援ロボットの実用化に向けて-. 第338回つくば交流会 2013.6.18 (つくば)
  12. 松村 明: 危ない頭痛、危なくない頭痛~頭痛との付き合い方. 第10回脳神経外科痔民公開講座テーマ「脳卒中」~手遅れになる前に~ 2013.6.22 (東京)
  13. 松村 明: 悪性脳腫瘍の診断・治療についての最近の取り組み. 第20回脳・神経 金華山カンファレンス 2013.7.12 (岐阜)
  14. 松村 明: Application of MRI and PET for Boron Neutron Capture Therapy (BNCT). 第23回薬物・・学会シンポジウム 2013.10.9
  15. 松村 明: 筑波大学脳神経外科における臨床研究の取り組みー脳腫瘍・脳血管障害などー 第39回地域がんセンター勉強会 2013.10.24 (日立)
  16. 松村 明: 悪性神経膠腫に対する集学的治療の構築. 第10回信州脳神経外科研究会 2013.10.25 (長野)
  17. 松村 明: 次世代がん治療(BNCT)の開発の実用化. 筑波研究学園都市五十周年記念式典 2013.11.12 (つくば)
  18. 山本哲哉:招待講演 BCN脳内留置徐放製剤(Carmustine wafer)による治療の現状と課題,北海道脳腫瘍治療研究会,札幌,2013.6.29
  19. 山本哲哉:特別講演「悪性神経膠腫の最新治療~ギリアデルの留置における問題点と対策~」ギリアデル神奈川県講演会,横浜,2013.9.12

一般講演

  1. Marushima A: Stimulation of new collateral vessel formation in the ischemic brain. DAAD Absolventenkolloquium 2013 in Berlin 2013.7.11 (Berlin, Germany)
  2. Yamamoto T, Nishikawa R, Mishima K, Adachi J, Aoki T, Nonoguchi N, Kawabata N, Sugiyama K, Yamasaki F, Tominaga T, Kumabe T, Ueki K, Higuchi F, Matsumura A, Ishikawa E, Takeshima H, Yamashita S, Arita K, Hirano H, Yamada S, Matsutani M: Keynote Lecture. Multi-center clinical study of carmustine wafers (GliadelR) placement for high-grade glioma. Joint Neurosurgical Convention 2013, 2013.2 (Hawaii, USA)
  3. Yamamoto T: Japan, Tsukuba, and our activities. Bir Hospital Neurosurgery Workshop 2013.3 (Kathmandoo, Nepal)
  4. 阿久津博義: 天井懸架移動式高磁場術中MRIの使用経験. 第19回つくばMR懇話会 2013.11.8 (つくば)
  5. 阿久津博義: 経鼻内視鏡手術における術中MRIの有用性. 第20回日本神経内視鏡学会 (ランチョンセミナー) 2013.11.7-8 (甲府)
  6. 阿久津博義: 脳神経外科領域における新規レーザー治療の可能性. 第24 回レーザー共同研究所セミナー 2013.9.20 (敦賀)
  7. 阿久津博義: 海綿静脈洞. 第18回京都大学内視鏡下鼻内手術解剖実習 京都大学耳鼻咽喉科・頭頸部外科 2013.9.1 (京都)
  8. 阿久津博義. GH産生下垂体腺腫の術後コントロール不十分例の検討. Acromegaly conference in 北関東甲信越  2013.6.29 (東京)
  9. 阿久津博義. Four hand techniqueを用いた内視鏡下経鼻頭蓋底手術:頭蓋底腫瘍摘出の実際. 第25回日本頭蓋底外科学会 (ランチョンセミナー) 2013.6.26 (名古屋)
  10. 石川栄一: 悪性神経膠腫における診断と治療. エーザイ筑波研究所MR実践研修 2013.10.11 (つくば)
  11. 高野晋吾,石川栄一,松田真秀,中井 啓,山本哲哉,松村 明: Bevacizumabの基礎研究から治験・臨床経験. 産学連携セミナー 2013.11.25 (つくば)
  12. 鶴田和太郎: アフタヌーンセミナー『ナンバー2喜怒哀楽』 第29回NPO法人日本脳神経血管内治療学会学術総会 2013.11.21-23 (新潟)
  13. 中居康展:脳卒中の治療:脳血管内治療の役割について. 真壁医師会学術講演会 2013.3.5 (下館)
  14. 中居康展: 職場における脳卒中の現況と対策. 茨城県医師会産業医研修会2013.3.14 (つくば)
  15. 中居康展: 心原性脳塞栓症に対する脳血管内治療の現状. エリキュース新発売記念講演会 in つくば 2013.5.29 (つくば)
  16. 中居康展: 抗凝固薬をどう中止し、どう再開し、どのように組み合わせるか? 抗凝固療法Expert Meeting in Ibaraki 2013.8.6 (つくば)
  17. 中居康展: 心原性脳塞栓症の予防と治療?脳血管内治療の現状? 真壁医師会学術講演会 2013.10.11 (下館)
  18. 中居康展: 脳梗塞治療の最新の知見と抗血小板療法. 脳卒中治療座談会 in Tsukuba 2013.11.8 (つくば)
  19. 中居康展: 抗血栓療法の合併症のリスクマネジメント. つくば、常総、牛久、龍ヶ崎地区 Network Meeting 2013.11.14 (つくば)
  20. 中居康展: 切らない脳卒中の手術?脳血管内治療の最前線? 第7回脳卒中市民公開講座 2013.11.16 (境町)
  21. 山本哲哉: ギリアデルの使用経験. 座談会「悪性神経膠腫治療での画像による経過観察」 2013.4.13 (横浜)
  22. 山本哲哉: 新しいがん治療BNCT-難治性がんの克服を目指して- 第1回「がん治療の最前線としてのBNCT」 2013.3 (つくば)
  23. 山本哲哉: 三叉神経痛と片側顔面痙攣の日常診療と外科治療の現状.古河・坂東二次医療圏連携を深める会 2013.4 (茨城)
  24. 山本哲哉: 脳腫瘍手術における画像支援の進歩.第31回日本脳腫瘍病理学会 (ランチョンセミナー) 2013.5 (東京)
  25. 山本哲哉: 悪性グリオーマの外科治療と集学的治療の現状.ノーベルファーマギリアデルアラベル(5-ALA)研修会 2013.7 (東京)
  26. 山本哲哉: 『中性子ビームがものづくりと医療を変える!』中性子でガン細胞を狙い撃ち 中性子捕捉療法. 日本中性子科学会市民講座 2013.12 (柏)
お問い合わせ

〒305-8576
茨城県つくば市天久保2-1-1

☎029-853-3900(代表番号)
☎029-853-3570(予約センター)