2011年

原著論文

  1. Aiyama H, Nakai K, Yamamoto T, Nariai T, Kumada H, Ishikawa E, Isobe T, Endo K, Takada T, Yoshida F, Shibata Y, Matsumura A A clinical trial protocol for second line treatment of malignant brain tumors with BNCT at University of Tsukuba. Appl Radiat Isot. Jul 19. 2011. [Epub ahead of print]
  2. Fujibuchi T, Tanabe Y, Sakae T, Terunuma T, Isobe T, Kawamura H, Yasuoka K, Matsumoto T, Harano H, Nishiyama J, Masuda A, Nohtomi A: Feasibility study on using imaging plates to estimate thermal neutron fluence In neutron-gamma mixed fields. Radiation Protection Dosimetry. Radiat Prot Dosimetry 147: 394-400, 2011.
  3. Fujita K, Komatsu Y, Sato N, Higuchi O, Kujiraoka Y, Kamezaki T, Suzuki K, Matsumura A : Pilot Study of the Safety of Starting Administration of Low-Dose Aspirin and Gilostazol in Acute Ischemic Stroke. Neurol Med Chir(Tokyo) 51: 819-824, 2011.
  4. Kaneko M, Tian W, Takano S, Suzuki H, Sawa Y, Hozumi Y, Goto K, Yamazaki K, Kitanaka C, Kato Y: Establishment of a novel monoclonal antibody SMab-1 specific for IDH1 R132S mutation. Biochem Biophys Res Commun. 406: 608-613, 2011.
  5. Kumada H, Sakae T, Saito K, Isobe T, Hashimoto T, Sakurai H: Application of the multi-model Monte-Carlo treatment planning system combined with PHITS to proton radiotherapy. Prog Nucl Sci Technol 2: 213-218, 2011.
  6. Isobe T, Kumada H, Takada K, Hashimoto T, Hashii H., Shida K, Tadano K, Fujibuchi T, Hanmura M, Sakurai H, Sakae T: Effects of secondary neutron beam generated in radiotherapy on electronic medical devices. Prog Nucl Sci Technol 2: 524-529, 2011.
  7. Marushima A, Suzuki K, Nagasaki Y, Yoshitomi T, Toh K, Tsurushima H, Hirayama A, Matsumura A:Newly synthesized radical-containing nanoparticles (RNP) enhance neuroprotection after cerebral ischemia-reperfusion injury. Neurosurgery 68(5): 1418-1426,2011.
  8. Marushima A, Tsurushima H, Suzuki K, Nakai Y, Nemoto H, Matsumura A:Time-course analysis of brain perfusion single-photon emission computed tomography using a three-dimentional stereotactic region-of-interest template in patients with Moyamoya disease. World Neurosurg 76(3-4): 304-310, 2011.
  9. Matsuda M, Yamamoto T, Ishikawa E, Nakai K, Zaboronok A, Takano S, Matsumura A:Prognostic factors in glioblastoma multiforme patients receiving high-dose particle radiotherapy or conventional radiotherapy. Br J Radiol. Mar 22. 2011. [Epub ahead of print]
  10. Matsuda M, Nimura K, Shimbo T, Hamasaki T, Yamamoto T, Matsumura A, Kaneda Y: Immunogene therapy using immunomodulating HVJ-E vector augments anti-tumor effects in murine malignant glioma. J Neurooncol. 103(1):19-31, 2011.
  11. Mashiko R, Takano S, Ishikawa E, Yamamoto T, Nakai K, Matsumura A: Hypoxia-inducible factor 1α expression is a prognostic biomarker in patients with astrocytic tumors associated with necrosis on MR image. J Neurooncol 102: 43-50, 2011.
  12. Muragaki Y, Maruyama T, Iseki H, Tanaka M, Shinohara C, Takakura K, Tsuboi K, Yamamoto T, Matsumura A, Matsutani M, Karasawa K, Shimada K, Yamaguchi N, Nakazato Y, Sato K, Uemae Y, Ohno T, Okada Y, Hori T: Phase I/IIa trial of autologous formalin-fixed tumor vaccine concomitant with fractionated radiotherapy for newly diagnosed glioblastoma. J Neurosurg.15:248-55, 2011.
  13. Nakai K, Yamamoto T, Aiyama H, Takada T, Yoshida F, Kageji T, Kumada H, Isobe T, Endo K, Matsuda M, Tsurubuchi T, Shibata Y, Takano S, Mizumoto M, Tsuboi K, Matsumura A: Boron neutron capture therapy combined with fractionated photon irradiation for glioblastoma: a recursive partitioning analysis of BNCT patients. Appl Radiat Isot. 69(12):1790-2,2011.
  14. Sakamoto N, Ishikawa E, Yamamoto T, Satomi K, Nakai K, Sato M, Enomoto T, Morishita Y, Takano S, Ohno T, Tsuboi K, Matsumura A:Pathological changes after autologous formalin-fixed tumor vaccine therapy combined with temozolomide for glioblastoma - three case reports - . Neurol Med Chir (Tokyo) 51(4): 319-25, 2011.
  15. Sampetrean O, Saga I, Nakanishi M, Sugihara E, Fukaya R, Onishi N, Osuka S, Akahata M, Kai K, Sugimoto H, Hirao A, Saya H:Invasion precedes tumor mass formation in a malignant brain tumor model of genetically modified neural stem cells. Neoplasia. Sep 13(9):784-91,2011.
  16. Takano S, Tian W, Matsuda M, Yamamoto T, Ishikawa E, Kaneko MK, Yamazaki K, Kato Y, Matsumura A:Detection of IDH1 mutation in human gliomas: comparison of immunohistochemistry and sequencing. Brain Tumor Pathol. 28(2):115-23, 2011.
  17. Takigawa T, Matsumaru Y, Nakai Y, Nakamura K, Hayakawa M, Tsuruta W, Matsumura A: Bioactive coils cause headache and fever after endovascular treatment of intracranial aneurysms. Headache 28:1526-4610, 2011. [Epub ahead of print]
  18. Tsuda K, Ishikawa E, Saito A, Satomi K, Sakata A, Takano S, Morishita Y, Noguchi M, Matsumura A.: Primary cerebellar pilocytic astrocytoma with anaplastic features in a patient with neurofibromatosis type 1 - case report - . Neurol Med Chir (Tokyo) 51(4):315-8,2011.
  19. Tsuda K, Ishikawa E, Zaboronok A, Nakai K, Yamamoto T, Sakamoto N, Uemae Y, Tsurubuchi T, Akutsu H, Ihara S, Ayuzawa S, Takano S, Matsumura A : Navigation-Guided Endoscopic Biopsy for Intraparenchymal Brain Tumor.Neurol Med Chir(Tokyo) 51 : 694-700,2011.
  20. Yamamoto T, Nakai K, Nariai T, Kumada H, Okumura T, Mizumoto M, Tsuboi K, Zaboronok A, Ishikawa E, Aiyama H, Endo K, Takada T, Yoshida F, Shibata Y, Matsumura A: The status of Tsukuba BNCT trial: BPA-based boron neutron capture therapy combined with X-ray irradiation. Appl Radiat Isot Feb 15. 2011. [Epub ahead of print]
  21. Zhang W, Tsurushima H, Oyane A, Yazaki Y, Sogo Y, Ito A, MatsumuraA: BMP-2 gene-fibronectin-apatitie composite layer enhances bone formation. J Biomed Sci 18: 62, 2011.
  22. Wang X, Oyane A, Tsurushima H, Sogo Y, Li X, Ito A: BMP-2 and ALP gene expression induced by a BMP-2 gene-fibronectin-apatite composite layer. Biomed Mater 6: on line published 045004, 2011.
  23. Yazaki Y, Oyane A, Sogo Y, Ito A, Yamazaki A, Tsurushima H. Control of gene transfer on a DNA-fibronectin-apatite composite layer by the incorporation of carbonate and fluoride ions. Biomaterials 32: 4896-4902, 2011.
  24. Zhang W, Wang H, Oyane A, Tsurushima H, Chu PK: Osteoblast differentiation and disinfection induced by nitrogen plasma-treated surfaces. Biomed Mater Eng 21(2): 75-82, 2011.
  25. 鮎澤 聡井原 哲,松原鉄平,松村 明:髄腔内バクロフェン療法の短期成績と問題点.機能的脳神経外科 50(2):129-133, 2011
  26. 磯辺智範,阿久津博義山本哲哉,椎貝真成,増本智彦,中井 啓高野晋吾,阿武 泉,松村 明1H-MRSにおける定量解析が放射線壊死とanaplastic oligodendrogliomaの再発の鑑別に有効だった一例. No Shinkei Geka 39(5): 485-489, 2011
  27. 柴田 靖, 松下 明, 秋本 学, 山本哲哉, 高野晋吾, 中井 啓, 松村 明 T1 SPECTとMRIの融合画像による悪性グリオーマ手術摘出度評価(原著論文) CI研究(0918-7073)32巻1号 Page19-24(2010.06)
  28. 高木俊範, 師田信人, 井原 哲, 金子 剛:矢状縫合早期癒合症における術後の形態学的評価とその変化.小児の脳神経36(1):20-25, 2011.
  29. 高野晋吾, 井原 哲, 山本哲哉, 福島 敬, 中尾朋平, 榎本貴夫, 松村 明:小児悪性脳腫瘍に対する大量化学療法の有用性.小児の脳神経36(2):163-169, 2011.
  30. 中尾準三,高野晋吾,渡邊真哉,阿久津博義,松下 明,石井一弘,増本智彦,松村 明:特異的な画像所見を呈した脳内黄色肉芽種の1例. No Shinkei Geka 39: 1091-1097, 2011
  31. 鶴嶋英夫,黒田隆之助,Drug Delivery Systemと単色X線を用いた新規放射線療法、物理学会誌 80(2): 120-123, 2011.
  32. 増田洋亮,大須賀覚,山本哲哉石川栄一,松下明,井原哲松村明,灰白質拡散異方性を利用した水頭症病態評価. 小児の脳神経36(3): 319-323, 2011
  33. 松村 明 : 脳神経外科医の養成とリクルート. 脳神経外科 39(6): 541-542, 2011
  34. 渡邊真哉,高野晋吾阿久津博義,佐藤弘茂,松村 明:カベルゴリン時代のプロラクチノーマ治療. No Shinkei Geka 39: 1045-1054, 2011

原著論文(Coming Soon)

  1. Akutsu H, Takada T, Nakai K, Tsuda K, Sakane M, Aita I, Matsumura A: A surgical technique for idiopathic spinal cord herniation: the Hammock Method. Technical note. Neurol Med Chir (Tokyo) 2012, in press
  2. Kin H, Ishikawa E, Takano S, Ayuzawa S, Matsushita A, Muragaki Y, Aiyama H, Sakamoto N, Yamamoto T, Matsumura A. Language Areas Involving the Inferior Temporal Cortex on Intraoperative Mapping in a Bilingual Patient With Glioblastoma: A Case Report. Neurol Med Chir (Tokyo) 2012, in press
  3. Masuda Y, Ishikawa E, Takahashi T, Ihara S, Yamamoto T, Zaboronok A, Matsumura A. Dual-port technique in navigation-guided endoscopic resection for intraparenchymal brain tumor. Surg Neurol Int. 2012, in press
  4. Nakamura K, Tsurushima H, Marushima A, Nagano M, Yamashita T, Suzuki K, Ohneda O, Matsumura A, A subpopulation of endothelial progenitor cells with low aldehyde dehydrogenase activity attenuates acute ischemic brain injury in rats. Biochem Biophys Res Commun 2012, in press.
  5. Nguyen THN, Akutsu H, Nouguchi S, Tsunoda T, Sasaki M, Tsurushima H, Matsumura A, Reversible focal radiological changes due to non-convulsive status epilepticus of the right parietoocipital lobe. ?Case report- Turk Neurosurgery 2012, in press
  6. Onuma K, Ishikawa E, Matsuda M, Shibata Y, Satomi K, Yamamoto T, Zaboronok A, Takano S, Matsumura A. Navigation-guided endoscopic biopsy for pathological diagnosis for intraparenchymal pure germinoma near the ventricular trigone. Surg Neurol Int. 2012, in press
  7. Osuka S, Matsushita A, Ishikawa E, Saotome K, Yamamoto T, Marushima A, Satou N, Zaboronok A, Masumoto T, Matsumura A. Elevated diffusion anisotropy in gray matter indicates the degree of brain compression J Neurosurg 2012, in press
  8. Osuka S, Takano S, Watanabe S, Ishikawa E, Yamamoto T, Matsumura A. Valproic acid inhibits angiogenesis in vitro and glioma angiogenesis in vivo in the brain. Neurol Med Chir (Tokyo) 2012, in press
  9. Oyane A, Tsurushima H, Yazaki Y, Araki H, Sogo Y, Ito A, Yamazaki A, Fabrication of a DNA?lipid?apatite composite layer for efficient and area-specific gene transfer. J Mater Sci Mater Med accepted 2012, in press
  10. Oyane A, Wang X, Sogo Y, Ito A, Tsurushima H, Calcium phosphate composite layers for surface-mediated gene transfer. Acta Biomater accepted 2012, in press
  11. Saida T, Masumoto T, Nakai Y, Shiigai M, Matsumura A, Minami M. Moyamoya disease: evaluation of postoperative revascularization using multiphase selective arterial spin labeling MRI. J Comput Assist Tomogr. 2012, in press
  12. Sakamoto N, Ishikawa E,Nakai Y,Akutsu H,Yamamoto T,Nakai K,Shiigai M,Tsurushima H, Isobe T, Takano S, Tsuboi K, Matsumura A. Pre - operative Endovascular Embolization for Hemangioblastoma in the Posterior Fossa. Neurol Med Chir (Tokyo) 2012, in press
  13. Sakamoto N, Uemae Y, Ishikawa E, Takano S, Nakai K, Yamamoto T, Zaboronok A, Matsumura A. Glioma Immunotherapy With Combined Autologous Tumor Cell and Endothelial Cell Vaccine In Vivo. Neurol Med Chir (Tokyo) 2012, in press
  14. Takigawa T, Tsurushima H, Suzuki K, Tsuruta W, Nakamura K, Matsumura A, Cilostszol suppression of arterial intimal hyperplasia is associated with decreased expression of sialyl Lewis X homing receptors on mononuclear cells and E-selectin in endothelial cells. J Vascular Surgery 55(2): 506-516, 2012, in press
  15. Takada T, Yamamoto T, Ishikawa E, Zaboronok A, Kujiraoka Y, Akutsu H, Ihara S, Nakai K, Matsumura A. Acute subdural hematoma without subarachnoid hemorrhage caused by a ruptured A1-A2 junction aneurysm. Neurol Med Chir (Tokyo) 2012, in press
  16. Takano S, Kato Y, Yamamoto T, Kaneko MK, Ishikawa E, Tsujimoto Y, Matsuda M, Nakai K, Yanagiya R, Morita S, Tsuboi K, Matsumura A. Immunohistochemical detection of IDH1 mutation, p53, and internexin as prognostic factors of glial tumors. J Neurooncol. 2012, in press

総説・Proceeding・その他

  1. Bodhak S, Kikuchi M, Oyane A, Sogo Y, Tsurushima H, Ito A: Influence of Ca2+ and Mg2+ supplementation on in vitro biological properties of hydroxyapatite/collagen nanocomposite membrane. Key Eng. Mater. (Bioceramics 23) 493-494: 126-131. 2011.
  2. Bodhak S, Kikuchi M, Oyane A, Sogo Y, Tsurushima H, Ito A: Influence of Ca2+ and Mg2+ supplementation on in vitro biological properties of hydroxyapatite/collagen nanocomposite membrane. Extended abstracts of The 11th Asian BioCeramics Symposium 2011 in USB flash drive.
  3. Bodhak S, Kikuchi M, Oyane A, Sogo Y, Tsurushima H, Ito A: Ca and Mg ions pretreated hydroxyapatite/collagen nanocomposite membrane for superior in vitro bone cell-materials interactions. Abstract of 3rd Asian Biomaterials Congress 2011 in CD
  4. Isobe T, Hashimoto T, Kumada H, Hashii H, Takada K, Matsufuji N, Hanmura M, Fukuda S, Sakurai H, Sakae T: Evaluation of Secondary Neutron Dose in Particle and High Energy X-Ray Therapy. The American Society for Radiaton Oncology(ASTRO) 53nd Annual Meeting(Miami, Florida, USA): 9-10,2011.
  5. Oyane A, Tsurushima H, Yazaki Y, Araki H, Sogo Y, Ito A, Yamazaki A: Control of efficiency and timing of gene transfer on apatite-based composite layers. International Conference on Biomaterials Science in Tsukuba: 450-451, 2011.
  6. Oyane A, Yazaki Y, Tsurushima H, Sogo Y, Ito A, Yamazaki A: Area-specific gene transfer on a DNA-Fibronectin-Apatite composite layer. Extended abstracts of The 11th Asian BioCeramics Symposium 2011 in USB flash drive.
  7. Yazaki Y, Oyane A, Tsurushima H, Sogo Y, Ito A, Yamazaki A: Antibody immobilized in a DNA-apatite composite layer enhances gene transfer efficiency. Extended abstracts of The 11th Asian BioCeramics Symposium 2011 in USB flash drive.
  8. 鶴嶋英夫小野幸雄中田義隆,平沼ゆり,松村明: 脳ドック受診者における頸動脈動脈硬化症の促進因子の探索 第20回日本脳ドック学会総会プログラム・抄録集: 85, 2011.
  9. 阿久津博義,津田恭治,中井 啓鶴淵隆夫,鯨岡祐司,会田育男,坂根政孝,松村 明:脊髄ヘルニアの手術における工夫:ハンモック法について、脊髄外科25(1): 73-74, 2011(extended abstract)
  10. 阿久津博義, 山本哲哉, 鮎澤, 中井, 松村, 藤田桂史, 亀崎高夫, 青木司: 三叉神経痛手術における錐体裂開放の意義(会議録) 茨城県臨床医学雑誌(0910-6782)46: 118-119(2011.02)
  11. 石川栄一, 津田恭治, ZaboronokAlexander, 中井, 山本哲哉, 鶴淵隆夫, 阿久津博義, 井原, 鮎澤 , 高野晋吾, 松村: ナビゲーションガイド下神経内視鏡的脳実質内腫瘍生検および蛍光力学的診断についての検討(会議録) 日本レーザー医学会誌(0288-6200)32(2): 233(2011.08)
  12. 石川栄一: 読者からの手紙―組織的な若手研究者海外派遣事業を利用したPittsburgh短期留学記. 脳神経外科39: 701-703, 2011
  13. 磯辺智範, 森祐太郎, 榮 武二:放射能・放射線の基礎的な理解. 日総研 隔月刊誌消化器最新看護 12, 64-74,2011
  14. 磯辺智範, 森祐太郎, 照沼利之, 安岡 聖, 熊田博明, 榮 武二:放射線装備機器および放射線発生装置の安全取扱い. 日本放射線技術学会 放射線防護分科会誌 33: 4-9, 2011.
  15. 磯辺智範:放射性同位元素装備機器および放射線発生装置の安全取扱い. 第39回日本放射線技術学 秋季学術大会予稿集: 96-99, 2011.
  16. 磯辺智範, 榮 武二: バーチャルインタビュー大学院・研究室紹介 第4回 筑波大学.日本放射線技術学会雑誌67: 1349-1351, 2011.
  17. 井原 哲, 師田信人, 根津敦夫, 伊藤弘紀:小児痙縮治療の意義と治療選択のポイント.Medical Tribune3.24号, 2011.
  18. 井原 哲:SiphonguardTMの臨床成績.CHPV Users Meeting 2011レポート. CODMAN Clinical & Device Links: 5-6, 2011.
  19. 井原 哲:二分脊椎の手術.脊髄・脊椎の外科シリーズ② VIDEO JOURNAL of Japan Neurosurgery 18(2), 2011.
  20. 遠藤 聖, 永田道子, 中井, 井原, 柴田靖,松村: 感染性頭血腫の1例(会議録/症例報告) 茨城県臨床医学雑誌(0910-6782)46: 113(2011.02)
  21. 大須賀 覚、サンペトラ オルテア、松村 明、佐谷秀行:脳腫瘍幹細胞と治療戦略.Mebio. 28(9): 7-14, 2011. (総説)
  22. 大須賀 覚:リンダウノーベル会議参加記(前編)、脳神経外科速報. 21(9): 1034-1039, 2011.
  23. 大須賀 覚:リンダウノーベル会議参加記(後編)、脳神経外科速報. 21(10):1150-1154, 2011.
  24. 小林智哉, 磯辺智範, 門間正彦, 齋藤 創, 加賀和紀, 染谷聡香, 石森佳幸, 宮本勝美, 塩谷清司:Aiを理解する~死後MRIにおける信号変化~. 日本放射線技師会誌 58: 1160-1167, 2011.
  25. 高野晋吾, 山本哲哉, 石川栄一, 中井, 松田真秀, 坂本規彰, 加藤幸成, 松村 Grade IIIグリオーマに対するPAV+テモゾロマイド化学療法の治療成績(会議録) 日本癌治療学会誌(0021-4671)46(2) : 546(2011.09)
  26. 津田恭治, 阿久津博義, 山本哲哉, 石川栄一, 中井, 高野晋吾, 松村, 斉藤厚志: 放射線誘発性小脳膠芽腫の1例(会議録/症例報告) 茨城県臨床医学雑誌(0910-6782)46: 116(2011.02)
  27. 中井 啓 ヘルシンキ大学・脳神経外科滞在記 脳神経外科速報 21: 1280-83, 2011.
  28. 中居康展井原 哲,椎貝真成,滝川知司,細尾久幸,松村 明:もやもや病様の内頸動脈遠位部狭窄に、内頸動脈近位部の拡張と放射線状に分枝した中大脳動脈を伴い、動脈管開存と瞳孔異常を合併した一例. Proceedings Niche Neuro-Angiology Conference 2011.
  29. 中居康展, 松村 明:茨城県支部 支部だより. JSA News(日本脳卒中協会 会報)27: 16-7, 2011.
  30. 松村, 高野晋吾, 山本哲哉, 中井, 石川栄一, 阿久津博義, 松田真秀, 熊田弘明, 桜井英幸 Combined Therapy 脳神経外科におけるcombined therapyの現状と将来展望(会議録) 日本レーザー医学会誌(0288-6200)32(2): 219(2011.08)
  31. 松村, 山本哲哉, 中井, 熊田博明, 松田眞秀, 高野晋吾, 櫻井英幸 レーザー医学研究における量子ビーム融合化先進医療科学研究 ホウ素中性子捕捉療法(BNCT)の現状と将来への展望(会議録) 日本レーザー医学会誌(0288-6200)32(3): 305(2011.10)
  32. 松村 明 : 14th International Congress of Radiation ResearchにおけるBNCTサテライトシンポジウム報告記.医用原子力だより 12: 24‐25, 2011.
  33. 松村 明 : 治療の最前線第12回 脳腫瘍の最新放射線治療.BRAIN 1: 6‐7, 2012.
  34. 水谷太郎,安田 貢:救急診療指針 改訂第4版。XI章 重症患者に対する診療 3、重傷度評価:へるす出版 603-607, 2011.

著書

  1. surushima H, Matsumura A, Malignant Brain Tumors: Role of Radioresponsive Gene Therapy, Springer, Tumors of the Central Nervous system, Volume 3: 287-292, 2011.
  2. Yamamoto T, Nakai K, KumadaH: Tumors of the Central Nervous System, Volume 2 Gliomas: Glioblastoma (Part 2) Series: Tumors of the Central Nervous System, Vol. 2 1st Edition., Chapter 25. GLIOBLASTOMA: BORON NEUTRON CAPTURE THERAPY, Hayat, M.A. (Ed.), Springer, 2011. 
  3. 阿久津博義,磯辺智範:第2章 医の倫理, 阿久津博義,磯辺智範,五月女康作:第8章 患者状態の把握 磯辺智範 編,診療放射線技師 若葉マークのペーシェントケア(株)メジカルビュー(東京)57: 5-7, 2011.
  4. 井原 哲:アルノルト・キアーリ症候群.症候群ハンドブック 総編集 井村裕夫,編集 福井次矢,辻 省次:中山書店(東京): 88,2011.
  5. 磯辺智範: はじめに(2頁)/医の倫理(3-4頁)/MRIの安全性(173-179頁), 診療放射線技師 若葉マークのペーシェントケア 第1版(総頁208)(磯辺智範 編), メジカルビュー社(東京), 2011年8月
  6. 磯辺智範: 理学療法士・作業療法士 グリーン・ノート 基礎編 2nd edition (総頁387)(柳澤 健 編, 編集協力: 磯辺智範, 福士政広), メジカルビュー社(東京), 2011年2月
  7. 磯辺智範: 理学療法士 グリーン・ノート 専門編 2nd edition (総頁324)(柳澤 健 編, 編集協力: 磯辺智範, 福士政広), メジカルビュー社(東京), 2011年2月
  8. 高野晋吾,阿久津博義:第2章 画像診断と周術期管理 神経症候‐視機能温存のために、Neurosurgery now 第15巻 傍鞍部病変の手術 塩川芳昭 編、(株)メジカルビュー(東京) : 70-79, 2011.
  9. 高野晋吾:間脳下垂体疾患の腫瘍マーカー:尿中マトリックスメタロプロテイオナーゼ. 内分泌腺腫瘍-基礎・臨床研究のアップデート- 日本臨床 69 (suppl 2): 155-159, 2011.
  10. 山本哲哉,水本斉志(分担): 脊髄・脊髄腫瘍に対する放射線治療.(編集)大畑建治.NS NOW 脊髄外科 メジカルビュー,東京: 107-113,2011. 
  11. 山本哲哉: 特集 岐路に立つホウ素中性子捕捉療法.医師の立場‐脳神経外科医の視点から.エネルギーレビュー : 19-20, 2011.

学会発表

  1. Bodhak S, Kikuchi M, Oyane A, Sogo Y, Tsurushima H, Ito A: Influence of Ca2+ and Mg2+ Supplementation on In Vitro Biological Properties of Hydroxyapatite/Collagen Nanocomposite Membrane. 11th Asian BioCeramics Symposium (ABC2011) (the Division of Ceramics in Medicine, Biology and Biomimetics, The Ceramic Society of Japan) , National Institute for Materials Science (NIMS) Sengen Site, 2011.11.30-12.2 (Japan)
  2. Bodhak S, Kikuchi M, Oyane A, Sogo Y, Tsurushima H, Ito A: Influence of Ca2+ and Mg2+ Supplementation on In Vitro Biological Properties of Hydroxyapatite/Collagen Nanocomposite Membrane. 23rd International Symposium on Ceramics in Medicine (Bioceramics 23) (International Society for Ceramics in Medicine) 2011.11.6-9 (Turkey)
  3. Bodhak S, Kikuchi M, Oyane A, Sogo Y, Tsurushima H, Ito A: Ca and Mg ions pretreated hydroxyapatite/collagen nanocomposite membrane for superior in vitro bone cell-materials interactions. Abstract CD of 3rd Asian Biomaterials Congress, Korea(2011) 2011.9.15-17(Korea)
  4. Ihara S, Muroi A, Matsumura A: Intraoperative neurophysiological procedures for untethering of secondary tethered cord syndrome. The 23rd Annual Meeting of Korean Society for Pediatric Neurosurgery 2011.5.21 (Seoul)
  5. Isobe T, Akutsu H, Kobayashi T, Tadano K, Hayakawa S, Shiotani S: Evaluation of the metabolism change of the cadaver brain by proton MRS. European Congress of Radiology 2011 2011.3(Vienna, Austria)
  6. Isobe T, Yamamoto Y, Yamamoto T, Kumada H, Akutsu H, Matsumura A, Sakae T: Noninvasive Quantification of L-p-boronophenylalanine (BPA) using Proton MR Spectroscopy. European Congress of Radiology 2011 2011.3(Vienna, Austria)
  7. Isobe T, Okamoto Y, Tadano K, Hirano Y, Sato E, Mori S: Characteristics of intramyocellular lipid content based on the difference in athletic sports by 3 T proton MR spectroscopy. European Congress of Radiology 2011 2011.3 (Vienna, Austria)
  8. Ito A, Oyane A, Mutsuzaki H, Zhang W, Tsurushima H, Sogo Y, Sakane M, Ochiai N, Matsumura A: Bioactive Molecule-Apatite Composite Layer for inducing intended cellular responses.(招待講演)The 9th International Meeting of Pacific Rim Ceramic Societies, Cairns Convention Centre 2011. 7. 10-14( Australia)
  9. Okamoto Y, Tadano K, Masumoto T, Hirano Y, Isobe T, Minami M.: Elucidation for improvement of visualization in the skeletal muscle tractography using probabilistic diffusion tractography - Preliminary result. The 19th Scientific Meeting and Exhibition of International Society for Magnetic Resonance in Medicine(ISMRM) 2011.5(Montreal, Quebec, Canada)
  10. Oyane A, Yazaki Y, Tsurushima H, Sogo Y, Ito A, Yamazaki A: Area-specific gene transfer on a DNA-Fibronectin-Apatite composite layer. 11th Asian BioCeramics Symposium (ABC2011) (the Division of Ceramics in Medicine, Biology and Biomimetics, The Ceramic Society of Japan) , National Institute for Materials Science (NIMS) Sengen Site 2011.11.30-12. 2 (Japan)
  11. Oyane A, Tsurushima H, Yazaki Y, Araki H, Sogo Y, Ito A, Yamazaki A: Control of efficiency and timing of gene transfer on apatite-based composite layers. International Conference on Biomaterials Science 2011 (ICBS2011) (Tsukuba Oxidative Stress Initiative) 2011. 3.15-18
  12. Sato E, Isobe T, Yamamoto T, Akutsu H, Matsushita A, Matsumura A: Can we apply the results of probabilistic diffusion tractography analysis to diffusion tensor tractography analysis? The 97th Annual Meeting of Radiological Society of North America 2011.11.27-12.2(Chicago)
  13. Shida K, Takada K, Isobe T, Hashimoto T, Kobayashi D, Yoshida T, Seki M, Yokota H, Sakurai H, Sakae T.: Basic characteristics of a micro liquid-filled ionization chamber for quality assurance in high-precision radiotherapy. The 6th Japan-Korea Joint Meeting on Medical Physics and 11 th Asia-Oceania Congress of Medical Physics 2011.9(Fukuoka, Japan)
  14. Shirakawa M, Nakai K, Yamamoto T, Yoshida F, Matsumura A: evaluation of liosome modified to Boron-lipopeptide for BNCT 6th young researchers BNCT meeting 2011.12.6 (Taiwan)
  15. Takada K, Isobe T, Shida K, Takahashi H, Seki M, Yokota H, Sakurai H, Sakae T.: Basic characteristics of a CR-39 track-etched detector in a radiotherapy field. The 6th Japan-Korea Joint Meeting on Medical Physics and 11th Asia-Oceania Congress of Medical Physics 2011.9 (Fukuoka, Japan)
  16. Takada K, Isobe T, Shida K, Kobayashi D, Sato E, Seki M, Yokota H, Sakae T, Sakurai H.: An initial experience with the moving table technique for total body irradiation. The 18th East Asia Conference of Radiological Technologists 2011.9
  17. Takano S, Osuka S, Nakai K, Yamamoto T, Ishikawa E, Akutsu H, Matsuda M, Matsumura A: Decrease of the apparent diffusion coefficient in peritumoral edema for the assessment of recurrent glioblastoma treated by bevacizumab, Brain edema 2011, The 15th international symposium of brain edema and cellular injury 2011.10.22-24 (Tokyo)
  18. Yazaki Y, Oyane A, Tsurushima H, Sogo Y, Ito A, Yamazaki A: Antibody immobilized in a DNA-apatite composite layer enhances gene transfer efficiency. 11th Asian BioCeramics Symposium (ABC2011) (the Division of Ceramics in Medicine, Biology and Biomimetics, The Ceramic Society of Japan) , National Institute for Materials Science (NIMS) Sengen Site 2011. 11.30-12. 2(Japan)
  19. Zaboronok A, Yamamoto T, Ishikawa E, Tsuda, K, Nakai K, Sakamoto N, Tsurubuchi T, Akutsu H, Ihara S, Ayuzawa S, Takano S, Matsumura A: Endoscopic intraparenchymal brain tumor biopsy with PDD. 13th International Photodynamic Association World Congress 2011.5.10-14 (Austria)
  20. 青木 司,丹野翔五,細尾久幸,鮎澤 聡,松尾亮太:腹腔鏡補助による水頭症手術(短絡術)の経験.第29回筑波脳神経外科研究会,2010.2.6(つくば)
  21. 青木 司,三木俊一郎,鮎澤 聡,松村 明,松尾亮太:水頭症手術(短絡術)における腹腔鏡補助下腹側カテーテル挿入の有用性.第70回日本脳神経外科学会 2011.10.13(横浜)
  22. 青木 司,鮎澤 聡,三木 俊一郎,松村 明:脳卒中後の痙縮に対する髄腔内バクロフェン療法の有効性.第64回済生会学会 2011.10.22-23(香川)
  23. 阿久津博義,高野晋吾,山本哲哉,村下秀和,星野朝文,松村 明:鞍結節髄膜腫に対する拡大経蝶形骨洞手術 第62回関東脳神経外科懇話会 2011.7.2(東京)
  24. 阿久津博義,磯辺智範,只野喜一,山本哲哉,佐藤英介,椎貝真成,増本智彦,石川栄一,高野晋吾,松村 明:ProtonMRSにおけるsingle voxel法とmulti voxel法の比較 第40回日本神経放射線学会 2011.2.24-26 (品川)
  25. 阿久津博義,増田洋亮,中居康展,中井 啓,石川栄一,山本哲哉,高野晋吾,松村 明:脊髄硬膜動静脈瘻手術における術中ICG videoangiographyの有用性 第11回術中画像情報学会 2011.6.18 (名古屋)
  26. 阿久津博義,高野晋吾,村下秀和,星野朝文,松村 明:Four hands techniqueを用いた経鼻内視鏡手術のセッティング (ビデオシンポジウム) 第18回日本神経内視鏡学会 2011.11.17-18 (岡山)
  27. 阿久津博義,高野晋吾,村下秀和,星野朝文,松村 明:Four hands techniqueを用いた内視鏡下拡大経蝶形骨洞手術(シンポジウム) 第21回日本間脳下垂体腫瘍学会  2011.3.11-12(秋葉原)
  28. 阿久津博義,高野晋吾,村下秀和,上前泊 功,松村 明:脊索腫に対するfour hands techniqueを用いた経鼻内視鏡手術 第63回関東脳神経外科懇話会 2011.11.5 (東京)
  29. 阿久津博義,高野晋吾,村下秀和,上前泊 功,星野朝文,松村 明:間脳下垂体腫瘍に対する内視鏡下経鼻的腫瘍摘出術の戦略と工夫: 耳鼻咽喉科との合同手術- 利点と適応 第16回脳腫瘍の外科学会2011.9.9-10(横浜)
  30. 阿久津博義,高野晋吾,村下秀和,上前泊 功:経鼻頭蓋底手術における頭蓋底再建の工夫 第6回東日本下垂体手術ビデオデモンストレーション 2011.8.6 (東京)
  31. 阿久津博義,高野晋吾,村下秀和,星野朝文,松村 明:Four hands techniqueを用いた内視鏡下拡大経蝶形骨洞手術 第23回日本頭蓋底外科学会 2011.6.16-17 (大阪)
  32. 阿久津博義,高野晋吾,渡邉真哉,坂本規彰,小磯隆雄,星野朝文,松村 明:斜台部脊索腫に対する経鼻内視鏡手術 第24回茨城県脳腫瘍治療研究会 2011.2.18 (つくば)
  33. Akutsu H, Takano S, Murashita H, Uemaedomari I, Matsumura A: Extended endoscopic transsphenoidal surgery using four hands technique. 第26回日本脳神経外科国際学会フォーラム 2011.7.22-23(福岡)
  34. 相澤哲史,鈴木雅之,中馬越清隆,阿久津博義,里見介史,高橋幸利,玉岡 晃:髄液抗グルタミン酸受容抗体陽性を示した血管内悪性リンパ腫症の28歳女性例 2011.2.4
  35. 鮎澤 聡,井原 哲,松原鉄平,松村 明:髄腔内バクロフェン療法の疾患別有効性と治療上の留意点.第70回日本脳神経外科学会総会、2011.10.13(横浜)
  36. 鮎澤 聡,井原 哲,松原鉄平,松村 明:髄腔内バクロフェン療法の短期成績と問題点.第50回日本定位・機能神経外科学会、2011.1.22(広島)
  37. 鮎澤 聡,井原 哲,松原鉄平,松村 明:髄腔内バクロフェン療法の効果に関する疾患別検討 Movement Disorder研究会 2011.10.14(つくば)
  38. 池田 剛,中居康展,伊藤嘉朗, 滝川知司, 松村 明,椎貝真成,増本智彦:Enterprise VRDを用いたコイル塞栓術の初期成績.第14回茨城血管疾患研究会 2011.1.22(つくば)
  39. 池田 剛,中居康展,伊藤嘉朗, 滝川知司, 松村 明,椎貝真成,増本智彦:Enterprise VRDを用いたコイル塞栓術の初期成績.第29回筑波脳神経外科研究会 2010.2.6(つくば)
  40. 磯辺智範, 高田健太, 橋本孝之, 橋井晴子, 志田晃一, 高橋英希, 大川綾子, 熊田博明, 櫻井英幸, 榮 武二:陽子線治療場における固体飛跡検出器の基本特性.日本放射線腫瘍学会第24回学術大会 2011.11(神戸ポートピアホテル)
  41. 磯辺智範, 藤淵俊王, 高田健太, 志田晃一, 櫻井英幸, 榮 武二:密封小線源治療におけるsemi-orthogonal法の線源位置取得精度. 日本放射線腫瘍学会第24回学術大会 2011.11(神戸ポートピアホテル)
  42. 磯辺智範, 榮 武二, 森 祐太郎, 高橋英希:土壌における放射性物質濃度測定法の検討. 第39回日本放射線技術学会秋季学術大会 2011.10(神戸国際会議場)
  43. 磯辺智範, 岡本嘉一, 平野雄二, 森慎太郎, 佐藤英介, 鈴木浩明:骨格筋proton MRSにおける計測成功率に関する検討. 第39回日本放射線技術学会秋季学術大会 2011.10(神戸国際会議場)
  44. 磯辺智範, 志田晃一, 高田健太, 鈴木慶史, 小林大輔, 絹村瑛実, 照沼利之, 関正志, 奥村敏之, 櫻井英幸, 榮 武二:ガラス線量計を利用した放射線治療品質管理の提案. 第2回茨城放射線腫瘍研究会 2011.10(つくば国際会議場)
  45. 磯辺智範, 阿久津博義, 椎貝真成, 平野雄二, 佐藤英介, 山本哲哉, 増本智彦:1H-MRSを用いた脳内代謝診断におけるsingle voxel法とmulti voxel法の比較. 第39回日本磁気共鳴医学会大会 2011.9(リーガロイヤルホテル小倉)
  46. 磯辺智範, 阿久津博義, 平野雄二, 岡本嘉一, 椎貝真成, 増本智彦, 佐藤英介, 阿武 泉, 山本哲哉, 松村 明:LCModelのwater scalingによる定量値に関して. 第39回日本磁気共鳴医学会大会2011.9(リーガロイヤルホテル小倉)
  47. 磯辺智範, 岡本嘉一, 平野雄二, 森 慎太郎, 高橋英希, 佐藤英介, 篠田和哉:種々の骨格筋におけるFA値のstandard value. 第39回日本磁気共鳴医学会大会2011.9(リーガロイヤルホテル小倉)
  48. 磯辺智範, 津田啓介,藤崎達也,阿部慎司,榮 武二: 医学物理教育における多施設連携型eラーニングシステムの構築. 第5回日本診療放射線学教育学会学術集会2011.8(群馬県立県民健康科学大学, 前橋)
  49. 磯辺智範, 小林智哉, 只野喜, 阿久津 博義, 早川秀幸, 塩谷清司:死後画像診断における新たな評価ツール-死後脳のproton MRS-. 日本放射線技術学会第67回総会学術大会2011.5(WEB開催)
  50. 磯辺智範, 只野喜一, 阿久津 博義, 平野雄二, 佐藤英介, 山本哲哉, 増本智彦:解析ソフトの違いによるproton MRSデータへの影響. 日本放射線技術学会第67回総会学術大会2011.5(WEB開催)
  51. 磯辺智範, 只野喜一, 阿久津 博義, 平野雄二, 佐藤英介, 椎貝真成, 山本哲哉:脳proton CSIにおけるデータ取得条件に関する基礎的検討. 日本放射線技術学会第67回総会学術大会2011.5(WEB開催)
  52. 磯辺智範, 只野喜一, 平野雄二, 森 慎太郎, 佐藤英介, 岡本嘉一:骨格筋FA値のstandard map. 日本放射線技術学会第67回総会学術大会2011.5(WEB開催)
  53. 磯辺智範, 高橋英希, 橋本孝之, 高田健太, 藤淵俊王, 熊田 博明, 榮 武二:放射線治療場におけるCR-39の基本特性. 日本放射線技術学会第67回総会学術大会2011.5(WEB開催), 
  54. 入江恵子, 根来 眞, 中居康展, 中原一郎, 加藤庸子, 広瀬雄一:脳動脈瘤コイル塞栓術におけるシミュレーターを用いた治療手技習得の有用性. 第40回日本神経放射線学会2011.2.25(東京)
  55. 入江恵子, 中居康展, 中原一郎, 根来 眞, 広瀬雄一:脳動脈瘤コイル塞栓術におけるコンピューターシミュレーターを用いたハンズオントレーニングの有用性?第26回JSNETハンズオンセミナーにおいて?. 第27回日本脳神経血管内治療学会学術総会2011.11.25(千葉)
  56. 伊藤嘉朗, 奥村敏之, 中居康展, 鈴木謙介, 櫻井英幸, 松村 明, 徳植公一, 坪井康次:(シンポジウム:High ?grade AVMの集学的治療)AVMに対する陽子線治療の長期成績-大型AVMに対する塞栓術と陽子線治療の併用療法の効果-.第40回日本脳卒中の外科学会2011.7.31(京都)
  57. 井原 哲,鮎澤 聡,松原鉄平,松村 明:重度痙縮小児に対する髄腔内バクロフェン療法.第39回日本小児神経外科学会、2011.5.26-27(仙台)
  58. 井原 哲,室井 愛,松村 明:再係留解除術における術中神経生理学的手技 第28回日本二分脊椎研究会, 2011.7.9(神戸)
  59. 井原 哲,榎本貴夫,谷中清之,室井 愛,松村 明:小児もやもや病に対する低侵襲穿頭術の長期成績 第70回日本脳神経外科学会総会, 2011.10.14(横浜)
  60. 井原 哲,山本哲哉,高野晋吾,松村 明,福島 敬:Anaplastic ependymomaに対する集学的治療 第2回関東小児脳腫瘍カンファレンス, 2011.10.22(東京)
  61. 井原 哲,増田洋亮,高野晋吾,松村 明:脊髄髄膜瘤に伴う水頭症-内視鏡的第3脳室開窓術によりシャント離脱できたが術中判断に迷った症例- 第7回新都心神経内視鏡症例検討会 2011.10.29(東京)
  62. 井原 哲,高野晋吾,山本哲哉,松村 明:松果体部胚細胞腫瘍に伴う非交通性水頭症に対する内視鏡的第3脳室開窓術の長期成績 第18回日本神経内視鏡学会 2011.11.17(岡山)
  63. 井原 哲,鮎澤 聡,松原鉄平,松村 明:髄腔内バクロフェン療法:年少児に対する工夫 第29回日本こども病院神経外科医会 2011.11.26(大阪)
  64. 石川栄一,山本哲哉,中井 啓,高野晋吾,丸山隆志,田中雅彦,生田聡子,橋本幸一,原田義則,上前洋二,大野忠夫,唐沢克之,松谷雅生,阿部竜也,村垣善浩,松村 明:膠芽腫患者に対する自家腫瘍ワクチンと放射線・化学療法を用いた臨床多施設共同試験の経過報告. 第8回がんワクチン療法研究会 2011.11(東京)
  65. 石川栄一,山本哲哉,中井 啓、高野晋吾,丸山隆志,田中雅彦,生田聡子,橋本幸一,原田義則,上前洋二,大野忠夫,唐沢克之,松谷雅生,阿部竜也,村垣善浩,松村 明:膠芽腫患者に対する自家腫瘍ワクチンとテモゾロマイドを用いた臨床多施設共同試験 第29回日本脳腫瘍学会学術集会 2011.11(岐阜)
  66. 石川栄一,高野晋吾,山本哲哉,坪井康次,坂本規彰,田中雅彦,丸山隆志,生田聡子,村垣善浩,松谷雅生,唐沢克之,上前洋二,橋本幸一,原田義則,大野忠夫,松村 明:初発膠芽腫患者に対する放射線、テモゾロマイドおよび自家腫瘍ワクチンを用いた多施設共同臨床研究(Phase I/IIa)の中間報告. 日本脳神経外科学会 第70回学術総会 2011. 10
  67. 石川栄一:組織学的な若手研究者海外派遣事業を利用したPittsburgh短期留学記. 組織学的な若手研究者海外派遣事業第2回帰国者報告会 2011.7(つくば)
  68. 石川栄一:論文の書き方について. 脳神経外科リサーチミーティング 2011.7(つくば)
  69. 石川栄一:自家腫瘍ワクチンとテモゾロマイド・放射線治療を併用する新規ワクチン研究の中間報告. 新規ワクチン研究ミーティング 2011.6(東京)
  70. 磯辺智範,阿久津博義,平野雄二,岡本嘉一,椎貝正成,増本智彦,佐藤英介,阿武 泉,山本哲哉,松村 明:LC Modelのwater scaling による定量値に関して 第39回日本磁気共鳴医学会大会 2011.9.29-10.1 (小倉)
  71. 磯辺智範,阿久津博義,椎貝真成,平野雄二,佐藤英介,山本哲哉,増本智彦,松村 明:1H-MRSを用いた脳内代謝診断におけるsingle voxel法とmulti voxel法の比較 第39回日本磁気共鳴医学会大会 2011.9.29-10.1 (小倉)
  72. 磯辺智範,只野喜一,阿久津博義,平野雄二,佐藤英介,山本哲哉,増本智彦:解析ソフトの違いによるproton MRSデータへの影響 日本放射線技術学会 2011.4 (横浜)
  73. 磯辺智範,只野喜一,阿久津博義,平野雄二,佐藤英介,椎貝真成,山本哲哉:脳proton CSIにおけるデータ取得条件に関する基礎的検討 日本放射線技術学会 2011.4 (横浜)
  74. 磯辺智範,小林智哉,只野喜一,阿久津博義,早川秀幸,塩谷清司:死後画像診断における新たな評価ツール-死後脳のproton MRS- 日本放射線技術学会 2011.4(横浜)
  75. 大須賀覚,松下 明,石川栄一,五月女康作,丸島愛樹,山本哲哉,阿久津博義,増本智彦,佐藤直昭,松村 明:拡散異方性を利用した非侵襲的頭蓋内圧評価、第34回日本脳神経CI学会総会 2011.2.4-5(米子)
  76. 大須賀覚,Sampetrean Oltea,嵯峨伊佐子,赤畑正樹,高野晋吾,佐谷秀行:脳腫瘍幹細胞の放射線抵抗性メカニズムの検証、第29回筑波脳神経外科研究会 2011.2.6(つくば)
  77. 大須賀覚,サンペトラ オルテア,嵯峨伊佐子,大西伸幸,杉原英志,清水孝恒,高野晋吾,松村明,佐谷秀行:誘導脳腫瘍幹細胞を用いた放射線抵抗性獲得モデルの確立.第70回日本癌学会学術総会2011.10.3-5(名古屋)
  78. 大須賀覚,サンペトラ オルテア,嵯峨伊佐子,大西伸幸,杉原英志,清水孝恒,高野晋吾,松村明,佐谷秀行:誘導型脳腫瘍幹細胞を利用した治療抵抗性細胞群の解析.第70回日本脳神経外科学会学術総会 2011.10.12-14(横浜)シンポジウム
  79. Osuka S: The development of new imaging modality visualizing microstructural tissue compression in the brain. The 2nd Leading Graduate Schools International Conference 2011.11.1-2(つくば)Symposium
  80. 大須賀覚,サンペトラ オルテア,嵯峨伊佐子,大西伸幸、杉原英志,清水孝恒,高野晋吾,松村明,佐谷秀行:誘導型脳腫瘍幹細胞を利用した放射線抵抗性細胞群の解析.第29回日本脳腫瘍学会学術集会 2011.11.27-29(下呂)
  81. 岡本嘉一, 磯辺智範, 鈴木浩明, 平野雄二, 南 学:3T 1H-MR spectroscopy(1H-MRS)とLCModelによる骨格筋IMCLとEMCL計測成功率の計測対象による差異の検討. 第39回日本磁気共鳴医学会大会 2011.9(リーガロイヤルホテル小倉)
  82. 岡本嘉一,小原 真,那須克宏, 磯辺智範, 平野雄二, 南 学:Multi-b diffusionを用いた骨格筋細胞内腔と外腔の比率(fraction)測定の試み. 第39回日本磁気共鳴医学会大会 2011.9(リーガロイヤルホテル小倉)
  83. 岡本嘉一, 磯辺智範, 平野雄二, 只野喜一, 鈴木浩明, 南 学:3T MRIを用いた健常ボランティアの骨格筋細胞内脂肪と身体データとの相関性の観察と検討. 第70回日本医学放射線学会総会 2011.5(WEB開催)
  84. 大塚勇平, 佐藤英介, 磯辺智範, 平野雄二, 只野喜一, 岡本嘉一:下腿筋DTIのFA値測定における関心領域方法の基礎的検討.日本放射線技術学会第57回関東部会研究発表大会2011.2(大宮ソニックシティ)
  85. 小沼 邦之, 石川 栄一, 松田 真秀, 柴田 靖, 高野 晋吾, 松村 明:ナビゲーション誘導下内視鏡的腫瘍生検にて確定診断した脳実質内Germinomaの1例. 第116回日本脳神経外科学会関東支部会 2011.12(東京)
  86. 大矢根綾子,矢崎侑振,鶴嶋英夫,十河 友,伊藤敦夫,山崎淳司:アパタイト複合層を利用した場所特異的遺伝子導入.つくば医工連携フォーラム2011(つくばバイオマテリアル・医工学研究会) 2011. 1. 26(つくば)
  87. 加藤 守, 千田浩一, 磯辺智範, 盛武 敬, 小口靖弘, 大阪 肇, 土佐鉄雄:Flat Panel Detector(FPD)搭載血管撮影装置におけるガラス線量計の諸特性について. 日本放射線技術学会第67回総会学術大会 2011.5(WEB開催)
  88. 金 暎浩,中村和弘,阿久津博義,中井 啓,松村 明:頚胸椎移行部dumbbell型神経鞘腫の1例. 第13回茨城県脊髄・脊椎研究会 2011.11.25 (つくば)
  89. 金 暎浩, 石川 栄一, 高野 晋吾, 松下 明, 増田 洋亮, 鮎澤 聡, 相山 仁,山本 哲哉, 村垣 善浩, 松村 明:術中言語野マッピングで非典型的部位に言語野が同定された神経膠芽腫の2例. 第115回日本脳神経外科学会関東支部会 2011.9(東京)
  90. 小林大輔, 志田晃一, 高田健太, 磯辺智範, 櫻井英幸:筑波大学付属病院における独立検証. 第1回茨城放射線腫瘍研究会 2011.2(つくば国際会議場)
  91. 小松洋治,松原鉄平,松田真秀,益子良太,上村和也,中居康展,松村明:頚動脈内膜剥離手術の安全性向上を意識した周術期管理と手技. 第40回日本脳卒中の外科学会 2011.7.30-8.1(京都)
  92. 小松洋治, 青柳 滋, 原 拓真, 藤原雄介, 益子良太, 上村和也, 中居康展, 松村 明:頸動脈内膜剥離手術の危険因子を意識した手術適応と周術期管理. 第70回日本脳神経外科学会総会 2011.10.14(横浜)
  93. 小松洋治,松原鉄平,松田真秀,益子良太,上村和也,廣木昌彦,中居康展,松村明:rt-PA静注療法の転帰因子の検討 第36回日本脳卒中学会 2011.7.30-8.1(京都)
  94. 坂倉和樹,増田洋亮,鮎澤 聡,松村 明:治療に苦慮した低髄液圧に伴う慢性硬膜下血腫の一例.第82回茨城県脳神経外科集談会 2011.10.30(水戸)
  95. 佐藤英介,磯辺智範,鈴木隆佑,只野喜一,阿久津博義,山本哲哉,松下 明,五月女康作,大須賀 覚,阿武 泉,菅 信一,松村 明:確率的トラクトグラフィから抽出した関心領域の拡散テンソルトラクトグラフィへの適応. 第40回日本神経放射線学会  2011.2.24-26(品川)
  96. 佐藤英介, 磯辺智範, 鈴木隆佑, 只野喜一, 阿久津 博義, 山本哲哉, 松下 明, 五月女 康作, 大須賀 覚, 阿武 泉, 管 信一, 松村 明:確率的トラクトグラフィから抽出した関心領域の拡散テンソルトラクトグラフィへの適応. 第40回日本神経放射線学会 2011.2(東京コンファレンスセンター, 品川区)
  97. 佐藤允之, 中居康展, 伊藤嘉朗, 中村和弘, 鶴嶋英夫, 椎貝真成, 増本智彦, 松村 明:脳血管造影後の微小塞栓性合併症の検討. 第70回日本脳神経外科学会総会 2011.10.14(横浜)
  98. 佐藤允之, 中居康展, 伊藤嘉朗, 中村和弘, 鶴嶋英夫, 椎貝真成, 増本智彦, 松村 明:脳血管造影後の微小塞栓性合併症の検討. 第27回日本脳神経血管内治療学会学術総会 2011.11.24(千葉)
  99. Sakakura K, Akutsu H, Yamamoto T, Masuda Y, Matsumura A: Trigeminal neuralgia in a patient with Marfan syndrome. 第26回日本脳神経外科国際学会フォーラム 2011.7.22-23 (福岡)
  100. Saotome K, Matsushita A, Osuka S, Satou, Hiroki M, Miyamoto1 K, et al.:Aging changes T2 relaxation time in the corticospinal tract, Section for Magnetic Resonance Technologists (SMRT)  2011.5.7-13(Montreal)
  101. 五月女康作,松下明,大須賀覚,他:32ch Head coilの均質性を向上させるための基礎的検討.第39回日本磁気共鳴学会医学会大会 2011.9.29-10.1(小倉)
  102. 五月女康作, 磯辺智範, 佐藤英介, 篠田和哉, 大久保淳, 平野雄二, 只野喜一, 小林智哉, 斎藤 創, 加藤雄一, 中島博史, 宮本勝美:DTI取得条件およびFA値測定の標準化に向けた多施設共同研究. 第39回日本放射線技術学会秋季学術大会2011.10(神戸国際会議場)
  103. Zaboronok A, Yamamoto T, Ishikawa E, Tsuda K, Matsuda M, Nakai K, Sakamoto N, Tsurubuchi T, Akutsu H, Ihara S, Ayuzawa S, Takano S, Matsumura A: 5-ALA photodynamic diagnosis and intraoperative pathological diagnosis in brain tumor surgery. 第26回日本脳神経外科国際学会フォーラム 2011.7.22-23 (福岡)
  104. 志田晃一, 高田健太, 磯辺智範, 小林大輔, 山本陽平, 関 正志, 櫻井英幸, 榮 武二:6軸ロボットカウチのカーボン天板における線量への影響について. 第101回日本医学物理学会学術大会 2011.4(WEB開催)
  105. 鈴木亮太郎, 中居康展, 中村和弘, 佐藤允之, 伊藤嘉朗, 椎貝真成, 松村 明:親血管閉塞後に延髄・脊髄梗塞を来した部分血栓化椎骨動脈瘤の3例. 第12回茨城脳神経血管内治療カンファレンス 2011.12.10(つくば)
  106. 鈴木亮太郎,中居康展,椎貝真成, 滝川知司, 松村 明:Enterprise VRDを用いたコイル塞栓術の初期成績.第70回日本脳神経外科学会総会 2011.10.14(横浜)
  107. 鈴木貴子, 高橋英希, 磯辺智範, 盛武 敬, 大山高一:頭部IVR時における水晶体被ばく低減システムの効果の検証. 日本放射線技術学会 第57回関東部会研究発表大会 2011.2(大宮ソニックシティ)
  108. 高田健太, 磯辺智範, 小林大輔, 志田晃一, 鈴木慶史, 絹村瑛実, 関 正志, 奥村敏之, 榮 武二, 櫻井英幸:移動寝台法を用いた全身照射のパラメータ設定. 第2回茨城放射線腫瘍研究会 2011.10(つくば国際会議場)
  109. 高田健太, 磯辺智範, 佐藤英介, 志田晃一, 横田 浩, 櫻井英幸, 榮 武二, 只野 喜一:ヨード造影剤が放射線治療計画の線量計算に与える影響. 日本放射線技術学会 第57回関東部会研究発表大会 2011.2(大宮ソニックシティ)
  110. 高野晋吾,山本哲哉,中井 啓,石川栄一,鮎沢 聡,松下 明,阿久津博義,松田真秀,松村 明:グリオーマにおける術中画像モニタリング手術の成果.第16回脳腫瘍の外科学会、2011.9.9(横浜)
  111. 高野晋吾,阿久津博義,中井 啓,石川栄一,山本哲哉,松田真秀,松下 明,鮎沢 聡,松村 明:直近10例のグリオーマにおける術中画像モニタリング手術(シンポジウム) 第11回術中画像情報学会 2011.6.18(名古屋)
  112. 高野晋吾,阿久津博義,鈴木亮太郎,高橋昭光,里見介史,松村 明:低血糖症状で発見された下垂体顆粒細胞腫.日本内分泌病理学会 2011.11.23 (東京)
  113. 高野晋吾,山本哲哉,石川栄一,中井 啓,阿久津博義,松田真秀,加藤幸成,松村 明:Diffuse astrocytomaの治療成績.第70回日本脳神経外科学会総会 2011.10.12-14 (東京)
  114. 高野晋吾,阿久津博義,星野朝文,村下秀和,松村 明:経蝶形骨洞手術後の嗅覚障害(シンポジウム) 第23回日本頭蓋底外科学会 2011.6.16-17 (大阪)
  115. 高野晋吾,阿久津博義,星野朝文,村下秀和,松村 明:経蝶形骨洞手術後の嗅覚障害第21回日本間脳下垂体腫瘍学会 2011.3.11-12 (秋葉原)
  116. 只野喜一,磯辺智範,阿久津博義,山本哲哉,佐藤英介,椎貝真成,平野雄二,増本智彦,松村 明:1H-MRSにおける脳内代謝物の定量結果は解析ソフトの違いによって影響されるか? 第40回日本神経放射線学会 2011.2.24-26(品川)
  117. 丹野翔五,青木 司,鮎澤 聡,細尾久幸:当施設における脊髄硬膜下刺激療法の現状.第29回筑波脳神経外科研究会 2011.2.6(つくば)
  118. 津田恭治,阿久津博義,今井 資,坂田晃子,斉藤厚志,中井 啓,高野晋吾,松村 明:髄腔内に多発性に再発した脊髄髄膜腫の一例. 第29回日本脳腫瘍病理学会 2011.5.20 (東京)
  119. 津田恭治,高野晋吾,阿久津博義,松村 明:当院で経験した中脳海綿状血管腫3例に対する治療方針の検討. 第80回茨城県脳神経外科集談会 2011.3.5 (つくば)
  120. 津田恭治,石川栄一,阿久津博義,井原哲,山本哲哉,高野晋吾,松村明:脳実質内腫瘍に対するナビゲーション下内視鏡的生検術. つくば脳神経外科研究会 2011.2
  121. 津田恭治,高野晋吾,今井 資,松原鉄平,阿久津博義,松村明:当院で経験した中脳海綿状血管腫3例に対する治療方針の検討. 第40回日本脳卒中の外科学会 2011. 7
  122. 津田恭治,鶴嶋英夫,高野晋吾,坪井康次,松村明:甲状腺乳頭癌転移性脳腫瘍5例のまとめ. 日本脳神経外科学会第70回学術総会 2011.10
  123. 鶴嶋英夫,小野幸雄,中田義隆,平沼ゆり,松村明:脳ドック受診者における頸動脈動脈硬化症の促進因子の探索. 第20回日本脳ドック学会総会 2011.7.8 (新宿)
  124. 鶴嶋英夫,丸島愛樹,大矢根綾子,十河 友,伊藤敦夫,松村明:FGF-2 担持アパタイトによる頭蓋骨形成術用の生体材料.つくば医工連携フォーラム2011(つくばバイオマテリアル・医工学研究会)2011. 1.26(つくば)
  125. 鶴嶋英夫,鶴田和太郎,丸島愛樹,伊藤嘉朗,中村和弘,松村明:虚血性脳血管障害におけるDrug Delivery Systemナノ粒子治療. (シンポジウム)第70回日本脳神経外科学会学術総会 2011.10.12-14(横浜)
  126. 鶴嶋英夫, 中居康展, 中村和弘, 伊藤嘉朗, 佐藤允之, 兵藤一行, 黒田隆之介, 松下昌之助, 松村 明:可視不能な体内植え込み型医療機器のリアルタイム可視化装置の開発. 第27回日本脳神経血管内治療学会学術総会 2011.11.26(千葉)
  127. 照沼利之, 榮 武二, 安岡 聖, 熊田博明, 磯辺 智範, 佐藤 勝, 細野 勝久, 石田 真也, 宮本 俊男, 川畑 徹, 森谷健二, 桜畠広明, 小林薫, 真山 栄, 佐々木隆太, 櫻井英幸:筑波大学陽子線医学利用研究センターの東日本大地震発生による影響と対応. 第8回日本粒子線治療臨床研究会 2011.9(群馬大学医学部刀城会館)
  128. 中井啓,山本哲哉,高田智也,熊田博明,松田真秀,吉田文代,遠藤聖,相山仁,高野晋吾,松村明:悪性脳腫瘍BNCTにおける最大皮膚線量と術後創傷治癒について. 第8日本中性子,石川栄一,阿久津博義,高田智也,松田真秀,山本哲哉,高野晋吾,坪井康次, 松村明:再発神経膠芽腫に対する再手術の役割.第70回日本脳神経外科学会学術総会 2011.10.14(横浜)
  129. 中井啓,松村明:脊髄・脊椎手術 術後慢性疼痛に対するデュロテップパッチ使用の試み. 第26回日本脊髄外科学会 2011.6.8(沼津)
  130. 中居康展, 松村 明, 椎貝真成, 相澤哲史, 石井一弘, 玉岡 晃:興味深い画像所見を呈した脊髄病変の一例. 第3回新潟脳血管内治療セミナー 2010.1.29(苗場)
  131. 中居康展,井原 哲,椎貝真成,滝川知司,細尾久幸,松村 明:もやもや病様の内頸動脈遠位部狭窄に、内頸動脈近位部の拡張と放射線状に分枝した中大脳動脈を伴い、動脈管開存と瞳孔異常を合併した一例. 第5回ニッチ脳神経脈管カンファレンス 2011.5.21(大阪)
  132. 中居康展, 池田 剛, 井原 哲, 佐藤允之, 中村和弘, 松村 明:(シンポジウム3:Onyx)NBCAとOnyx 脳動静脈奇形摘出術からみた両者の比較. 第8回日本脳神経血管内治療学会関東地方会 2011.6.4(東京)
  133. 中居康展,井原 哲,椎貝真成,滝川知司,細尾久幸,松村 明:もやもや病様の内頸動脈遠位部狭窄に、内頸動脈近位部の拡張と放射線状に分枝した中大脳動脈を伴い、動脈管開存と瞳孔異常を合併した一例.  第21回房総脳血管内治療カンファレンス 2011.7.9(千葉)
  134. 中居康展, 松村 明, 入江恵子, 中原一郎:Vascular Interventional Simulation Trainer (VIST)を用いた脳神経血管内治療の習熟度評価. 第43回日本医学教育学会 2011.7.23(広島)
  135. 中居康展, 阿久津博義, 松村 明:大学病院連携型高度医療人養成推進事業:東関東・東京高度医療人養成ネットワークの現状と課題. 第43回日本医学教育学会 2011.7.23(広島)
  136. 中居康展, 池田 剛, 滝川知司, 松村 明, 椎貝真成, 増本智彦, 佐藤允之, 藤田桂史, 亀崎高夫:術前塞栓術が行われた脳動静脈奇形の手術. 第40回日本脳卒中の外科学会2011.7.31(京都)
  137. 中居康展, 中村和弘, 伊藤嘉朗, 佐藤允之, 松村 明, 奥村敏之, 水本斉志, 坪井康次:(特別シンポジウム:High grade AVMの安全な治療)大型のHigh grade AVMの集学的治療.第70回日本脳神経外科学会総会 2011.10.14(横浜)
  138. 中居康展, 中村和弘, 椎貝真成, 井原 哲, 佐藤允之, 伊藤嘉朗, 滝川知司, 鈴木謙介, 松村 明:(ミニシンポジウム:脳動静脈奇形:Onyxの出現による治療の変化)NBCAとOnyx 脳動静脈奇形摘出術からみた両者の比較.第27回日本脳神経血管内治療学会学術総会 2011.11.24(千葉)
  139. 中村和弘, 鶴嶋英夫, 丸島愛樹, 伊藤嘉朗, 長野真澄, 山下年晴, 鈴木謙介, 大根田修, 松村明:急性期脳梗塞に対する血管内皮前駆細胞(EPC; endothelial progenitor cell)を用いた細胞治療に関する研究 Stroke2011 2011.7.30-8.1(京都)シンポジウム
  140. 中村和弘, 中居康展, 大橋麻耶, 佐藤允之, 伊藤嘉朗, 椎貝真成, 滝川知司, 鈴木謙介, 松村 明:当院における内頸動脈大型未破裂動脈瘤の治療方針.第70回日本脳神経外科学会総会 2011.10.12(横浜)
  141. 中村和弘, 中居康展, 大橋麻耶, 佐藤允之, 伊藤嘉朗, 椎貝真成, 滝川知司, 鈴木謙介, 松村 明:当院における内頸動脈大型未破裂動脈瘤の治療方針. 第27回日本脳神経血管内治療学会学術総会 2011.11.24(千葉)
  142. 中尾準三,高野晋吾,阿久津博義,松村 明:特異な画像所見を呈した前頭葉腫瘤の一例. 日本脳神経CI学会 2011.2(島根) 
  143. 野中雄一郎,大井静雄,伊達裕昭,西本 博,白根礼造,松村 明,鈴木倫保,稲垣隆介,長坂昌登:小児水頭症治療におけるPAEDI-GAVシャントバルブ使用例の有効性に関する前方視的多施設共同調査結果最終報告. 第70回日本脳神経外科学会総会 2011.6.16-17 (大阪)
  144. 星野朝文,村下秀和,田渕経司,原 晃,阿久津博義,高野晋吾:内視鏡下経鼻下垂体手術後の鼻腔の形態について. 第112回日本耳鼻咽喉科学会総会・学術講演会 2011.5.18-21 (京都)
  145. 平田浩二, 佐藤允之, 高橋利英, 片山 亘, 藤田桂史, 中居康展, 亀崎高夫, 松村 明:コイル塞栓術後に痙攣発作を起こした後交通動脈瘤の一例. 第27回日本脳神経血管内治療学会学術総会 2011.11.25(千葉)
  146. 松田真秀,松原鉄平,益子良太,上村和也,小松洋治:未破裂脳動脈瘤クリッピング術の治療成績と中長期予後. 第40回日本脳卒中の外科学会 2011.7.30-8.1(京都)
  147. 松原鉄平,小松洋治,益子良太,上村和也,松田真秀,松村明:未破裂動脈瘤の経過観察中のくも膜下出血の原因が新生動脈瘤であった症例. 第40回日本脳卒中の外科学会 2011.7.30-8.1(京都)
  148. 松原鉄平,阿久津博義,鮎澤 聡,渡邉真哉,中井 啓,松村 明:脊髄硬膜動静脈瘻を伴わないFoix-Alajouanine syndromeと考えられた1症例.第26回日本脊髄外科学会2011.6.9-10(沼津)
  149. 益子良太,小松洋治,上村和也,松田真秀,松原鉄平,今井 資,原 拓真,廣木昌彦,中居康展,松村 明:くも膜下出血における外転神経麻痺の発生機序とその診断意義. 第36回日本脳卒中学会 2011.7.30-8.1(京都)
  150. 益子良太,小松洋治,上村和也,松田真秀,松原鉄平,今井 資,原 拓真,廣木昌彦,松村 明:被殻出血で搬送された高度脳血管攣縮を伴う破裂前交通動脈瘤の1例. 第36回日本脳卒中学会 2011.7.30-8.1(京都)
  151. 増田洋亮,阿久津博義,中井 啓,安田 貢,松村 明:3D-CTA, MRAを用いた脊髄硬膜動静脈瘻の治療戦略. 第26回日本脊髄外科学会 2011.6.9-10(沼津)
  152. 増田洋亮,阿久津博義,椎貝真成,増本智彦,山本哲哉,松村 明:造影T1強調画像とcisternogram差分画像によるMVD術前検討の有用性. 第40回日本神経放射線学会 2011.2.24-26(品川) 
  153. 増田洋亮,中居康展, 阿久津博義, 佐藤允之, 滝川知司, 中井 啓, 椎貝真成, 増本智彦, 松村 明:脊髄硬膜AVFの治療戦略. 第70回日本脳神経外科学会総会 2011.10.14(横浜)
  154. 松下 明,大須賀 覚,五月女康作,篠田和哉,大久保 淳,阿久津博義,柴田 靖,小松洋治,鮎澤 聡,松村 明:拡散テンソル画像におけるfractional anisotrophy計測手法の比較. 第40回日本神経放射線学会 2011.2.24-26(品川) 
  155. 増本智彦,椎貝真成,阿久津博義,井原 哲,南 学:シネMRIを用いたキアリ1型奇形の小脳扁桃拍動の評価. 第40回日本神経放射線学会 2011.2.24-26(品川) 
  156. Matsubara T, Akutsu H, Nakai K, Matsumura A: Significant improvement after biopsy of Foix-Alajouanine syndrome with no association of dural arteriovenous fistula. 第26回日本脳神経外科国際学会フォーラム 2011.7.22-23 (福岡)
  157. 松田真秀,金田安史,石川栄一,中井啓,山本哲哉,高野晋吾,松村 明:ウイルスエンベロープを用いたdrug delivery systemの開発. 第70回日本脳神経外科学会総会 2011.10.12-14(横浜)
  158. 松田真秀,高野晋吾,小沼邦之,中井啓,石川栄一,山本哲哉,水本斉志,坪井康次,松村 明:再発膠芽腫に対する治療戦略. ニューロオンコロジーの会 2011.12.2(東京)
  159. 村下秀和,上前泊功,田渕経司,原 晃,阿久津博義,高野晋吾:小児における内視鏡下経鼻下垂体部手術の経験. 第50回日本鼻科学会 2011.12.1-3 (岡山)
  160. 丸島愛樹,鶴嶋英夫,長崎幸夫,吉冨徹,藤加珠子,伊藤嘉朗,佐藤雅之,鈴木謙介,平山暁,松村 明:ラジカル含有ナノ粒子による脳血管保護効果. 第70回日本脳神経外科学会学術総会 2011.10.12-14(横浜).
  161. 三木俊一郎,大須賀覚,松下明,五月女康作,石川栄一,山本哲哉,磯辺智範,増本智彦,松村 明:補間処理がFA値測定に与える影響についての検証.第40回日本神経放射線学会 2011.2.25(品川)
  162. 三木俊一郎,阿久津博義,高野晋吾,村下秀和,星野朝文,松村 明:側方進展病変に対する内視鏡下経鼻手術- 翼口蓋窩開放の意義. 第21回日本間脳下垂体腫瘍学会  2011.3.11-12(秋葉原)
  163. 三木俊一郎, 佐藤允之, 中居康展, 青木 司, 片山 亘, 藤田桂史, 亀崎高夫, 松村 明:Merci retrieval systemの初期使用経験.  第27回日本脳神経血管内治療学会学術総会 2011.11.24(千葉)
  164. 三木俊一郎, 佐藤允之, 中居康展, 青木 司, 片山 亘, 藤田桂史, 亀崎高夫, 松村 明:Merci retrieval systemの初期使用経験.  第12回茨城脳神経血管内治療カンファレンス2011.12.10(つくば)
  165. 村下秀和,星野朝文,田渕経司,原 晃,阿久津博義,高野晋吾:内視鏡下経鼻的頭蓋底手術における工夫. 第112回日本耳鼻咽喉科学会総会・学術講演会 2011.5.18-21 (京都)
  166. 室井 愛,井原 哲,榎本貴夫:2歳以下の乳幼児における後頭骨の3D-CT所見. 第29回筑波脳神経外科研究会 2011.2.6(つくば)
  167. 森 慎太郎, 岡本嘉一, 磯辺智範, 平野雄二, 篠田和哉, 加藤雄一, 向井直樹, 宮川俊平:運動誘発性筋損傷後の拡散テンソル画像. 第66回日本体力医学会 2011.9(山口)
  168. 安田 貢:東日本大震災における茨城県急性期災害医療(シンポジウム) 第35回 茨城県救急医学会 2011.9 (つくば)
  169. 安田 貢,鮎澤 聡,滝川知司,鶴嶋英夫,山本哲哉,中居康展,中井 啓,石川栄一,阿久津博義,井原 哲,中村和弘,津田恭治,高野晋吾,松村 明:東日本大震災における脳神経外科医の役割.第70回日本脳神経外科学会総会 2011.10(横浜)
  170. 安田 貢,萩谷圭一,西野衆文,下條信威,河野 了,水谷太郎:茨城県における当院の災害急性期DMAT活動と検証.  第39回日本救急医学会総会 2011.10(東京)
  171. 安田 貢,萩谷圭一,西野衆文,下條信威,河野 了,水谷太郎:東日本大震災で実践した新緊急災害医療体制・被災地茨城県における結果と検証. 第39回日本救急医学会総会 2011.10(東京)
  172. 渡邊慎哉,高野晋吾,阿久津博義,和田哲郎,村下秀和,上前泊功,松村 明:副鼻腔癌に対する経鼻内視鏡・開頭同時手術. 第18回日本神経内視鏡学会 2011.11.17-18 (岡山)
  173. 渡邊真哉,高野晋吾,阿久津博義,水本斉志,坪井康次,松村 明:斜台部脊索腫に対する手術・陽子線治療. 第70回日本脳神経外科学会総会 2011.10.12-14 (東京)
  174. 渡邊真哉,高野晋吾,山本哲哉,阿久津博義,松村 明:中枢性神経細胞腫の血管新生. 第29回日本脳腫瘍病理学会 2011.5.20 (東京)
  175. 渡邉真哉,高野晋吾,阿久津博義,水本斉志,坪井康次,松村 明:斜台部脊索腫に対する手術・陽子線照射. 第21回日本間脳下垂体腫瘍学会 2011.3.11-12(秋葉原) 

講演

  1. 鮎澤 聡:脊髄刺激療法.脊髄刺激療法(SCS)治療検討会 2011.7.8(つくば)
  2. 鮎澤 聡:ITB療法?適応とADLへの影響.第48回日本リハビリテーション医学会学術集会 2011.11.3(幕張)
  3. 鮎澤 聡:ITB療法と地域連携.神奈川脊髄障害ネットワーク第4回研究会 2011.11.25(横浜)
  4. 井原 哲:新生児乳児悪性脳腫瘍に対する外科手術. 第18回筑波大学附属病院オンコロジーカンファレンス 2011.2.23(つくば)
  5. 磯辺智範:放射線同位元素装備機器・放射線発生装置の安全管理. 第1種放射線取扱主任者講習(第334回)2011.12.16
  6. 磯辺智範:放射線防護 知っておきたいミニマム基礎知識. 第一三共株式会社主催 釧路三慈会病院 学術講演会 2011.12.9
  7. 磯辺智範:放射線同位元素装備機器・放射線発生装置の安全管理. 第330回 第1種放射線取扱主任者講習(日本アイソトープ協会) 2011.7.15(駒込)
  8. 磯辺智範:入門講座3(放射線防護)「放射性装備機器および放射線発生装置の安全取扱い」. 第39回日本放射線技術学会秋季学術大会 2011.10(神戸国際会議場)
  9. 磯辺智範:放射線・放射能の正しい理解 -医療従事者として知っておきたい基礎知識-. 平成23年度国保診療施設勤務医師・看護師・事務長等合同研修会 2011.9
  10. 磯辺智範:放射線同位元素装備機器・放射線発生装置の安全管理. 第334回 第1種放射線取扱主任者講習(日本アイソトープ協会) 2011.7.15(駒込)
  11. 磯辺智範:放射線治療装置の分類と特徴. 平成23年度放射線取扱業務従事者に対する教育訓練プログラム 2011.5.17(千葉大学医学部附属病院)
  12. 磯辺智範:がん専門家養成のための研究と実習について(医学物理).第4会関東広域多職種がん専門家チーム養成拠点シンポジウム 2010.11(つくば国際会議場)
  13. 井原 哲:重度痙縮の最新脳神経外科治療. 第53回日本小児神経学会ランチョンセミナー 2011.5.27(横浜)
  14. 井原 哲:頭蓋骨縫合早期癒合症.第39回日本小児神経外科学会・小児神経外科教育セミナー, 2011.5.28(東京)
  15. 井原 哲:小児脊髄脊椎疾患.日本脊髄外科学会第9回教育セミナー, 2011.6.11(沼津)
  16. 井原 哲:小児痙縮の脳神経外科治療-ITB療法を中心に.鳥取ITB療法セミナー2011.9.16(米子)
  17. 井原 哲:小児痙縮の外科治療-ITB療法を中心に. 滋賀県小児ITB療法セミナー2011.9.30(守山)
  18. 井原 哲:SiphonguardTMの臨床成績. CHPV Users Meeting 2011, 2011.10.15(横浜)
  19. 高野晋吾:グリオーマに対する血管新生抑制療法の効果と耐性. 千葉がんシンポジウム2010 2011.1.15(幕張メッセ)
  20. 高野晋吾:グリオーマに関与する内皮細胞:血管内皮前駆細胞と腫瘍血管内皮細胞. 第6回脳腫瘍の基礎シンポジウム 2011.1.29(東京)
  21. 高野晋吾:悪性脳腫瘍に対する血管新生抑制療法. 第31回日本脳腫瘍コングレス総会(ランチョンセミナー)2011.5.8(横浜)
  22. 中居康展, 池田 剛, 椎貝真成, 中村和弘, 伊藤嘉朗, 滝川知司, 松村 明:Enterprise VRDを用いた脳動脈瘤コイル塞栓術の初期治療経験?当施設における周術期管理?.Codman Enterprise VRD users meeting 2011.5.14(埼玉)
  23. 中居康展, 中村和弘, 椎貝真成, 池田 剛, 佐藤允之, 伊藤嘉朗, 井原 哲, 松村 明:Onyxを用いた脳動静脈奇形塞栓術の初期経験. 脳卒中治療講演会in Tsukuba 2011.6.2 (つくば)
  24. 中居康展:脳動脈瘤コイル塞栓術の基本とコツ. 第3回東葛脳血管内治療懇談会 2011.11.7(千葉)
  25. 安田 貢: 心肺蘇生ガイドライン2010. 常総広域消防本部講演会、2011.1.6 (常総広域消防本部守谷消防署)
  26. 安田 貢: 心肺蘇生ガイドライン2010ーサンディエゴアップデート報告ー第1回. 筑波大学附属病院総合臨床教育センター講習会、2011.1.6(筑波大学医学臨床講義室)
  27. 安田 貢: 心肺蘇生ガイドライン2010ーサンディエゴアップデート報告ー第2回. 筑波大学附属病院総合臨床教育センター講習会、2011.1.12(筑波大学医学臨床講義室)
  28. 安田 貢:心肺蘇生ガイドライン2010ーサンディエゴアップデート報告ー、茨城県北部地区メディカルコントロール協議会特別講演日立地区 2011.1.14(日立市消防本部)
  29. 安田 貢:心肺蘇生ガイドライン2010ーサンディエゴアップデート報告ー、茨城県北部地区メディカルコントロール協議会特別講演高萩地区 2011.1.16(高萩市総合福祉センター)
  30. 安田 貢:知っておきたい脳卒中の救急と予防、平成22年度高萩市生活習慣病予防講演会、2011.1.16(高萩市総合福祉センター)
  31. 安田 貢:心肺蘇生ガイドライン2010ーサンディエゴアップデート報告ー、茨城県鹿行地区メディカルコントロール協議会特別講演 2011.1.17(鹿行広域消防本部)
  32. 安田 貢:病院前救護における気管挿管プロトコール.平成22年度第2回茨城県気管挿管再講習 2011.1.19(茨城県立消防学校)
  33. 安田 貢:心肺蘇生ガイドライン2010ーサンディエゴアップデート報告ー.茨城県北部地区メディカルコントロール協議会特別講演 2011.1.21(北茨城市)
  34. 安田 貢:心肺蘇生ガイドライン2010/インストラクターアップデート福島.2011.1.29 (福島市)
  35. 安田 貢:心肺蘇生ガイドライン2010ーサンディエゴアップデート報告ー.茨城県稲敷地区メディカルコントロール協議会 2011.2.9 (東京医科大学茨城医療センター)
  36. 安田 貢:医学部進学セミナー:脳神経外科医・救急医として.茨城県教育庁平成22年度いばらき版サイエンスハイスクール事業 2011.2.12(土浦、茨城県県南障害教育センター)
  37. 安田 貢:心肺蘇生と心血管緊急ガイドライン2010.平成22年度茨城県看護協会継続教育トピックス 2011.2.27(茨城県看護協会看護研修センター)
  38. 安田 貢:心肺蘇生ガイドライン2010ーサンディエゴアップデート報告ー.つくば市消防本部第1回講演会 2011.2.28(つくば市消防本部)
  39. 安田 貢:心肺蘇生ガイドライン2010ーサンディエゴアップデート報告ー.つくば市消防本部第2回講演会 2011.3.7(つくば市消防本部)
  40. 安田 貢:東日本大震災・第一報ー被災中心地にいた私・茨城県災害医療の現実ー.筑波大学社会貢献プロジェクト・ナース2011講演 2011.4.29(筑波大学医学臨床講義室A)
  41. 安田 貢:心肺蘇生ガイドライン2010ーサンディエゴアップデート報告ー.第5回茨城心臓大血管リハビリテーション・運動生理研究会 2011.5.26 (オークラフロンティア筑波)
  42. 安田 貢:東日本大震災における災害医療と病院危機管理.国立がん研究セミナー 2011.7.2 (神奈川県テルモメディカルプラネックス)
  43. 安田 貢:東日本大震災時の茨城県災害医療ー日本DMATの活動ー.第226回茨城外科学会特別講演 2011.7.30(水戸協同病院講堂)
  44. 安田 貢:東日本大震災の災害医療現状と危機管理ー震災を経験して市民ができることー.第23回船橋市市民公開講座2011 2011.9.3(船橋市勤労福祉会館)
  45. 安田 貢:医療機関における災害危機管理.輸血・細胞治療学会関東地方会特別講演 2011.9.17(筑波大学会館)
  46. 安田 貢:医療機関における災害危機管理ー東日本大震災における災害医療ー.平成23年度船橋市立医療センター災害講習会 2011.11.4(船橋市立医療センター講堂)
  47. 安田 貢:医療機関における災害危機管理ー東日本大震災における災害医療ー.平成23年度国立がん研究所東病院災害講習会2011 2011.11.28(国立がん研究所東病院講堂)
  48. Matsumura A : Future Prospects of Neurorehabilitation related to Neurosurgery. International Symposium on Cybernics 2011  2011.3.8 (Tokyo)
  49. 松村 明 : ホウ素中性子捕捉療法〈BNCT〉によるがん治療.第68回「加速器科学研究会」 2011.4.28 (東京)
  50. 松村 明 : 中性子捕捉療法・陽子線による脳神経外科領域の粒子線治療.第22回新お茶の水セミナー 2011.5.28 (東京)
  51. 松村 明,高野晋吾,山本哲哉,中井 啓,石川栄一,阿久津博義,松田真秀,熊田弘明,桜井英幸 : 脳神経外科におけるcombined therapyの現状と将来展望.第21回日本光線力学学会学術講演会 2011.7.2-3 (大阪)
  52. Matsumura A, Yamamoto T, Nakai k, Takano S, Kumada H, Tsuboi K, Sakurai H : High Dose Boron Neutron Capture Therapy (Alpha Particle Therapy) For Newly Diagnosed Glioblastoma. Brain Tumor 2011 2011.6.16-17 (Berlin)
  53. 橋本和幸、松村 明 : 動物実験によるホウ素中性子捕捉療法の新規応用・適応拡大に関する検討. 第6回先進原子力科学技術に関する連携重点研究討論会 原子力機構施設利用一般共同研究成果報告会 弥生研究会:原子力専攻施設共同利用成果報告会、中性子散乱研究施設・設備説明会(仮称)2011.8.24
  54. 中瀬裕之,松村 明:悪性脳腫瘍に対する治療戦略.第5回奈良脳腫瘍研究会 2011.9.22 (大阪)
  55. 松村 明,山本哲哉,中井 啓,熊田博明,松田眞秀,遠藤 聖,石川栄一,高野晋吾,坪井康次,櫻井英幸,村垣善浩:GLioblastomaに対する高線量粒子線治療(BNCT,Proton)を含む新規集学的治療の取り組み。-QOLの維持と治療成績の改善を目指して-.第70回日本脳神経外科学会 2011.10
  56. 松村 明:脳卒中にならないために 脳卒中になってしまったら.社団法人日本脳卒中協会茨城県支部 第5回脳卒中市民公開講座 2011.11.6 (茨城)
  57. 松村 明,山本哲哉,中井 啓,熊田博明,松田眞秀,高野晋吾,櫻井英幸:共催シンポジウム レーザー医学研究における量子ビーム融合化先進医療科学研究 「ホウ素中性子捕捉療法(BNCT)の現状と将来への展望」. 第32回日本レーザー医学会 総会 2011.11 (横浜)
  58. 松村 明:悪性脳腫瘍に対する新規治療の取り組み.山口県脳腫瘍研究会2011.11.26 (山口)

その他

  1. 中居康展(司会):あなたの脳を守ります 最新の脳神経外科予防と治療. 第8回脳神経外科市民公開講座 2011.8.20(東京)
  2. 園部 眞(司会), 中原一郎(コメンテーター), 西山裕孝, 大橋康弘, 小松洋治, 中居康展, 山本信二, 宮田貴広, 寺尾 健:座談会 急性期から慢性期の非心原性脳梗塞治療を考える.Medical Tribune 44(42): 66-69, 2011.10.20
  3. 中居康展(コーディネーター):「ストップ!脳卒中」?日本人に多い脳卒中を撲滅しよう?. 社団法人日本脳卒中協会茨城県支部・株式会社鹿島アントラーズFC・ファイザー株式会社 2011.10.22
  4. 中居康展(コメンテーター):「防げ!脳卒中」.すこやか介護, 茨城放送 2011.11.4
  5. 中居康展(座長):第2部:救急車をどう頼むか「防げ 寝たきり!」. 社団法人日本脳卒中協会茨城県支部 第5回脳卒中市民公開講座 脳卒中にならないために 脳卒中になってしまったら 2011.11.6
  6. 中居康展(パネリスト):パネルディスカッション 「持続可能な事業システムの構築」. 東関東・東京高度医療人養成ネットワーク第4回シンポジウム 2011.11.23(東京)
  7. 中居康展:主任講師 ミニレクチャー シミュレーターを用いた脳神経血管内治療ハンズオンセミナー. 第27回日本脳神経血管内治療学会学術総会 2011.11.24-26(千葉)
  8. 中居康展:インストラクター シミュレーターを用いた脳血管内治療ハンズオンセミナー.第27回日本脳神経血管内治療学会学術総会 2011.11.25-26(千葉)
  9. 橋本孝之, 磯辺智範, 橋井晴子, 大川綾子, 高橋英希, 藤淵俊王, 藤本裕, 砂川和彦, 水野正裕, 阿部英人, 難波将夫, 新田和範, 水野秀之, 米内俊祐, 松藤成弘, 福田茂一, 福村明史, 蓑原伸一, 榮 武二, 櫻井英幸:ペースメーカー等に対する重粒子線照射の影響に関する研究. 平成22年度放射線医学総合研究所重粒子線がん治療装置等共同利用研究報告書.280-281, 2011.11
  10. 橋本孝之, 橋井晴子, 磯辺智範, 大川綾子, 藤淵俊王, 藤本 裕, 砂川和彦, 米内俊祐, 水野秀之, 盛武 敬, 松藤成弘, 福田茂一, 福村明史, 蓑原伸一, 榮 武二, 櫻井英幸: ペースメーカー等に対する重粒子線照射の影響に関する研究. 平成21年度放射線医学総合研究所重粒子線がん治療装置等共同利用研究報告書. 280-281, 2010.6
  11. 増田洋亮,大須賀覚,山本哲哉,石川栄一,松村明,松下 明,井原 哲 :灰白質角三異方性を利用した水頭症病態評価.厚生労働省精神・神経疾患研究費託費(20委-9)発達期における骨格系と脳脊髄液循環動態の発生学的特性に基づく高次脳脊髄機能障害の治療および総合医療に関する研究.総括研究報告書.88-91, 2011
  12. 松村 明、中井 啓、白川 真:新規特許出願「ホウ素クラスター修飾PEG脂質誘導体およびこれを用いたリポソーム」
  13. 安田 貢:Reviewer for the Human and Experimental Toxicology 2011.1
  14. 山本哲哉:トピックス「第14回中性子捕捉療法国際会議レポートと第15回会議」医用原子力だより12: 25-27, 2011 資料確認済み。
  15. 山本哲哉:日本神経内視鏡学会認定医2011.12.1
  16. 松村 明:科学研究費委員会専門委員の委嘱(依頼)2011.11
  17. 松村 明:医療人としての心構えについて.平成23年度医学群フレッシュマンセミナーシラバス 2011.4.13
お問い合わせ

〒305-8576
茨城県つくば市天久保2-1-1

☎029-853-3900(代表番号)
☎029-853-3570(予約センター)