2012年

原著論文 (査読のあるもの)

  1. Akimoto K, Kimura K, Nagano M, Takano S, Salazar G, Yamashita T, Ohneda O. Umbilical cord blood-derived mesenchymal stem cells inhibit, but adipose tissue-derived mesenchymal stem cells promote glioblastoma multiforme proliferation. Stem Cells Dev. Dec 11, 2012. [Epub ahead of print]
  2. Akutsu H, Takada T, Nakai K, Tsuda K, Sakane M, Aita I, Matsumura A. Surgical technique for idiopathic spinal cord herniation: the Hammock method. Technical note. Neurol Med Chir (Tokyo). 52(4):238-42, 2012
  3. 阿久津博義、高野晋吾、村下秀和、田中秀峰、上前泊功、鈴木浩明、山本哲哉、松村明 :GH産生下垂体腺腫の手術成績-内視鏡単独手術導入は治癒率改善に寄与したか 第8回アクロメガリーフォーラム記録集, 2012
  4. Aoki T, Ayuzawa S, Matsuo R, Hosoo H, Tanno S, Miki S, Matsubara T, Matsumura A. [Laparoscopy-assisted ventriculoperitoneal and lumboperitoneal shunt surgery]. No Shinkei Geka. 40(6):511-7, 2012. Japanese.
  5. Liu M, Yue Q, Isobe T, Matsumura A, Li J, Yang Z, Quan H, Xing H, Gong Q:Proton MR Spectroscopy of Central Neurocytoma Using Short and Long Echo Time. Acad Raiol 1-6 April 5 2012
  6. Lim M, Yue Q, Isobe T, Matsumura A, Li J, Yang Z, Quan H, Xing H, Gong Q.: Proton MR Spectroscopy of Central Neurocytoma Using Short and Long Echo Time: New Proofs for the Existence of Glycine and Glutamate. Academic Radiology 19, 779-84, 2012.
  7. Matsubara T, Akutsu H, Watanabe S, Nakai K, Ayuzawa S, Matsumura A. Histologically proven venous congestive myelopathy without concurrent vascular malformation: Case reports and review of the literature. Surg Neurol Int. 3:87, 2012
  8. Masuda Y, Ishikawa E, Takahashi T, Ihara S, Yamamoto T, Zaboronok A, Matsumura A. Dual-port technique in navigation-guided endoscopic resection for intraparenchymal brain tumor. Surg Neurol Int. 3:35, 2012
  9. Miki S, Fujita K, Katayama W, Sato M, Kamezaki T, Matsumura A, Sakashita S. Encapsulated acute subdural hematoma mimicking acute epidural hematoma on computed tomography. Neurol Med Chir (Tokyo). 52(11):826-8, 2012
  10. Muroi A, Takano S, Fukushima T, Shimizu T, Matsumura A. Intracranial germinoma manifesting as cavernous sinus syndrome--case report. Neurol Med Chir (Tokyo).52(10):754-6, 2012
  11. Nakai Y, Ito Y, Sato M, Nakamura K, Shiigai M, Takigawa T, Suzuki K, Ikeda G, Ihara S, Okumura T, Mizumoto M, Tsuboi K, Matsumura A. Multimodality treatment for cerebral arteriovenous malformations. Neurol Med Chir (Tokyo). 52(12):859-64., 2012
  12. Nagane M, Nishikawa R, Narita Y, Kobayashi H, Takano S, Shinoura N, Aoki T, Sugiyama K, Kuratsu J, Muragaki Y, Sawamura Y, Matsutani M. Phase II study of single-agent bevacizumab in Japanese patients with recurrent malignant glioma. Jpn J Clin Oncol. 42(10): 887-95, 2012.
  13. Nakamura K, Tsurushima H, Marushima A, Nagano M, Yamashita T, Suzuki K, Ohneda O, Matsumura A.  A subpopulation of endothelial progenitor cells with low aldehyde dehydrogenase activity attenuates acute ischemic brain injury in rats. Biochem Biophys Res Commun. 418(1):87-92, 2012.
  14. Nguyen THN, Akutsu H, Nouguchi S, Tsunoda T, Sasaki M, Tsurushima H, Matsumura A: Reversible focal radiological changes due to non-convulsive status epilepticus of the right parietoocipital lobe. ?Case report- Turk Neurosurgery accepted 2012
  15. Onuma K, Ishikawa E, Matsuda M, Shibata Y, Satomi K, Yamamoto T, Zaboronok A, Takano S, Matsumura A. Navigation-guided endoscopic biopsy for pathological diagnosis for intraparenchymal pure germinoma near the ventricular trigone. Surg Neurol Int. 3:9, 2012
  16. Osuka S, Matsushita A, Ishikawa E, Saotome K, Yamamoto T, Marushima A, Satou N, Zaboronok A, Masumoto T, Matsumura A. Elevated diffusion anisotropy in gray matter and the degree of brain compression. J Neurosurg. 117(2):363-71, 2012 .
  17. Osuka S, Takano S, Watanabe S, Ishikawa E, Yamamoto T, Matsumura A. Valproic acid inhibits angiogenesis in vitro and glioma angiogenesis in vivo in the brain. Neurol Med Chir (Tokyo). 52(4):186-93, 2012
  18. Oyane A, Wang X, Sogo Y, Ito A, Tsurushima H, Calcium phosphate composite layers for surface-mediated gene transfer. Acta Biomater 23 (4); 1011-1019, 2012.
  19. Oyane A, Tsurushima H, Yazaki Y, Araki H, Sogo Y, Ito A,Yamazaki A, Fabrication of a DNA?lipid?apatite composite layer for efficient and area-specific gene transfer. J Mater Sci Mater Med 23(4): 1011-1019, 2012.
  20. Saida T, Masumoto T, Nakai Y, Shiigai M, Matsumura A, Minami M. Moyamoya disease: evaluation of postoperative revascularization using multiphase selective arterial spin labeling MRI. J Comput Assist Tomogr. 36(1):143-9, 2012
  21. Sakamoto N, Uemae Y, Ishikawa E, Takano S, Nakai K, Yamamoto T, Zaboronok A, Matsumura A. Glioma immunotherapy with combined autologous tumor cell and endothelial cell vaccine in vivo. Neurol Med Chir (Tokyo). 52(4):194-201, 2012
  22. Sakamoto N, Ishikawa E, Nakai Y, Akutsu H, Yamamoto T, Nakai K, Shiigai M, Tsurushima H, Isobe T, Takano S, Tsuboi K, Matsumura A, Preoperative endovascular embolization for hemangioblastoma in the posterior fossa. Neurol Med Chir (Tokyo) 52(12): 878-884, 2012.
  23. Sato M, Nakai Y, Takigawa T, Takano S, Matsumura A. Endoscopic third ventriculostomy for obstructive hydrocephalus caused by a large upper basilar artery aneurysm after coil embolization. Neurol Med Chir (Tokyo). 52(11):832-4., 2012
  24. Shibui S, Narita Y, Mizusawa J, Beppu T, Ogasawara K, Sawamura Y, Kobayashi H, Nishikawa R, Mishima K, Muragaki Y, Maruyama T, Kuratsu J, Nakamura H, Kochi M, Minamida Y, Yamaki T, Kumabe T, Tominaga T, Kayama T, Sakurada K, Nagane M, Kobayashi K, Nakamura H, Ito T, Yazaki T, Sasaki H, Tanaka K, Takahashi H, Asai A, Todo T, Wakabayashi T, Takahashi J, Takano S, Fujimaki T, Sumi M, Miyakita Y, Nakazato Y, Sato A, Fukuda H, Nomura K. Randomized trial of chemoradiotherapy and adjuvant chemotherapy with nimustine (ACNU) versus nimustine plus procarbazine for newly diagnosed anaplastic astrocytoma and glioblastoma (JCOG0305). Cancer Chemother Pharmacol. Dec 11, 2012. [Epub ahead of print]
  25. Suzuki R, Takano S, Akutsu H, Satomi K, Morishita Y, Takahashi A, Noguchi M, Matsumura A. [Granular cell tumor of the neurohypophysis observed with hypoglycemic attack]. No Shinkei Geka. 40(8):723-8, 2012. Japanese.
  26. Tabuchi K, Yamamoto T, Akutsu H, Suzuki K, Hara A: Combined transmastoid / middle fossa approach for intracranial extension of middle ear cholesteatoma. Neurol Med Chir (Tokyo) 52(10)736-740, 2012
  27. Takada T, Yamamoto T, Ishikawa E, Zaboronok A, Kujiraoka Y, Akutsu H, Ihara S, Nakai K, Matsumura A. Acute subdural hematoma without subarachnoid hemorrhage caused by ruptured A1-A2 junction aneurysm. Case report. Neurol Med Chir (Tokyo). 52(6):430-4, 2012
  28. Takahashi T, Ishikawa E, Masuda Y, Yamamoto T, Sato T, Shibuya M, Matsumura A. Mixed germ cell tumor with extensive yolk sac tumor elements in the frontal lobe of an adult. Case Rep Surg. 2012:473790, 2012
  29. Takano S. Glioblastoma angiogenesis: VEGF resistance solutions and new strategies based on molecular mechanisms of tumor vessel formation. Brain Tumor Pathol. 29(2):73-86, 2012
  30. Takano S, Kato Y, Yamamoto T, Kaneko MK, Ishikawa E, Tsujimoto Y, Matsuda M, Nakai K, Yanagiya R, Morita S, Tsuboi K, Matsumura A. Immunohistochemical detection of IDH1 mutation, p53, and internexin as prognostic factors of glial tumors. J Neurooncol.108(3):361-73, 2012
  31. Takase H, Matsumoto K, Yamadera R, Kubota Y, Otsu A, Suzuki R, Ishitobi H, Mochizuki H, Kojima T, Takano S, Uchida K, Takahashi S, Ema M. Genome-wide identification of endothelial cell-enriched genes in the mouse embryo. Blood. 26;120(4):914-23, 2012
  32. Takigawa T, Tsurushima H, Suzuki K, Tsuruta W, Nakamura K, Matsumura A. Cilostazol suppression of arterial intimal hyperplasia is associated with decreased expression of sialyl Lewis X homing receptors on mononuclear cells and E-selectin in endothelial cells. J Vasc Surg. 55(2):506-16, 2012
  33. 田村剛一郎、井原 哲、佐藤允之、松村 明:脊髄係留解除術が有効であった鎖肛合併正常脊髄円錐高位終糸脂肪腫の1例.小児の脳神経 37: 258-262, 2012
  34. 津田恭治、高野晋吾、今井資、松原鉄平、阿久津博義、松村明:当院で経験した中脳海綿状血管腫3例に対する治療方針の検討 脳卒中の外科(別刷)Surgery for Cerebral Stroke にゅーろん社149-153 2012.
  35. Tsuda K, Akutsu H, Yamamoto T, Ishikawa E, Saito A, Nakai K, Takano S, Matsumura A. Benign spinal meningioma without dural attachment presenting delayed CSF dissemination and malignant transformation. Brain Tumor Pathol. Aug 23, 2012. [Epub ahead of print]
  36. 辻本真範、師田信人、金子 剛、井原 哲:非症候群性頭蓋骨縫合早期癒合症に対する治療戦略.小児の脳神経 37: 232-236, 2012
  37. Yamazaki T, Yasuda S, Uemura K, Matsumura A. New instrument for creating bone graft cavities for anterior cervical decompression and fusion: the anterior fusion spinal fork. Neurol Med Chir (Tokyo). 52(9):691-4, 2012
  38. Yazaki Y, Oyane A, Araki H, Sogo Y, Ito A, Yamazaki A, Tsurushima H, Fabrication of DNA-antibody-apatitie composite layers for cell-targeted gene transfer. Sci Technol Adv Mater 13: on line published 064204(8pp), 2012.
  39. Tabuchi K, Yamamoto T, Akutsu H, Suzuki K, Hara A. Combined transmastoid/middle fossa approach for intracranial extension of middle ear cholesteatoma. Neurol Med Chir (Tokyo). 52: 736-40, 2012.

原著論文 (Coming Soon、2013年1月以降に正式に論文になる(なった)もの)

  1. 石川栄一、山本哲哉、中井 啓、高野晋吾、坪井康次、丸山隆志、田中雅彦、生田聡子、橋本幸一、原田義則、上前洋二、大野 忠夫、唐沢克之、松谷雅生、阿部竜也、村垣善浩、 松村 明 :初発膠芽腫患者に対する臨床多施設共同試験: 手術、放射線、テモゾロマイド、ワクチンの4者併用療法. Neuro-Oncology (Tokyo) 2012, (in press)
  2. Hara T, Matsuda M, Watanabe S, Nakai K, Yamamoto T, Matsumura A. Remote cerebellar hemorrhage after removal of a supratentorial glioma without perioperative CSF loss: a case report. Case Rep Surg. 2013, (in press)
  3. Ito Y, Tsurushima H, Sato M, Ito A, Oyane A, Sogo Y, Matsumura A. Angiogenesis therapy for brain infarction using a slow-releasing drug delivery system for fibroblast growth factor 2. Biochem Biophys Res Commun. Jan 11, 2013. [Epub ahead of print]
  4. Kato-Kaneko M, Morita S, Tsujimoto Y, Yanagiya R, Nasu K, Sasaki H, Hozumi Y, Goto K, Natsume A, Watanabe M, Kumabe T, Takano S, Kato Y. Establishment of novel monoclonal antibodies KMab-1 and MMab-1 specific for IDH2 mutations. Biol Biophys Res Commun 2013 in press
  5. Kin H, Ishikawa E, Takano S, Ayuzawa S, Matsushita A, Muragaki Y, Aiyama H, Sakamoto N, Yamamoto T, Matsumura A. Language Areas Involving the Inferior Temporal Cortex on Intraoperative Mapping in a Bilingual Patient With Glioblastoma: A Case Report. Neurol Med Chir (Tokyo) 2012, (in press)
  6. Matsubara T, Matsuda M, Mashiko R, Uemura K, Komatsu Y, Matsumura A. A case of the de novo aneurysm rupture causing subarachnoid hemorrhage during the follow-up period of multiple unruptured aneurysms. Surgery for Cerebral Stroke 2013. Japanese, (in press)
  7. 松田 真秀、高野 晋吾、小沼 邦之、中井 啓、石川 栄一、山本 哲哉、水本 斉志、坪井 康次、松村 明: 再発膠芽腫に対する治療戦略 Neuro-Oncology (Tokyo). (in press)
  8. Onuma K, Ishikawa E, Matsuda M,Hirata K,Osuka S,Yamamoto T,Masumoto T,Zaboronok A,Matsumura A. Clinical Characteristics and Neuroimaging Findings in 12 Cases of Recurrent Glioblastoma With Communicating Hydrocephalus. Neurol Med Chir (Tokyo) 2013 (in press)
  9. Osuka S, Sampetrean O, Shimizu T, Saga I, Onishi N, Sugihara E, Okubo J, Fujita S, Takano S, Matsumura A, Saya H. IGF1 Receptor Signaling Regulates Adaptive Radioprotection in Glioma Stem Cells. Stem Cells. Jan 17, 2013. [Epub ahead of print]
  10. Sakamoto N, Akutsu H, Takano S, Yamamoto T, Matsumura A: Useful‘sliding-lock-knot’ technique for suturing dural patch to prevent cerebrospinal fluid leakage after extended transsphenoidal surgery -technical note-. Surgical neurology international, 2013, (in press)
  11. Sato M, Nakai Y, Tsurushima H (CA), Shiigai M, Masumoto T, Matsumura A, The risk factors of ischemic lesions related to cerebral angiography and neuro-interventional procedures. Neurol Med Chir (Tokyo) 2012, (in press)
  12. Sato M, Takigawa T, Shiigai M, Tamura G, Masumoto T, Nakai Y, Tsurushima H (CA), Matsumura A, Spinal dural rteriovenous fistula with lipomyelodysplasia. ?Case report- Neurol Med Chir (Tokyo) 2012, (in press)
  13. Takano S, Kimu H, Tsuda K, Osuka S, Nakai K, Yamamoto T, Ishikawa E, Akutsu H, Matsuda M, Matsumura A. Decrease in the Apparent Diffusion Coefficient in Peritumoral Edemafor the Assessment of Recurrent Glioblastoma Treated by Bevacizumab Acta Neurochirurgica Supplement, 118: 1, (in press)
  14. Tsuda K, Tsurushima H (CA), Takano S, Tsuboi K, Matsumura A, Brain metastasis from papillary thyroid carcinomas. Mol Clin Onc accepted 2013.
  15. Tsuruta W, Matsumaru Y, Hamada Y, Hayakawa M, Kamiya Y. Analysis of Closed-cell Intracranial Stent Characteristics With Contrast-enhanced Cone-beam CT. Neurol Med Chir (Tokyo) 2013 (in press)
  16. Wang X, Ito A, Sogo Y, Hirose M, Oyane A, Tsurushima H, DNA-lipid-apatitie composite layers enhance gene expression of mesenchymal stem cells. Mat Sci Eng C 33: 512-518, 2013.

総説・著書・Proceeding・その他

  1. 井原 哲:アーノルド・キアリ奇形(キアリ奇形2型).こどもケア 6, 46-49, 2012
  2. 井原 哲:脳性麻痺に対する新しい治療法―髄腔内バクロフェン療法と機能的脊髄後根切断術.小児内科 44: 1490-1494, 2012
  3. 井原 哲:脳室穿刺,硬膜下穿刺.小児の診療手技100 小児科診療 75 増刊号:p184-187, 2012
  4. 井原 哲:脳室腹腔シャントの管理.小児の診療手技100 小児科診療 75 増刊号:p303-307, 2012
  5. 大須賀覚、サンペトラオルテア、松村明、佐谷秀行:連載 知っておきたいCancer Stem Cell 第2回 脳腫瘍幹細胞と治療戦略Mebio Vol.28 No.9 7-13
  6. 大矢根綾子、矢崎侑振、鶴嶋英夫、王秀鵬、十河友、伊藤敦夫、山崎敦司、リン酸カルシウム複合層を利用した遺伝子導入と再生医療応用、無機マテリアル学会機関誌 19: 466-472, 2012.
  7. Takano S, Matsumura A. [Topics for antiangiogenic therapy for glioblastoma]. No Shinkei Geka. 40(6):481-502, 2012. Review. Japanese.
  8. 高野晋吾、阿久津博義、渡邊真哉、松村 明:カベルゴリン時代のプロラクチノーマの治療 日本内分泌学会誌 88 Suppl,42-43, 2012
  9. 鶴嶋英夫、本間真人、土岐浩介、幸田幸直、臨床研究の進め方、医学物理 2012 32 suppl: 47.
  10. 鶴嶋英夫、臨床研究におけるトピックス 個別化医療の臨床研究と経済評価 日本医療・病院管理学会誌 2012 49(3): 55.
  11. Yamamoto T and Matsumura A. Non-operative BNCT for GBM, in Neutron Capture Therapy, Sauerwein W, Wittig A, Moss R, Nakagawa Y, Eds., Springer, 2012.
  12. Tsuruta W, Yamamoto T, Matsumura A Prevention of Vascular Restenosis After Vascular Angioplasty. Neutron Capture Therapy Principles and Applications. Springer p513-520.
  13. 鶴田和太郎, 松丸祐司 : 動脈解離 出血発症の治療. 月刊レジデント 医学出版2012; 5(1): p61-69.
  14. 14 Nakai K, Matsumura A: TEXTBOOK for BNCT: Feasibility for Intramedullary Spinal Glioma W.A.G. Sauerwein et al. (eds.), Neutron Capture Therapy, DOI 10.1007/978-3-642-31334-9_23, c Springer-Verlag Berlin Heidelberg 2013
  15. 松村明:脳腫瘍の最新放射線治療 BRAIN(日本脳神経財団ニュース)公益財団法人日本脳神経財団発行 Vol.106 6-7 2012.1.10
  16. 松村明:医局紹介 筑波大学医学医療系脳神経外科 DOCTOR’S MAGAZINE 31
  17. 松村明:ニッポン 病院の実力 悪性度の高いグリオーマへの診断治療法は全国トップクラスの実力 夕刊フジ第13017号19頁 2012.5.23
  18. 松村明:ニッポン 病院の実力 悪性度の高いグリオーマへの診断治療法は全国トップクラスの実力 夕刊フジ第13017号19頁 2012.5.23
  19. 松村明、鶴嶋英夫、脳梗塞、神経・筋疾患の病態と診断・治療(I)、医学と薬学、2012, 68(1), p11-16.
  20. Matsumura A, Matsuda M. [Clinical application of proton beam therapy in the neurosurgical field]. Journal of the Japanese Society of Stereotactic Radiosurgery. 2013. Review. Japanese, in press.

学会発表

  1. 相山 仁, 中井 啓, 松田 真秀, 上村 和也, 松村 明 初回摘出時にependymal tumorが疑われたastrocytomaの症例 第118回日本脳神経外科学会 関東支部学術集会 29th Sept. 2012
  2. 青木 司、松原鉄平、鮎澤 聡、松村 明:第83回茨城県脳神経外科集談会 慢性後頚部痛に対して脊髄刺激療法により効果が得られた一例  2012.3.17(つくば)
  3. 青木 司、松原鉄平、鮎澤 聡、松村 明:第26回ニューロモデュレーション学会 頭蓋内バクロフェン療法による慢性疼痛治療の有用性  2012.5.26(永田町:都市センターホテル)
  4. 青木 司、鮎澤 聡、細尾久幸、渡部大輔、松村 明:第23回茨城神経疾患カンファレンス 性機能障害を呈した髄腔内バクロフェン療法の一例  2012.6.20 (土浦)
  5. 青木 司、鮎澤 聡、細尾久幸、松村 明:第34回関東機能的脳外科カンファレンス 髄腔内バクロフェン(ITB)療法による性機能障害の一例  2012.9.1(飯田橋)
  6. 青木 司、鮎澤 聡、井原 哲、北本昴大、松村 明:脳卒中後難治性痙縮に対する髄腔内バクロフェン療法の有用性:茨城Movement Disorder研究会   2012.11.2(つくば)
  7. Akutsu H, Takano S, Yamamoto T, Tanaka S, Murashita H, Ishikawa E, Matsuda M, Uemaedomari I, Matsumura A: Endoscopic Endonasal Skull Base Surgery with Using Four-hand Technique. Italian-Japanese Joint Meeting 2012, Tokyo, 2012.11.2-3
  8. Akutsu H, Takano S, Murashita HHH, Tanaka S, Uemaedomari I, Yamamoto T, Matsumura A: Endoscopic Endonasal Skull Base Surgery with Using Four-hand Technique. The 5th Japan-India Neurosurgical Conference, Osaka, 2012.10.19-20
  9. Akutsu H, Nakai K, Uemura K, Takano S, Matsumura A: The role of transcranial motor evoked potentials monitoring during surgery for intramedullary ependymoma. The 63rd Annual Meeting of the German Society of Neuosurgery, Joint Meeing with the Japanese Neurosurgical Society, Leipzig, Germany, 2012.6.13
  10. 阿久津博義、高野晋吾、山本哲哉、田中秀峰、村下秀和、石川栄一、松田真秀、上前泊功、松村 明:頭蓋咽頭腫に対する内視鏡下経鼻頭蓋底手術 (シンポジウム) 第19回日本神経内視鏡学会 2012.11.2-3 東京
  11. 阿久津博義、高野晋吾、村下秀和、田中秀峰、上前泊功、山本哲哉、松村 明:Four-hand techniqueを用いた耳鼻咽喉科合同内視鏡下経鼻頭蓋底手術(シンポジウム) 第71回日本脳神経外科学会総会 2012.10.17-19 大阪
  12. 阿久津博義、高野晋吾、村下秀和、田中秀峰、上前泊 功、鈴木浩明、山本哲哉、松村 明: GH産生下垂体腺腫の手術治療成績―内視鏡単独手術は治癒率改善に寄与したか 第8回アクロメガリーフォーラム 2012.10.6  大阪
  13. 阿久津博義、高野晋吾、村下秀和、田中秀峰、上前泊 功、山本哲哉、松村 明:Four-hand techniqueを用いたハイビジョン内視鏡下経鼻的下垂体腺腫摘出術(ビデオシンポジウム) 第17回脳腫瘍の外科学会 2012.9.7-8 横浜
  14. 阿久津博義、高野晋吾、村下秀和、上前泊 功、田中秀峰、山本哲哉、松村 明:Four-hand techniqueを用いた内視鏡下拡大経蝶形骨洞手術の治療成績(シンポジウム) 第24回日本頭蓋底外科学会 2012.7.11-12 東京
  15. 阿久津博義、高野晋吾、村下秀和、田中秀峰、上前泊 功、山本哲哉、松村 明:経鼻内視鏡下頭蓋底手術導入後の海綿静脈洞近傍髄膜腫の治療戦略 第64回関東脳神経外科懇話会 2012.6.30 東京
  16. 阿久津博義、高野晋吾、村下秀和、上前泊 功、松村 明:GH産生下垂体腺腫の手術成績―被膜外摘出手技と内視鏡手術導入の効果の検討(シンポジウム)第22回日本間脳下垂体腫瘍学会 2012.2.24-25 東京
  17. Akutsu H, Yamamoto T, Takano S, Matsumura A: Application of skull base surgery for parasellar lesions 第13回筑波大学脳神経外科研究会 2012.2.5 つくば
  18. 阿久津博義、磯辺智範、椎貝真成、増本智彦、山本哲哉、石川栄一、中井 啓、松下 明、平野雄二、佐藤英介、高野晋吾、松村 明:Multivoxel proton MRSを用いた脳内代謝診断の注意点-Single-voxel proton MRSとの比較検討から- 第41回日本神経放射線学会 2012.2.2-4 三重
  19. 池田 剛、井原 哲、里見介史、高野晋吾、松村 明:原発性中枢神経系lymphomatoid granulomatosisの1例.第40回日本小児神経外科学会, 2012.6.8(岡山)
  20. 石川栄一、上前洋二、大須賀覚、松田真秀、坂本規影、高野晋吾、中井啓、山本哲哉、松村 明:マウス Brain Tumor-initiating Cell-line (BTICs)を用いた分子標的療法の開発、第30回日本脳腫瘍学会学術集会2012.11.25-27(広島)
  21. 石川栄一、松田真秀、上前洋二、山本哲哉、高野晋吾、坪井康次、生田聡子、丸山隆志、村垣善浩、唐沢克之、松谷雅生、橋本幸一、大野忠夫、阿部竜也、松村 明:初発膠芽腫患者に対する自家腫瘍ワクチンと放射線・化学療法を用いた臨床多施設共同試験の経過報告、脳腫瘍学会2012.11.25-27(広島)
  22. 石川栄一(会長講演):悪性神経膠腫に対する免疫治療の実践と進化の可能性第9回がんワクチン療法研究会(AsCaVaTh)学術集会2012.11.17(つくば)
  23. Ishikawa E, Osuka S, Matsushita A, Saotome K, Yamamoto T, Marushima A, Satou N, Zaboronok A, Masumoto T, Matsumura A :Tissue compression in chronic hydrocephalus and chronic subdural hematoma evaluated by DTI: 2012 meeting of the International Society of Hydrocephalus and CSF Disorders (ISHCSF), (Hydrocephalus 2012, Kyoto), 2012.10.19-22 (Kyoto).
  24. 石川栄一、小沼邦之、松田真秀、山本哲哉、高野晋吾、松村 明:天幕上悪性神経膠腫に対する集学的治療後の併発症 ~再発悪性神経膠腫に合併した交通性水頭症に関する検討~. 第24回東京脳腫瘍治療懇話会 2012.6.29(東京)
  25. Ishikawa E, Takano S, Kato Y, Yamamoto T, Kato-Kaneko M, Tsujimoto Y, Matsuda M, Nakai K, Yanagiya R, Morita S, Tsuboi K, Matsumura A, 4th International Symposium of Brain Tumor Pathology 2012. 5.24 (Nagoya)
  26. 石川栄一、山本哲哉、中井 啓、高野晋吾、坪井康次、丸山隆志、田中雅彦、生田聡子、橋本幸一、原田義則、上前洋二、大野 忠夫、唐沢克之、松谷雅生、阿部竜也、村垣善浩、 松村 明:初発膠芽腫患者に対する臨床多施設共同試験: 手術、放射線、テモゾロマイド、ワクチンの4者併用療法ニューロオンコロジーの会 2012.4.7(東京)
  27. Ishikawa E, Tsuda K, Ayuzawa S, Matsushita A, Ihara S, Masuda Y, Sakamoto N, Yamamoto T, Takano S, Matsumura A. New operative techniques for glioma resection: Awake surgery and Navigation-guided endoscopic surgery. Tsukuba Neurosurgery Research Meeting, English Session 2012. 2 (Tsukuba)
  28. 磯辺智範, 阿久津博義, 平野雄二, 佐藤英介, 只野喜一, 安藤浩樹, 山本哲哉, 松村 明.: Proton MRSのデータ取得条件がLC Modelの定量解析値に与える影響. 第104回日本医学物理学会(つくば国際会議場), 2012年9月
  29. 磯辺智範, 阿久津博義, 平野雄二, 佐藤英介, 阿武 泉, 山本哲哉, 松村 明:LCModel を用いたproton MRS定量解析におけるデータ取得条件の影響. 日本放射線技術学会 第68回総合学術大会(パシフィコ横浜), 2012年4月
  30. 伊藤嘉朗、鶴嶋英夫、佐藤允之、伊藤敦夫、大矢根綾子、十河友、松村明、FGF-2徐放ドラッグデリバリーシステムによる脳血管新生療法、Stroke2012 2012,4,26-28 (シンポジウム)福岡.
  31. 井原 哲、室井 愛、中井 啓、山本哲哉、高野晋吾、松村 明:小児頭蓋内嚢胞に対する神経内視鏡の貢献(シンポジウム).第40回日本小児神経外科学会, 2012.6.7(岡山)
  32. 井原 哲、室井 愛、松村 明:再係留解除術の適応と治療成績.第40回日本小児神経外科学会 2012.6.7(岡山)
  33. 井原 哲、室井 愛、増田洋亮、高橋利英、松村 明:全脊髄にわたる軟膜下脊髄脂肪腫に対する正中分割椎弓切開法.第27回日本脊髄外科学会, 2012.6.20(浦安)
  34. 井原 哲、山本哲哉、高野晋吾、福島 敬、松村 明:びまん性橋神経膠腫に対する陽子線とテモゾロミドによる治療.第3回関東小児脳腫瘍カンファレンス, 2012.7.21(東京)
  35. 井原 哲、室井 愛、中井 啓、山本哲哉、高野晋吾、松村 明:小児頭蓋内嚢胞に対する神経内視鏡的開窓術の治療成績.第71回日本脳神経外科学会総会,2012.10.16(大阪)
  36. Ihara S, Yoshikawa F, Matsushita A, Masumoto T, Matsumura A: Pulsatile motion of the cervico-medullary brainstem in patients with Chiari malformation type I. The 4th meeting of the International Society for Hydrocephalus and Cerebrospinal Fluid Disorders, 2012.10.20 (Kyoto)
  37. 井原 哲、室井 愛、松村 明:乳児水頭症に対する脈絡叢焼灼術併用内視鏡的第3脳室開窓術の適応.第19回日本神経内視鏡学会, 2012.11.3(東京)
  38. 井原 哲、室井 愛、中井 啓、山本哲哉、高野晋吾、松村 明:小児頭蓋内嚢胞に対する神経内視鏡的開窓術の治療成績.第9回新都心神経内視鏡症例検討会, 2012.11.24(東京)
  39. 稲葉めぐみ、前野貴美、瀬尾恵美子、小川良子、菊池晃子、讃岐勝、前野哲博、松村明:新人職員の多職種連携に対する意識と『多職種コミュニケーション』研修の試み 第44回日本医学教育学会 2012.7.27-28(神奈川)
  40. Uemae Y, Ishikawa E, Osuka S,Matsuda M, Sakamoto N, Takano S, Nakai K, Yamamoto T, Saya H, Matsumura A: CXCL12 Targeting Therapy for Glioma Using a Murine Brain Tumor?Initiating Cell-line The 3rd Leading Graduate Schools International Conference, 2012.11.1-2 (Tsukuba)
  41. Oka K, Seki T, Akatsu T, Akutsu H, Yamamoto T, Ihara S, Watanabe S, Matsumura A, Kikuta K: The new laser irradiating fiberscope system for hemostasis in the treatment of intracranial lesions. The 6th European-Japanese Stroke Surgery Conference, Utrecht, Netherlands, 2012.6.2-5
  42. 岡 潔、関 健史、赤津朋宏、阿久津博義:複合型光ファイバースコープの医療応用 2012年電子情報通信学会ソサイエティ大会 2012.9.13 富山
  43. 小川良子、瀬尾恵美子、前野哲博、讃岐勝、伊藤慎、松村明:初期研修医の労働環境とストレス反応 第44回日本医学教育学会 2012.7.27-28(神奈川)
  44. Osuka S, Sampetrean O, Saga I, Onishi N, Sugihara E, Shimizu T, Takano S, Matsumura A, Saya H. New treatment strategy against a radioresistant subpopulation in glioma stem-like cells. 第30回筑波脳神経外科研究会. つくば、2012年2月5日 English session
  45. 大須賀覚:人工癌幹細胞を用いた神経膠芽腫における放射線抵抗性獲得機序の解明、第4回生命科学阿波おどりシンポジウム、徳島、2012年8月16日 シンポジウム
  46. Osuka S, Sampetrean O, Saga I, Onishi N, Sugihara E, Shimizu T, Takano S, Matsumura A, Saya H. IGF-1R signaling promotes radioresistance in malignant brain tumor stem cells. 第71回日本癌学会学術総会、札幌、2012年9月19日-21日English session
  47. 大須賀覚、サンペトラ・オルテア、清水孝恒、嵯峨伊佐子、大西伸幸、杉原英志、高野晋吾、松村明、佐谷秀行. IGF-1R/FOXO3aシグナルをターゲットとした脳腫瘍幹細胞の新規治療戦略. 第71回日本脳神経外科学会学術総会、大阪、2012年10月17日-19日
  48. Osuka S, Sampetrean O, Shimizu T, Saga I, Onishi N, Sugihara E, Okubo J, Fujita S, Takano S, Matsumura A, Saya H. IGF1 receptor signaling regulates adaptive radioprotection in glioma stemlike cells第30回日本脳腫瘍学会学術集会、広島、2012年11月25日-27日 English session
  49. 小沼邦之、石川栄一、松田真秀、平田浩二、大須賀 覚、山本哲哉、増本智彦、松村 明:天幕上再発悪性神経膠腫に合併した交通性水頭症の検討. 第30回日本脳腫瘍学会学術集会2012.11.25-27(広島)
  50. 小松洋治、上村和也、益子良太、藤原雄介、杉井成志、原拓真、松村明:Indocyanine green による術中蛍光血管撮影の有用性と課題 第12回日本術中画像情報学会学術講演会(日本光線、術中画像合同シンポジウム)2012.7.6-7(つくば)
  51. 五月女康作、松下 明、大須賀覚、磯辺智範、佐藤英介、篠田和哉、大久保淳、平野雄二、石森佳幸、松村 明. 複数装置メーカー間におけるFA値の比較. 第41回日本神経放射線学会、三重、2012年2月2日~3日
  52. 酒井愛子、鈴木涼子、福島紘子、小林千恵、福島 敬、水本斉志、大城佳子、櫻井英幸、阿久津博義、増本幸二、金子道夫、増本智彦、田中千賀、大隅朋生、清水崇史、遠藤幹也、陳 基明、岸本誠司、清谷知賀子、正木英一、須磨崎 亮:小児頭頸部腫瘍に対する陽子線照射併用集学的治療の有用性について 日本小児血液がん学会学術集会 2012.11.30-12.2 横浜
  53. 佐藤英介, 磯辺智範, 只野喜一, 山本哲哉, 阿久津博義, 松下 明, 松村 明, 榮 武二.: ROI法を用いたDiffusion Tensor Tractographyの客観的評価を目指した解析方法の基礎的検討. 第104回日本医学物理学会(つくば国際会議場), 2012年9月
  54. Sato E, Yamamoto T, Shikano N ,Ogura M ,Nakai K ,Yoshida F ,Uemae Y ,Takada T ,Isobe T , Matsumura A,: Intracellular boron accumulation in CHO-K1 cells using amino acid transport control :15th International Congress on Neutron Capture Therapy, 11 ,Sept., 2012.
  55. 佐藤允之、鶴嶋英夫、中村和弘、丸島愛機、伊藤嘉朗、長野真澄、山下年晴、大根田修、松村明、機能性の高い血管内皮前駆細胞のラット一過性脳虚血再潅流モデルに対する投与効果の検討、第71回日本能神経外科学術総会、2012, 10, 17-19 大阪.
  56. Shirakawa M, Evaluation of lipsome modified to Boron-Lipopeptide for BNCT ”Workshop Modern Particle Therapy”28th Feb 2012 Essen (DAAD meeting “Research and development in BNCT and charged particle therapy”)
  57. Shirakawa M. Evaluation of Liposome modified to Boron-lipopeptide for BNCT. “Workshop: BNCT” 2nd March 2012 Maintz (DAAD meeting “Research and development in BNCT and charged particle therapy”)
  58. Shirakawa M, Nakai K, Yoshida F , Yamamoto Y , Miyakawa M , Yamamoto T , Matsumura A ,: Evaluation of a liposome modified boron-peptide in vitro :15th International Congress on Neutron Capture Therapy, 13 ,Sept., 2012.
  59. Zaboronok A, Isobe T, Sato E, Yamamoto T, Takada K, Sakae T, Tsurushima H, Matsumura A.: U87 human malignant glioma cells migration and invasion after proton irradiation. The 104th Scientific Meeting of Japanese Society of Medical Physics (Tsukuba International Congress Center, Japan) , 2012. 9.
  60. Zaboronok A, Tsurushima H, Yamamoto T, Isobe T, Takada K, Sato E, Sakae T, Matsumura A.: Glioma radiotherapy with gold nanoparticles: optimizing radiation source. The 104th Scientific Meeting of Japanese Society of Medical Physics (Tsukuba International Congress Center, Japan)
  61. 瀬尾恵美子、前野哲博、小川良子、讃岐勝、伊藤慎、松村明:初期臨床研究医のストレスに関する全国調査 第44回日本医学教育学会 2012.7.27-28(神奈川)
  62. 高田智也、山本哲哉、松井裕史、石川栄一、松田真秀、阿久津博義、中井啓、高野晋吾、松村明:膜輸送体SCL46A1はグリオーマにおけるポルフィリン集積機序に関与する 第22回日本光線力学学会学術講演会 2012.7.6-7(つくば)
  63. 高野晋吾、阿久津博義、渡邊真哉、松村 明:カベルゴリン時代のプロラクチノーマの治療(シンポジウム) 第22回日本間脳下垂体腫瘍学会 2012.2.24-25 東京
  64. 高橋利英、石川栄一、増田洋亮、山本哲哉、大塚 歩、佐藤泰樹、澁谷 誠、高野晋吾、松村 明:画像上膠芽腫との鑑別が困難て?あった前頭部胚細胞腫瘍の成人例 第30回日本脳腫瘍病理学会2012.5.24-26(名古屋)
  65. 高橋利英、阿久津博義、高野晋吾、山本哲哉、村下秀和、上前泊功、増田洋亮、松村 明:眼窩内腫瘍に対する内視鏡下経鼻経篩骨洞的生検術の一例 第24回日本頭蓋底外科学会:2012.7.11-12 東京
  66. 高田智也、山本哲哉、松井裕史、石川栄一、松田真秀、阿久津博義、中井 啓、高野晋吾、松村 明:膜輸送体SLC46A1はグリオーマにおけるポルフィリン集積機序に関与する(シンポジウム) 第22回日本光線力学学会学術講演会2012.7.6-7 つくば
  67. 津田恭治、阿久津博義、松村 明:当院における脊髄髄膜腫の治療プロトコールと長期成績 第71回日本脳神経外科学会総会 2012.10.17-19 大阪
  68. 津田恭治、阿久津博義、井原 哲、石川栄一、中井 啓、安田 貢、山本哲哉、高野晋吾、松村 明 当院で経験した脊髄髄膜腫13例の検討 第27回日本脊髄外科学会 2012.6.21-22 浦安
  69. 鶴嶋英夫、伊藤嘉朗、丸島愛機、大矢根綾子、十河友、伊藤敦夫、松村明、脳組織保護作用、血管・骨再生作用をもたらすFGF-2徐放性Drug Delivery System、第71回日本能神経外科学術総会、2012, 10, 17-19 大阪.
  70. Tsuruta W. Post-embolization perianeurysmal hemorrhage in a case of unruptured basilar fenestration aneurysm. 第4回新潟脳血管内治療セミナー 2012.1.27-29 (新潟)
  71. 鶴田和太郎 松丸祐司 早川幹人 水橋里弥 宮内淑史 水谷徹 久保毅 河野義久 脳動静脈奇形に対する塞栓術 -Onyxの導入による治療成績の変化-. 第41回日本脳卒中の外科学会 2012.4.26-28 (福岡)
  72. 鶴田和太郎 松丸祐司 早川幹人 水橋里弥 作田健一 濱田祐介: High resolution Xper CTを用いた頚動脈プラーク評価の有用性.第11回日本頸部脳血管治療学会 2012.6.1-2 (名古屋)
  73. 鶴田和太郎 松丸祐司 早川幹人 水橋里弥: Enterprise VRDを用いた動脈瘤塞栓術/1年間のfollow up結果から. 第9回日本脳神経血管内治療学会関東地方会 2012.6.9 (東京)
  74. Tsuruta W, Matsumaru Y, Hayakawa M, Mizuhashi S: Analysis of intracranial stent characteristics with contrast-enhanced Cone-beam CT. 10th Aian Australasian Fedration of Interventional and Therapeautic Neuroradiology (AAFITN2012) 2012.6.14-16 (Nagoya)
  75. 鶴田和太郎: Cavernous sinus + Anterior Condylar Confluence dural AVFの1例. 第13回脳神経血管内治療琉球セミナー 2012.6.29-7.1 (久米島)
  76. 鶴田和太郎 松丸祐司 早川幹人 水橋里弥: 頭蓋内ステント併用脳動脈瘤コイル塞栓術における術中Cone-beam CTの有用性. 第12回日本術中画像情報学会 2012.7.7 (茨城)
  77. 鶴田和太郎: 水戸で学んだこと. 第18回(最終回)大洗脳神経血管内治療セミナー 2012.8.1-2 (茨城)
  78. Tsuruta W, Matsumaru Y: Transvenous embolization of anterior condylar confluence
  79. dural AVF. 7th East Asian Conference of Neurointervention (EACoN2012) 2012.9.1 (Cheju)
  80. 鶴田和太郎: 文献レビュー:脳動脈瘤 新しいデバイスをどう使いこなすか?第6回東京脳卒中脳血管内治療セミナー 2012.9.8 (東京)
  81. 鶴田和太郎 松丸祐司 早川幹人 水橋里弥: Enterprise VRDを用いた未破裂脳動脈瘤塞栓術. 第71回日本脳神経外科学会学術総会 2012.10.17-19 (大阪)
  82. 鶴田和太郎 松丸祐司 早川幹人 佐藤允之 水橋里弥 天野達雄: Anterior condylar confluence dural AVFに対する経静脈的塞栓術. 第28回NPO法人日本脳神経血管内治療学会学術総会 2012.11.15-17 (仙台)
  83. 鶴田和太郎 松丸祐司 早川幹人 佐藤允之 水橋里弥 天野達雄: 硬膜動静脈瘻における上行咽頭動脈によるシャントの特性と治療法. 第28回NPO法人日本脳神経血管内治療学会学術総会 2012.11.15-17 (仙台)
  84. 中井 啓、山本陽平、白川 真、山本哲哉、吉田文代、松村 明:Gd中性子捕捉反応の基礎的検討. 京都大学原子炉専門研究部会 2012.2.17-18(熊取)
  85. 中井 啓、阿久津博義、松村 明:硬膜内操作を伴う脊髄手術に対する骨窓デザイン 第27回 脊髄外科学会 2012.6.21 (浦安)
  86. Nakai K. Clinical trials of BNCT in University of Tsukuba. ”Workshop Modern Particle Therapy”28th Feb 2012 Essen (DAAD meeting “Research and development in BNCT and charged particle therapy”)
  87. Nakai K. Clinical trials of BNCT in University of Tsukuba. “Workshop: High LET particle Therapy” 29th Feb 2012 Marburg (DAAD meeting “Research and development in BNCT and charged particle therapy”)
  88. Nakai K. Clinical trials of BNCT in University of Tsukuba. “Workshop: BNCT” 2nd March 2012 Maintz (DAAD meeting “Research and development in BNCT and charged particle therapy”)
  89. Nakai K, Zaboronok A, Yamamoto T, Ishikawa E, Tsuda K, Matsuda M, Tsurubuchi T, Takano S, Matsumura A. Intraparenchymal brain tumor resection and biopsy with PDD using 5-ALA. Jeju, Korea 2nd July
  90. Nakai K, Yamamoto Y, Shirakawa M , Yoshida F , Miyakawa M , Matsumura A , Tanaka H , Sakurai Y , Masunaga S ,: DNA breaks and cellular response induced by Gadolinium neutron reaction. :15th International Congress on Neutron Capture Therapy, 11 ,Sept., 2012.
  91. 中井 啓、鈴木 健嗣、日高 紀久江、鮎澤 聡4) 、江口 清、松村 明 頸部装着型新規デバイスによる嚥下機能評価 日本脳神経外科学会第71回学術総会 大阪 19th Oct 2012
  92. 中居康展、阿久津博義、前野哲博、小池朱美、菊池晃子、松村明: 大学病院連携型高度医療人養成推進事業:東関東・東京高度医療人養成ネットワーク 成果と将来の展望 第44回日本医学教育学会 2012.7.27-28(神奈川)
  93. Nariai T, Inaj Mi, Tanaka Y , Aoyagi M , Yamamoto T , Matsumura A , Miyatake S , Ishiwata K ,: Clinical use of PET amino acid imaging in boron neutron capture therapy for malignant brain tumor. :15th International Congress on Neutron Capture Therapy, 14 ,Sept., 2012.
  94. 西川 亮、・・石川栄一、他:悪性神経膠腫におけるBCNU 徐放性製剤の安全性に関する多施設共同臨床試験第30回日本脳腫瘍学会学術集会2012.11.25-27(広島)
  95. Kumada H, Matsumura A, Sakurai H , Sakae T , Yoshioka M , Kobayashi H , Matsumoto H , Kiyanagi Y , Shibata T , Nakashima H ,: Project of development of the Linac based NCT facility in University of Tsukuba :15th International Congress on Neutron Capture Therapy, 13 ,Sept., 2012.
  96. 原拓真、松田真秀、渡邉真哉、中井啓、松村明:天幕上脳腫瘍の摘出後に小脳出血を合併した一例 第117回日本脳神経外科学会関東支部会 2012.4.14(新宿)
  97. 原 拓真、阿久津博義、高野晋吾、松村 明:当院のCushing病29例の治療成績:手術および放射線治療効果の現状 第13回筑波大学脳神経外科研究会 2012.2.5 つくば
  98. 林 靖孝、水本斉志、奥村敏之、阿久津博義、山本哲哉、高野晋吾、松村 明、櫻井英幸、坪井康次:頭蓋底脊索腫及び軟骨肉腫に対する陽子線治療の長期成績 第71回日本脳神経外科学会総会 2012.10.17-19 大阪
  99. 檜山貴志、増本智彦、椎貝真成、阿久津博義、松村 明、南 学:3D T2強調画像を用いた閉塞性水頭症における視交叉浮腫の検討 第41回日本神経放射線学会 2012.2.2-4 三重
  100. 細尾久幸、井原 哲、室井 愛、増田洋亮、松村 明:全脊髄にわたる軟膜下脊髄脂肪腫を認めたencephalocraniocutaneous lipomatosisの1例.第14回茨城小児神経内科外科懇話会, 2012.12.1(つくば)
  101. 藤原雄介、小松洋治、木村泰、松村明:慢性腎不全に対し血液透析を施行している患者に生じた慢性硬膜下血腫術後の硬膜下膿腫の一例 第118回(社)日本脳神経外科学会 関東支部学術集会 2012.9.29(東京)
  102. 増田洋亮、阿久津博義、山本哲哉、石川栄一、鮎澤 聡、高野晋吾、松村 明:小脳橋角部腫瘍手術における顔面神経機能モニタリング:経頭蓋MEPと直接刺激筋電図の比較第13回筑波大学脳神経外科研究会 2012.2.5 つくば
  103. 増田洋亮、山本哲哉、阿久津博義、椎貝真成、増本智彦、松村 明:神経血管圧迫症候群に対する造影T1WIとcisternogram差分画像の有用性 第14回神経血管減圧学会 2012.1.19 東京
  104. 増田洋亮、阿久津博義、山本哲哉、高野晋吾、松村 明:外側後頭下開頭における、sinus grooveを利用した横静脈洞―S状静脈洞移行部の同定法 第25回茨城県脳腫瘍治療研究会 2012.2.10 つくば
  105. 増田洋亮、中居康展、阿久津博義、中井 啓、池田 剛、椎貝真成、増本智彦、松村 明: 脊髄血管病変における術前検査の進歩?3D-CTAおよび4DMRA は、脊髄血管撮影を省略できるか? 第41回日本神経放射線学会 2012.2.2-4 三重
  106. 増田洋亮、井原 哲、室井 愛、松原鉄平、山本哲哉、里見介史、松村 明:急性水頭症を来したleukoencephalopathy, cerebral calcifications and cystsの一例.第40回日本小児神経外科学会, 2012.6.7(岡山)
  107. 増本智彦、椎貝真成、檜山貴志、阿久津博義、南 学:脳腫瘍術後患者における同側視床の一過性拡散異常 第41回日本神経放射線学会 2012.2.2-4 三重
  108. 松田真秀、小沼邦之、中井啓、石川栄一、山本哲哉、高野晋吾、水本斉志、坪井康次、松村明:再発膠芽腫に対する局所療法の意義 第17回日本脳腫瘍の外科学会2012.9.7-8(横浜)
  109. 松田真秀、小沼邦之、中井啓、石川栄一、山本哲哉、高野晋吾、水本斉志、坪井康次、松村明:再発膠芽腫に対する集学的治療戦略 第71回日本脳神経外科学会学術総会 2012.10.17-19(大阪)
  110. 松田真秀、山本哲哉、高田智也、石川栄一、高野晋吾、松村 明:テモゾロマイド初期治療プロトコールに伴う悪心・嘔吐発現のプロファイル解析. 第30回日本脳腫瘍学会学術集会2012.11.25-27(広島)
  111. 松田真秀、小沼邦之、石川栄一、金田安史、松村明:不活化ウイルス粒子による悪性脳腫瘍治療の開発-免疫療法としての側面- 第9回がんワクチン療法研究会(AsCaVaTh)学術集会2012.11.17(つくば)
  112. 松原鉄平、里見介史、松田真秀、山本哲哉、松村明、野口雅之:短期間で再発し、急速な再増大がみられたrosette-forming glioneuronal tumorの一女児例 第107回東京脳腫瘍研究会 2012.7.14(新宿)
  113. 松原鉄平、青木 司、鮎澤 聡、松村 明:第83回茨城県脳神経外科集談会 MRIガイド下定位脳手術の手技を用いてフェンスポスト法を行って精度良く摘出できた神経膠芽腫の一例  2012.3.17 (つくば)
  114. 松原鉄平、青木 司、鮎澤 聡、松村 明:第46回日本てんかん学会 年次学術集会 当院におけるてんかん重積例におけるMRI拡散強調画像の異常高信号の特徴  
  115. 松原鉄平、青木 司、井原 哲、鮎澤 聡、松村 明:日本脳神経外科学会 第71回学術総会 髄腔内バクロフェン療法の中・長期成績  2012.10.17  (大阪)
  116. 松原鉄平、井原 哲、相山 仁、松村 明:直腸から直接感染波及し脊髄膿瘍を来したクラリーノ症候群の1例.第14回茨城小児神経内科外科懇話会, 2012.12.1(つくば)
  117. 松村明:研究炉を用いた世界の医療界の現状 第7回先進原子力科学技術に関する連携重点研究討論会 2012.8.6(ひたちなか)
  118. Matsumura A, Yamamoto T, Nakai K, Matsuda M:Boron Neuron Capture Therapy for Glioblastoma. Phase Clinical Trial at JRR-4. 日独脳外科学会 2012.3.
  119. Miyoshi N, Bibin A, Katayama K , Kinoshita H , Yamamoto T , Matsumura A , Tanaka H , Ono K , Shtil A ,: Combination therapy of BPA-BNCT and 5-ALA-PDT in Experimental Tumor Model :15th International Congress on Neutron Capture Therapy, 10 ,Sept., 2012.
  120. 村垣善浩、石川栄一、丸山隆志、大野忠夫、新田雅之、松田真秀、山本哲哉、生田聡子、伊関洋、松村 明:膠芽腫に対する自家腫瘍ワクチンに関するランダム化比較試験のプロトコール検討第9回がんワクチン療法研究会(AsCaVaTh)学術集会2012.11.17(つくば)
  121. Muroi A, Ihara S: Cutaneous abnormality in closed neural tube defect.第30回筑波脳神経外科研究会, 2012.2.5(つくば)
  122. 室井 愛、井原 哲、松村 明:中頭蓋窩くも膜嚢胞に硬膜下液貯留を合併した4例―適切な治療についての考察.第40回日本小児神経外科学会, 2012.6.7(岡山)
  123. 室井 愛、井原 哲、榎本貴夫、松村 明:2歳以下の乳幼児における後頭骨の3D-CT所見についての考察.第40回日本小児神経外科学会, 2012.6.8(岡山)
  124. 室井 愛、井原 哲、松村 明:内視鏡下膿瘍開窓洗浄ドレナージ術が奏功した新生児脳膿瘍の一例.第19回日本神経内視鏡学会, 2012.11.2(東京)
  125. 室井 愛、井原 哲、中尾朋平、加藤啓輔、小池和俊:診断に苦慮した頭蓋内多発嚢胞の一例.第30回日本こども病院神経外科医会, 2012.11.17(久留米)
  126. 室井 愛、井原 哲:仙尾部皮膚異常とMRI所見の関連について.第14回茨城小児神経内科外科懇話会, 2012.12.1(つくば)
  127. 阿久津善光,山本哲哉,小沼邦之,松田真秀,里見介史.松果体部Pineal parenchymal tumor of intermediate differentiationに合併した小脳中心小葉pineoblastomaの1例.第30回 筑波脳神経外科研究会,つくば,2012.2
  128. 金 暎浩,山本哲哉,松田真秀, 小沼邦之,高野晋吾,石川栄一,里見介史,澤村 豊,松村 明.Astroblastomaの一例.第30回 筑波脳神経外科研究会,つくば,2012.2
  129. 三好憲雄,Bibin AB, 田中浩基,小野公二,山本哲哉,松村 明,Shtil AA, Ol’shevskayaVA. ボロン中性子捕捉療法(BNCT)と光線力学治療(PDT)の併用療法京大・原子炉実験所での共同利用実験成果(中間報告), 第13回「量子ビーム融合化利用研究」に関する 先導的研究開発委員会・専門委員会合同委員会, 熊取,2012. 1
  130. 山本哲哉,阿久津博義,青木 司,山崎友郷,藤田桂枝,増田洋亮,松村 明.テフロンを用いた圧迫解除と血管固定の一工夫.第14回日本脳神経減圧術学会,東京,2012.1
  131. Norio Miyoshi, Andriana Bibin, Kanji Katayama, Hidetaka Kinoshita, Tetsuya Yamamoto, Akira Matsumura, Hiroki Tanaka, Koji Ono, Alexander Shitil. Combination therapy of BPA-BNCT and 5-ALA-PDT in experimental tumor model. 15th International Congress on Neutron Caputure Therapy, Tsukuba, 2012.9
  132. Fumiyo Yoshida, Kei Nakai, Tetsuya Yamamoto, Makoto Shirakawa, Hiroyuki Nakamura, Alexander Zaboronok, Akira Matsumura. Pretreatment with buthionine sulfoximine enhanced uptake and retention of BSH for BNCT. 15th International Congress on Neutron Caputure Therapy, Tsukuba, 2012.9
  133. 青木友和, 西川 亮, 杉山一彦, 隈部俊宏, 植木敬介, 山本哲哉, 竹島秀雄,有田和徳, 松谷雅生.悪性神経膠腫に対する新規脳内局所留置用の徐放性製剤NPC-08 (Gliadel Wafer).多施設共同第Ⅰ/Ⅱ相臨床試験,第71回日本脳神経外科学会総会,2012.10,大阪
  134. Miyoshi N, Katayama K, Ishiyama S, Idehara T, Kume K, Shtil A, Tanaka H, Ono K, Yamamoto T, Matsumura A, Shikazono N, Kobayashi Y, Sakabe N. In Future for the Cancer Therapies on PDT Combination in Japan. The 4th Symposium of the Asian Photodynamic Association, Sep.21, 2012, Jiuhun
  135. 西川 亮,三島一彦,安達淳一,青木友和,野々口直助,川端憲幸,杉山一彦,山崎文之,富永悌二,隈部俊宏,植木敬介,山本哲哉,石川栄一,竹島秀雄,山下真治,有田和徳,平野宏文,山田 忍,松谷 雅生.悪性神経膠腫におけるBNNU徐放性製剤の安全性に関する多施設臨床試験.第30回日本脳腫瘍学会学術集会,広島,2012.11

講演

  1. 青木 司:第23回髄腔内バクロフェン投与(ITB)療法講習会講師 2012.2.11 (東京)
  2. 青木 司:日本医師会生涯教育協力講座 てんかんの診断から最新の治療まで てんかんの外科的治療 2012.6.16 (つくば)
  3. 阿久津博義:下部斜台部の手術解剖と手技のポイント 第6回千葉神経内視鏡ハンズオンセミナー:安全な基本・応用技術の習得 2012.12.22-23 (千葉)
  4. Akutsu H: Endoscopic endonasal transpterygoid approach for clival chordoma. International Rhinology Innovative Symposium (IRIS) 2012, The Chinese University of Hong Kong Jockey Club Minimally Invasive Surgical Skills Center in Hong Kong, China 2012.8.16-18
  5. 石川栄一:悪性脳腫瘍に対する5-ALAを用いた術中蛍光診断、2012.8.24(つくば)
  6. 石川栄一:機能を温存して脳を切る!、平成24年度清真スーパーセミナー、2012.6.16(鹿嶋)
  7. 石川栄一:CREILセンターとともに歩んだ脳腫瘍患者に対する多施設共同臨床研究、CREIL設立5周年記念シンポ、2012.3(つくば)
  8. 井原 哲:小児の脳神経外科疾患と術後管理 第5回クリティカルスキルアップ研修, 2012.10.31(つくば)
  9. 井原 哲:バクロフェン髄腔内投与療法について 市民公開シンポジウム脳性麻痺をもつ小さな子どもたちへ―新しい治療を知ろう―, 2012.12.1(横浜)
  10. 鶴嶋英夫、本間真人、土岐浩介、幸田幸直: 臨床研究の進め方、第104回日本医学物理学会学術大会 2012, 9,14-15 (招待講演)筑波.
  11. 鶴嶋英夫: 臨床研究におけるトッピックス 日本医療・病院管理学会第303回例会 2012, 3,7(招待講演)筑波.
  12. 鶴田和太郎:新しい脳卒中治療. 県北医療センター高萩協同病院 病院祭. 2012. 10.21 (茨城)
  13. 鶴田和太郎 : 急性期脳梗塞に対する脳血管内治療の進歩. 文教脳卒中マネージメントフォーラム. 2012.11.02 (東京)
  14. 松下 明、池田貴公、五月女康作、中井 啓、鮎澤聡、増田洋亮、長谷川泰久、山海嘉之、松村 明,タスク頻度と関連するfMRIによる補足運動野賦活領域 CCRシンポジウム 13th July 2012
  15. 松村 明、中性子捕捉療法の現状と将来 つくば学際バイオワークショップ 2012.1.28(つくば)
  16. 松村 明:がん細胞選択粒子線治療としての中性子捕捉療法 第47回RI・放射線治療 促進セミナー 2012.2.17(名古屋)
  17. 松村 明+講演者全員:最終討論、閉会の辞 国際シンポジウム福島ディスコース(Ⅱ) 2012.3.5(ドイツ、ボン)
  18. 松村 明:脳腫瘍治療戦略の最前線 第6回Neuroscience Update in KOSHIGAYA 2012.3.14(越谷)
  19. 松村 明:Gliomaの放射線治療 脳腫瘍レビュー’12 2012.6.2(東京)
  20. 松村 明:脳腫瘍治療における筑波大学の取り組み 第72回福島脳神経外科談話会 2012.6.30(福島)
  21. 松村 明、HALを用いたリハビリテーション前後の脳における変化 CCRシンポジウム 13th July 2012
  22. 松村 明:放射線の医療応用 高エネルギー加速器セミナーOHO’12 2012.9.5(つくば)
  23. 松村 明:主任教授の立場から 平成24年度医学生・研修医等をサポートするための会(若手及び女性医師の継続的な就職、研究活動を支援するための講習会) 2012.10.19(大阪)
  24. 松村 明:悪性神経膠種に対するターゲッティング治療 第39回日本脳科学会ランチョンセミナー 2012.10.6(北九州)
  25. Matsumura A:CERTIFICATE OF ATTENDANCE. 63.JAHRESTAGUNG 2012.6.1
  26. 吉川文人、鮎澤 聡、松下 明、松村 明:統計的動き特徴抽出法を用いた運動評価とその応用 ワークショップ2012 2012.2.11(愛知、知多)
  27. 山本哲哉:『中性子ビームがものづくりと医療を変える!』中性子でガン細胞を狙い撃ち 中性子捕捉療法.日本中性子科学会市民講座,京都,2012.12.9
  28. 山本哲哉,NPC-08-01試験で経験した脳浮腫の一例.招待講演‐Carmustine wafers留置後の画像と副作用‐ギリアデル学術講演会「ギリアデル~日本での臨床成績および症例報告」広島,2012.11
  29. 山本哲哉:招待講演シンポジウム「がんの熱中性子捕捉療法(BNCT)‐治療の現状と将来展望」悪性脳腫瘍のBNCT(加速器計画も含む).第127回日本医学放射線学会 北日本地方会,仙台,2012.11
お問い合わせ

〒305-8576
茨城県つくば市天久保2-1-1

☎029-853-3900(代表番号)
☎029-853-3570(予約センター)