2010年

原著論文

  1. 津田恭治,野口昭三,石川栄一,中居康展,阿久津博義,松村 明:超高齢の脳卒中患者の長期予後の検討. 脳卒中32(3): 268-274, 2010
  2. 丸島愛樹,鈴木謙介,長崎幸夫,吉冨 徹,藤加珠子,鶴嶋英夫,平山 暁,松村 明:脳虚血再灌流における酸化ストレス障害と脳保護療法 pH応答性ラジカル含有ナノ粒子(radical-containing nanoparticle: RNP) の可能性,脳卒中32(6): 552-558,2010.
  3. 丸山隆志,村垣善浩,石川栄一,坪井康次,伊関 洋,大野忠夫,松村 明,岡田芳和:初発神経膠芽腫に対する自家腫瘍ワクチンを用いた免疫療法.Biotherapy 24(6): 448-455,2010
  4. Akutsu H, Kreutzer J, Wasmeier G, Ropers D, Rost C, Mohlig M, Wallaschofski H, Buchfelder M, Schofl C: Acromegaly per se does not increase the risk for coronary artery disease. Eur J Endocrinol 162: 879-886, 2010
  5. Amano M, Ishikawa E, Kujiraoka Y, Watanabe S, Ashizawa K, Oguni E, Saito A, Nakai Y, Ikeda H, Abe T, Uekusa Y, Matsumura A: Vernet's syndrome caused by large mycotic aneurysm of the extracranial internal carotid artery after acute otitis media--case report. Neurol Med Chir (Tokyo). 50(1): 45-48, 2010.
  6. Fujibuchi T, Iimori T, Isobe T, Masuda Y, Uchida Y, Matsubayashi F, Sakae T: Measurement of absorbed doses in organs of medical staff at 18F-FDG PET examination. Radiol Phys Technol 3: 34-39, 2010.
  7. Fujibuchi T, Iimori T, Masuda Y, Uchida Y, Isobe T, Sakae T: Evaluation of a real-time semiconductor dosimeter and measurement of finger dose in nuclear medicine departments. Radiol Phys Technol 3: 53-57, 2010.
  8. Fujita K, Yamamoto T, Kamezaki T, Matsumura A: Efficacy of keishibukuryogan, a traditional Japanese herbal medicine, in treating cold sensation and numbness after stroke: Clinical improvemtnt and skin temperature normalization in 22 stroke patients. Neurol Med Chir (Tokyo) 50: 1-6, 2010
  9. Hasegawa T, Kojima H, Masu C, Fukushima Y, Kojima H, Konokawa K, Isobe T, Sato E, Murayama H, Maruyama K, Umeda T: Creation and application of three-dimensional computer-graphic animations for introduction to radiological physics and technology. Radiol Phys Technol 3: 1-9, 2010.
  10. Ishikawa E, Yamamoto T, Sakamoto N, Nakai K, Akutsu H, Tsuboi K, Takano S, Matsumura A: Low peripheral lymphocyte count before focal radiotherapy plus concomitant temozolomide predicts severe lymphopenia during malignant glioma treatment. Neurol Med Chir (Tokyo), 50(8): 638-644, 2010
  11. Isobe T, Yamamoto T, Akutsu H, Anno I, Shiigai M, Zaboronok A, Masumoto T, Takano S, Matsumura A: Proton MR spectroscopic finding of hemangioblastoma. A case report. Jpn J Radiol 28: 318-321, 2010
  12. Kobayashi T, Isobe T, Shiotani S, Saito H, Saotome K, Kaga K, Miyamoto K, Kikuchi K, Hayakawa H, Akutsu H, Honma K: Postmortem magnetic resonance imaging dealing with low temperature objects. Magn Reson Med Sci 9: 101-108, 2010.
  13. Mashiko R, Takano S, Ishikawa E, Yamamoto T, Nakai K, Matsumura A: Hypoxia-inducible factor 1alpha expression is a prognostic biomarker in patients with astrocytic tumors associated with necrosis on MR image. J Neurooncol. 102(1): 43-50, 2011. [Epub 2010. Jul]
  14. Matsuda M, Nimura K, Shimbo T, Hamasaki T, Yamamoto T, Matsumura A, Kaneda Y: Immunogene therapy using immunomodulating HVJ-E vector augments anti-tumor effects in murine malignant glioma. J Neurooncol. 2010 Aug 22. [Epub ahead of print]
  15. Matsuda W, Akutsu H, Miyamoto S, Noguchi S, Tsunoda T, Sasaki M, Matsumura A: Apparently asymptomatic arachnoid cyst: postoperative improvement of subtle neuropsychological impediment. Case report. Neurol Med Chir (Tokyo) 50: 430-434, 2010
  16. Mizumoto M, Tsuboi K, Igaki H, Yamamoto T, Takano S, Oshiro Y, Hayashi Y, Hashii H, Kanemoto A, Nakayama H, Sugahara S, Sakurai H, Matsumura A, Tokuuye K: Phase I/II Trial of Hyperfractionated Concomitant Boost Proton Radiotherapy for Supratentorial Glioblastoma Multiforme. Int J Radiat Oncol Biol Phys. 77: 98-105, 2010
  17. Morota N, Ihara S, Araki T: Torkildsen shunt: re-evaluation of the historical procedure. Child Nerv Syst 26: 1705-1710, 2010
  18. Morota N, Ihara S, Deletis V: Intraoperative neurophysiology for surgery in and around the brainstem: role of brainstem mapping and corticobulbar tract motor-evoked potential monotoring. Child Nerv Syst 26: 513-521, 2010
  19. Muroi A, Takano S, Satomi K, Matsumura A: Epileptogenic glioma in a 4-year-old child: a case report. Brain Tumor Pathol 27: 127-131, 2010.
  20. Nakahara K, Morota N, Ihara S, Oka H, Matsuoka K, Nakagawa A : Meningeal Melanocytoma Extruded from the Skull of a Neonate Neurol Med Chir (Tokyo) 50: 240-242, 2010
  21. Nakamagoe K, Hosaka A, Kondo Y, Ishikawa E, Tamaoka A: A case of idiopathic hypertrophic cranial pachymeningitis presenting high values of matrix metalloproteinase. BMJ Case Reports E25, 2010
  22. Osuka S, Imai H, Ishikawa E, Matsushita A,Yamamoto T, Nozue H, Ohto T, Saotome K, Komatsu Y, Matsumura A: Mild encephalitis/encephalopathy with a reversible splenial lesion: evaluation by diffusion tensor imaging. Neurol Med Chir (Tokyo) 50(12): 1118-1122, 2010
  23. Osuka S, Matsushita A, Yamamoto T, Saotome K, Isobe T, Nagatomo Y, Masumoto T, Komatsu Y, Ishikawa E, Matsumura A: Evaluation of ventriculomegaly using diffusion tensor imaging: correlations with chronic hydrocephalus and atrophy. J Neurosurg. 112(4): 832-839, 2010.
  24. Oyane A, Murayama M, Yamazaki A, Sogo Y, Ito A, Tsurushima H: Fibronectin-DNA-apatite composite layer for highly efficient and area-specific gene transfer. J Biomed Mater Res A. 92(3): 1038-1047, 2010.
  25. Oyane A, Tsurushima H, Ito A: Highly efficient gene transfer system using a lamnin-DNA-apatitie composite layer. J Gene Med. 12(2): 194-206, 2010.
  26. Takano S, Kamiyama H, Mashiko R, Osuka S, Ishikawa E, Matsumura A: Metronomic treatment of malignant glioma xenografts with irinotecan (CPT-11) inhibits angiogenesis and tumor growth. J Neurooncol. 99(2): 177-85, 2010
  27. Takano S, Mashiko R, Osuka S, Ishikawa E, Ohneda O, Matsumura A: Detection of failure of bevacizumab treatment for malignant glioma based on urinary matrix metalloproteinase activity. Brain Tumor Pathol. 27(2): 89-94, 2010.
  28. Takano S, Yamashita T, Ohneda O: Molecular targets for glioma angiogenesis. J Oncol. 2010: 351908. [Epub 2010 Apr 18.]
  29. Taoka K, Okoshi Y, Sakamoto N, Takano S, Matsumura A, Hasegawa Y, Chiba S: A nonradiationcontaining, intermediate-dose methotrexate regimen for elderly patients with primary central nervous system lymphoma. Int J Hematol 92: 617-623, 2010.
  30. Tsurushima H, Marushima A, Suzuki K, Oyane A, Sogo Y, Nakamura K, Matsumura A, Ito A: Enhanced bone formation using hydroxyapatite ceramic coated with fibroblast growth factor-2. Acta Biomater. 6: 2751-2759, 2010.
  31. Ueno M, Ban HS, Nakai K, Inomata R, Kaneda Y, Matsumura A, Nakamura H: Dodecaborate lipid liposomes as new vehicles for boron delivery system of neutron capture therapy. Bioorg Med Chem. 18(9): 3059-3065, 2010.

著書,総説

  1. 1. 阿久津博義:臨床医がドイツに留学する意義,Echo 26(DAAD友の会誌).p43-45,2010.
  2. 2. 阿久津博義:傍鞍部髄膜腫.田中 聡,秋元治朗編:脳腫瘍ケーススタディ第2巻.エサップ(東京).11-14,2010.
  3. 3. 石川栄一,坪井康次,高野晋吾,松村 明:悪性神経膠腫に対する細胞免疫療法 新時代の脳腫瘍学 -診断・治療の最前線- 日本臨床増刊号,68(10): 511-514,2010.
  4. 磯辺智範,阿久津博義,椎貝真成,増本智彦,只野喜一,平野雄二,佐藤英介,山本哲哉,阿武泉,松村 明:頭部のMRS:緩和時間の変化と定量化:日本磁気共鳴医学会雑誌.30(3): 122-133,2010.
  5. 磯辺智範,佐藤英介,阿久津博義,増本智彦,椎貝真成,只野喜一,山本哲哉,熊田博明,榮 武二,松村 明:MR技術でわかる脳機能情報.医学物理.30 (Sup.1): 23-34,2010.
  6. 磯辺智範,阿久津博義,小林智哉,只野喜一,早川秀幸,塩谷清司:第7章 各施設での取り組み,MRSを用いたAi撮像,これで安心! 診療放射線技師のためのよくわかるオートプシー・イメージング(Ai)検査マニュアル 第1版(総頁127)(阿部一之,樋口清幸,井野賢司 編),ベクトル・コア(東京).99-102,2010.
  7. 磯辺智範:放射線技術学分野における研究倫理とその実情.日本放射線技術学会放射線防護分科会誌.31: 13-14,2010.
  8. 井原 哲:繰り返す嘔吐で発症した小脳腫瘍の1例.田中 聡,秋元治朗編:脳腫瘍ケーススタディ 第2巻.エサップ(東京),p106-109,2010.
  9. 井原 哲:二分脊椎に関連した小児脊椎脊髄疾患 脊髄外科24: 241-248,2010
  10. 大須賀覚,山本哲哉,石川栄一,松下 明,松村 明:拡散テンソル画像による水頭症の評価 小児の脳神経 35: 81-85, 2010
  11. 大須賀覚(編集・執筆),松下 明(編集・執筆),松村 明(監修),青木 司(執筆),磯辺智範(執筆): 学会発表のための動画編集マニュアル―パワポにすぐ貼付!間違いなく動く! 金原出版,2010.
  12. 大矢根綾子,鶴嶋英夫,伊藤敦夫:Surface-mediated transfectionのためのバイオセラミックスの設計と展開,バイオセラミックルネッサンス2010,バイオマテリアル-生体材料- .28(2): 109-115,2010.
  13. 高野晋吾,佐藤弘茂,阿久津博義,益子良太,松村 明:間脳下垂体疾患のバイオマーカーとしての尿中マトリックスメタプロテイナーゼ:日本内分泌学会誌86 Sup.: 8-9,2010.
  14. 高野晋吾,坂本規影,石川栄一,松村 明:悪性脳腫瘍に対するヒト脳腫瘍由来血管内皮細胞ワクチン治療.がん治療のあゆみ29: 7-12,2010.
  15. 高野晋吾:腫瘍血管新生に関わる血管内皮細胞について:血管内皮前駆細胞と腫瘍血管内皮細胞. Haemorheo-Vascular Harmonization 2: 10-13,2010.
  16. 高野晋吾,阿久津博義,相山 仁,井原 哲,山本哲哉,中井 啓,石川栄一,松村 明:脳室近傍腫瘍に対する神経内視鏡手術の有用性と限界.第14回日本脳腫瘍の外科学会講演集,脳腫瘍の外科-Science,Art and Technology,原岡 襄編集,p138-143,2010.
  17. 高野晋吾,阿久津博義,松村 明:経蝶形骨洞手術で治療したトルコ鞍部疾患の変遷と治療成績.第14回日本脳腫瘍の外科学会講演集,脳腫瘍の外科-Science,Art and Technology,原岡 襄編集,p125-129,2010.
  18. 高野晋吾,相山 仁:大きな側脳室内腫瘍へのアプローチ.脳腫瘍実践ケーススタデイ 第2巻東京脳腫瘍治療懇話会 秋元治朗・田中聡 編集.エサップ,p63-66,2010.
  19. 高野晋吾:様々な脳神経症状を呈する頭蓋底腫瘍に対する手術戦略.脳腫瘍実践ケーススタデイ第2巻東京脳腫瘍治療懇話会 秋元治朗・田中聡 編集.エサップ,p126-129,2010.
  20.  高野晋吾:上衣腫をどのような方針で治療するか? EBM脳神経外科疾患の治療2010-2011.宮本亨,新井 一,鈴木倫保,中瀬裕之 編,中外医学社,p127-133,2010.
  21. 高野晋吾:血管新生抑制療法-現状と展望-新時代の脳腫瘍学 日本臨床増68 (suppl 10): 494-505,2010.
  22. 中居康展:VI 疾患の特性と実際の治療法-基本手技の応用編- 脳動脈瘤:解離性脳動脈瘤の血管内治療.パーフェクトマスター 脳血管内治療 必須知識のアップデート(滝 和郎,中原一郎・監修)メジカルビュー社,p218-225,2010.
  23. 中居康展:VII こんなときどうする? -一歩進んだ治療を行なうために-.Trapping後に再出血をきたした破裂急性期解離性椎骨動脈瘤.パーフェクトマスター 脳血管内治療 必須知識のアップデート(滝 和郎,中原一郎・監修)メジカルビュー社,p388-389,2010
  24. 長谷川智之,佐藤英介,磯辺智範:基礎講座パソコンソフト活用術-パーソナルコンピュータを用いた3DCGアニメーション作成の基礎-.日本放射線技術学会雑誌66: 673-677,2010.
  25. 堀 映,松村 明:部分重複脊髄 脊椎脊髄ジャーナル23(3): 165-171, 2010.
  26. 松村 明,磯辺智範:第4章腫瘍脳腫瘍の放射線治療の効果はMRIだけではわからない- MRSの有用性- ,脳神経検査のグノーティ・セアウトンこの検査ではここが見えない Part1 MRI 第1版(総頁211)(小川彰 編),シナジー(東京),p116-121,2010
  27. 松村 明,中井 啓:ホウ素中性子捕捉療法(BNCT)の現状とこれからの展開。DIGITAL EDICINE, 7(6): 32-34 , 2010.
  28. 松村 明:展望。ホウ素中性子捕捉療法(BNCT)-次世代の粒子線治療をめざして- Isotope News 672: 2-6, 2010.
  29. 松村 明:筑波大学における漢方教育の卒前・卒後一体化導入 日経メディカルp14-16, 2010.
  30. 松村 明:Nomade: 脳神経外科専門研修における脊髄・脊椎外科研修について 脊椎脊髄ジャーナル.23(7): 649-650, 2010.
  31.  松村 明:シリーズ漢方診療外来。筑波大学附属病院総合診療科漢方外来,精神神経科漢方外来.斬新な医学教育から生まれた2つの漢方外来 漢方医学.34(1):62-63, 2010.

その他の論文(Proceedings等)

  1.  石川栄一:小児水頭症に対する新しい画像診断法の開発 -MR compression imagingの開発と水頭症病態への応用― Brain and Spinal Cord. 17(1-2): 2-3, 2010.
  2. 磯辺智範,榮 武二,照沼利之,安岡 聖:筑波大学における医学物理教育‐多様な応用力を持つ人材輩出を目指して‐.がんプロフェッショナル養成プラン関東広域多職種がん専門家チーム養成拠点医学物理学人材養成コース平成21年度成果報告書.総頁369, 2010
  3. 三間圀興,中島信昭,山本哲哉,他:大出力レーザー開発委員会報告書-新産業創成を目指すレーザー中性子源開発計画ー.IFEフォーラム.大阪大学レーザーエネルギー学研究センター報告書.2010.
  4. 高野晋吾:膠芽腫由来血管内皮細胞を標的とした血管新生抑制療法の開発および腫瘍内皮幹細胞の同定.日本脳神経財団2007/2008年度研究報告.p70-71,2010.
  5. 滝川知司,鶴嶋英夫,中村和弘,鈴木謙介,鶴田和太郎,松村 明:シロシタゾールによる頸動脈新生内膜肥厚抑制効果の検討.JNET. 4(40): 167, 2010.
  6. 津田恭治,阿久津博義,山本哲哉,石川栄一,中井 啓,斎藤厚志,里見介史,高野晋吾,松村:放射線照射後二次性小脳膠芽腫・髄膜腫の一剖検例.Brain Tumor Pathology. 28 (Suppl): 89, 2010.
  7. 橋本孝之,橋井晴子,磯辺智範,大川綾子,藤淵俊王,藤本 裕,砂川和彦,米内俊祐,水野秀之,盛武 敬,松藤成弘,福田茂一,福村明史,蓑原伸一,榮 武二,櫻井英幸: ペースメーカー等に対する重粒子線照射の影響に関する研究.平成21年度放射線医学総合研究所重粒子線がん治療装置等共同利用研究報告書.p280-281, 2010年
  8. 松村 明:加速器の拓く新しい医学診療―特に中性子捕捉療法についてー.第4回大学生のための素粒子・原子核/物質・生命スクール.サマーチャレンジ講演集,KEKサマーチャレンジ編集委員会編.p59-64, 2010.
  9. 松村 明,山本哲哉,鶴淵隆夫,松田真秀,中井 啓,石川栄一,木村 泰,高野晋吾: 脳神経外科領域におけるPDD・PDT 脳腫瘍手術における術中蛍光診断の臨床的意義と今後の課題(会議録).日本レーザー医学会誌.31(3): 308, 2010.
  10. 山本哲哉: ホウ素中性子捕捉療法の現状と課題.第8回東京理科大学DDS研究センターシンポジウム2010要旨集: p17-21, 2010.
  11. 山本哲哉: 悪性脳腫瘍治療の現状と中性子捕捉療法.産業技術総合研究所 計測フロンティア研究部門第19回公開セミナー講演集.加速器ライフサイエンス研究の新展開.p1-6, 2010.
  12. 山本哲哉: 脳腫瘍に対する中性子捕捉療法.医用原子力研究振興財団,医用原子力だより.10: 5-10, 2010.
  13. Endo K, Yamamoto T, Nakai K, Kumada H, Shibata Y, Matsumura A: JRR-4 facility for animal irradiation experiments. Proceedings of 14th International congress on neutron capture therapy, (Ed) Liberman S, p427, 2010.
  14. Matsumura A, Yamamoto T, Ishikawa E, Nakai K, Endo K, Takano S, Shibata Y: BNCT and other emerging treatments for malignant glioma. Proceedings of 14th International congress on neutron capture therapy, (Ed) Liberman S, p3, 2010.
  15. Nakai K, Yamamoto T, Kageji T, Kumada H, Endo K, Matsuda M, Tsurubuchi T, Shibata Y, Takano S, Matsumura A: Boron neutron capture therapy combined with fractionated photon irradiation for glioblastoma. Proceedings of 14th International congress on neutron capture therapy, (Ed) Liberman S, p19, 2010.
  16. Numano T, Marushima A, Hyodo K, Homma K, Suzuki K, Matsumura A: Three-dimensional diffusion weighted imagine of the acute cerebral ischemia rat using 3D MP-RAGE MRI, 2010.
  17. Osuka S, Matsushita A, Ishikawa E, Matsumura A: Letter to the editor: Diffusion tensor imaging in patients with adult chronic idiopathic hydrocephalus. Neurosurgery 67(5): E1474, 2010.
  18. Shirakawa M, Yamamoto T, Nakai K, Yoshida F, Tsurubuchi T, Matsude M, Yamamoto Y, Yokoyama Y, Matsumura A: Development of a fuctional liposome modified a novel lipid analog for BNCT. Proceedings of 14th International congress on neutron capture therapy, (Ed) Liberman S, p335-338, 2010.
  19. Tsurushima H, Oyane A, Ito A, Matsumura A: Highly efficient gene transfer system using a laminin-DNAapatite composite layer. 第16回日本遺伝子治療学会学術集会妙録.p222, 2010.
  20. Yamamoto T, Nakai K, Nariai T, Kumada H, Okumura T, Mizumoto M, Tsuboi K, Zaboronok A, Ishikawa E, Aiyama H, Endo K, Takada T, Yoshida F, Shibata Y, Matsumura A: The status of Tsukuba BNCT trial: BPA-based boron neutron capture therapy combined with X-ray irradiation. Proceedings of 14th International congress on neutron capture therapy, (Ed) Liberman S, p7, 2010.
  21. Yoshida F, Nakai K, Isobe T, Inomata R, Zaboronok A, Yamamoto Y, Shirakawa M, Yamamoto T, Matsumura A, Nakamura H: Biodistribution of BSH-encapsulated boron liposome in mouse glioma. Proceedings of 14th International congress on neutron capture therapy, (Ed) Liberman S, p 339, 2010.

学会発表

  1. 相山 仁,山本哲哉,阿久津博義,井原 哲,石川栄一,中井 啓,柴田 靖,高野晋吾,坪井康次,松村 明:第4脳室腫瘍に対するtelovelar approachを含めた治療・合併症の検討 第69回日本脳神経外科学会総会 2010.10.27-29(博多)
  2. 相山 仁,阿久津博義,磯辺智範,高野晋吾,山本哲哉,鶴淵隆夫,椎貝真成,増本智彦,只野喜一、柴田 靖,松村 明:Proton MRSによる中枢性神経細胞腫の代謝診断第39回日本神経放射線学会 2010.2.12-13(東京)
  3. 相山仁,石川栄一,鮎澤 聡,松下 明,山本哲哉,坂本規彰,工藤洋平,高野晋吾,松村明,村垣義浩:優位半球側頭葉グリオーマに対する二カ国語の言語機能マッピングを用いた覚醒下手術第77回茨城県脳神経外科集談会,2010.3.13(水戸)
  4. 相山 仁,井原 哲,津田恭治,松村 明:脊髄髄膜瘤に合併したsplit cord malformationの2例(第38回日本小児神経外科学会,2010.6.4(富山)
  5. 相山 仁,山本哲哉,阿久津博義,磯辺智範,井原 哲,石川栄一,中井 啓,柴田 靖,高野晋吾,坪井康次,松村 明:当施設における脳室内腫瘍の統計と今後の治療戦略.第28回筑波脳神経外科研究会,2010.2(つくば)
  6. 青木司,鮎澤聡,松村明:脊髄硬膜外刺激術(SCS)におけるPuncture法の経験 第28回筑波脳神経外科研究会,2010.2.7(つくば)
  7. 青木司,細尾久幸,鮎澤聡,松村明:髄腔内バクロフェン持続投与療法中に急激な症状悪化を呈した一例 第69回日本脳神経外科学会総会,2010.10.28(福岡)
  8. 阿久津博義,高野晋吾,村下秀和,星野朝文,松村 明:Four hands techniqueを用いた内視鏡下経鼻頭蓋底手術手技,第17回日本神経内視鏡学会 2010.12.10-11(幕張)
  9. 阿久津博義,高野晋吾,山本哲哉,松村 明:鞍結節髄膜腫に対する内視鏡下拡大蝶形骨洞手術 第79回茨城県脳神経外科集談会 2010.10.31(水戸)
  10. 阿久津博義,高野晋吾,津田恭治,井原 哲,石川栄一,山本哲哉,松村 明:脳神経外科における内視鏡単独手術の現状と展望 第69回日本脳神経外科学会総会 2010.10.27-29(博多)
  11. 阿久津博義,高野晋吾,村下秀和,星野朝文,松村 明:錐体斜台部脊索腫に対する内視鏡下経鼻的腫瘍摘出術 第15回日本脳腫瘍の外科学会 2010.10.1-2(大阪)
  12. 阿久津博義, Jurgen Kreutzer, Gerald Wasmeier, Dieter Ropers, Michael Buchfelder, 高野晋吾, 松村 明,Christof Schofl:先端巨大症は冠動脈疾患のリスクを上昇しない第6回アクロメガリーフォーラム2010.9.25(大阪)
  13. 阿久津博義,高野晋吾,松村 明:経蝶形骨洞手術における術中ナビゲーションの役割第10回日本脳神経外科術中画像研究会 2010.6.26(広島)
  14. 阿久津博義,津田恭治,中井 啓,鶴淵隆夫,会田育男,坂根政孝,松村 明:脊髄ヘルニアの手術における当院の工夫:ハンモック法について第25回日本脊髄外科学会 2010.6.10-11(名古屋)
  15. 阿久津博義,山本哲哉,鮎澤 聡,中井 啓,藤田桂史,亀崎高夫,青木 司,松村 明:三叉神経痛手術における錐体裂開放の意義 第77回茨城県脳神経外科集談会 2010.3.13(水戸)
  16. 阿久津博義,高野晋吾,松村 明:間脳下垂体腫瘍症例のQOL評価(シンポジウム)第20回日本間脳下垂体腫瘍学会 2010.2.19-20(兵庫)
  17. 阿久津博義,磯辺智範,山本哲哉,中井 啓,椎貝真成,増本智彦,只野喜一,平野雄二,松村 明:3 Tesla MR装置を用いた頚髄1H-MRS 第39回日本神経放射線学会 2010.2.12-13(東京)
  18. 阿久津博義,高野晋吾,村下秀和,上前泊功,原 晃,松村 明:経蝶形骨洞手術における新たな取り組み:内視鏡単独および拡大法について 筑波脳神経外科研究会 2010.2.7(つくば)
  19. 阿久津博義,山本哲哉,鮎澤 聡,中井 啓,藤田桂史,亀崎高夫,青木 司,松村 明:三叉神経痛手術における錐体裂解放の意義.第77回茨城県脳神経外科集談会,2010.3.13(水戸)
  20. 阿久津博義,高野晋吾,松村 明:砂時計型巨大非機能性下垂体腺腫に対する内視鏡下経鼻的腫瘍摘出術の1例.第5回東日本下垂体手術ビデオデモンストレーション 2010.7.24(東京)
  21. 鮎澤 聡,松原鉄平,阿久津博義,渡邉真哉,松村 明:生検術を要した脊髄髄内病変の一例-診断および術中モニタリングについて- 第21回茨城神経疾患カンファレンス,2010.6.23(土浦)
  22. 飯村美波,土岐浩介,本間真人,嶋田沙織,本田あや,井坂和美,山崎範子,武石由香里,飯村純子、幸田幸直,松村 明 「治験実施医療機関へのへのモニター訪問施に関する調査」第31回日本臨床薬理学会年会,2010.12
  23. 池田 剛,中居康展,三木俊一郎,滝川知司,椎貝真成,増本智彦,松村 明:脳底動脈先端部の未破裂脳動脈瘤に対してEnterprise VRDを水平に留置してコイル塞栓術を行なった1例.第113回日本脳神経外科学会関東支部学術集会,2010.12.4(東京)
  24. 池田 剛,中居康展,滝川知司,椎貝真成,松村 明:Basilar top aneurysmに対してHorizontal stentingを併用しコイル塞栓術を行なった1例.第11回茨城脳神経血管内治療カンファレンス,2010.12.18(つくば)
  25. 池田 剛,井原 哲,高野晋吾,松村 明,田中竜太,大戸達之,工藤豊一郎,里見介史,野口雅之:Central nervous system lymphomatoid granulomatosisの1例 第12回茨城小児神経内科外科懇話会,2010.11.14(つくば)
  26. 池田 剛,高野晋吾,山本哲哉,松村 明:第3脳室後半部epidermoidの内視鏡手術.第17回日本神経内視鏡学会,2010.12.10(幕張)
  27. 池田 剛,中居康展,松村 明,椎貝真成,増本智彦:頸動脈狭窄病変におけるMRI Volume Isotropic TSE Acquistion (VISTA)方を用いたプラーク性状診断の有用性.第13回茨城血管疾患研究会,2010.2.6(つくば)
  28. 池田 剛,中居康展,椎貝真成,増本智彦,松村 明:頸動脈狭窄病変におけるMRI Volume Isotropic TSE Acquistion (VISTA)方を用いたプラーク性状診断の有用性.第28回筑波脳神経外科研究会,2010.2.7(つくば)
  29. 池田 剛,中居康展,椎貝真成,増本智彦,松村 明:頸動脈狭窄病変におけるMRI Volume Isotropic TSE Acquistion (VISTA)方を用いたプラーク診断.第39回日本脳卒中の外科学会,2010.4.17(盛岡)
  30. 池田 剛,滝川知司,中居康展:頸動脈狭窄病変におけるMRI Volume Isotropic TSE Acquistion (VISTA)方を用いたプラーク診断の有用性.第9回日本頸部脳血管治療学会,2010.4.23(横浜)
  31. 池田 剛,中居康展,椎貝真成,増本智彦,松村 明:頸動脈ステント留置術における塞栓性合併症のリスク評価としての3D Black BLOOD法の有用性MRI.第69回日本脳神経外科学会総会,2010.10.28(福岡)
  32. 池田 剛,滝川知司,中居康展,松村 明:放射線誘発頸動脈狭窄症に対する頸動脈ステント留置術.第26回日本脳神経血管内治療学会学術総会,2010.11.19(小倉)
  33. 石川栄一,津田恭治,阿久津博義,井原 哲,山本哲哉,高野晋吾,松村 明:グリオーマに対するナビゲーション下穿頭内視鏡生検の経験.茨城神経内視鏡の会.2010.4(土浦)
  34. 石川栄一,高野晋吾,坂本則彰,中井 啓,山本哲哉,坪井康次,松村 明:悪性神経膠腫に対する放射線・テモゾロミド初期治療中の副作用 ~特にリンパ球減少について~ ニューロオンコロジーの会.2010.3(東京)
  35. 石川栄一,津田恭治,中井 啓,山本哲哉,鶴淵隆夫,阿久津博義,井原 哲,鮎澤 聡,高野晋吾,松村 明:頭蓋内腫瘍政権術における診断精度向上のための工夫~ナビゲーション誘導神経内視鏡下腫瘍生検術と他の生検法との比較 第69回日本脳神経外科学会総会 2010.10.27-29(博多)
  36. 石川栄一,津田恭治,中井 啓,山本哲哉,鶴淵隆夫,阿久津博義,井原 哲,鮎澤 聡 高野晋吾,松村 明:頭蓋内腫瘍生検術における診断精度向上のための補助的蛍光診断に関する検討 日本脳神経外科光線力学学会 2010.6(福井)
  37. 石川栄一,津田恭治,阿久津博義,井原哲,山本哲哉,高野晋吾,松村明:グリオーマに対するナビゲーション下穿頭内視鏡生検の経験茨城神経内視鏡の会 2010.4(土浦)
  38. 石川栄一,高野晋吾,津田恭治,斉藤厚志,鯨岡裕司,松村 明:いわゆるanaplastic pilocytic astrocytomaの所見を呈した小脳病変の1例.第28回脳腫瘍病理学会 2010.5.21(大阪)
  39. 石川栄一,坂本規影,山本哲哉,中井 啓,高野晋吾,丸山隆志,田中雅彦,生田聡子,石原 恵,橋本幸一,原田義則,二宮健吾,石原 健,上前洋二,大野忠夫,唐沢克之,松谷雅生,村垣善浩,松村 明:膠芽腫患者に対する自家腫瘍ワクチンとテモゾロマイドを用いた臨床第I/IIa相複施設共同試験(AFTV-TMZ臨床試験)の中間評価.第7回がんワクチン療法研究会学術集会 2010.11.27(金沢)
  40. 石川栄一,坂本規彰,上前洋二,山本哲哉,高野晋吾,松村 明:マウスグリオーマ皮下モデルを用いた同種血管内皮細胞ワクチン療法の研究,第28回脳腫瘍学会,2010.11(軽井沢)
  41. 石川栄一,相山 仁,高野晋吾,鮎沢 聡,松下 明,山本哲哉,坂本規影,工藤洋平,村垣義浩,松村明:優位半球側頭葉グリオーマに対する2ヶ国語の言語機能マッピングを用いた覚醒下手術の経験 第8回日本awake Surgery研究会.2010.9(大阪)
  42. 石川栄一,津田恭治,中井 啓,山本哲哉,鶴淵隆夫,阿久津博義,井原 哲,鮎澤 聡 高野晋吾,松村 明:頭蓋内腫瘍生検術における診断精度向上のための補助的蛍光診断に関する検討. 日本脳神経外科光線力学学会,2010.6(福井)
  43. 石川栄一:自家腫瘍ワクチンとテモゾロマイド・放射線治療を併用する新規ワクチン研究の中間報告. 新規ワクチン研究ミーティング.2010.4(東京)
  44. 磯辺智範,阿久津博義,椎貝真成,平野雄二,岡本嘉一,山本哲哉,只野喜一,佐藤英介,阿武 泉,鈴木由里子,増本智彦,松村 明:Multi-voxel proton MRSにおける領域選択の位置ずれに関する基礎的検討 第38回日本磁気共鳴医学会 2010.9.30-10.2(つくば)
  45. 磯辺智範,平野雄二,阿久津博義,只野喜一,山本哲哉,増本智彦,松村 明:3.0 T MRIを用いた頸髄1H-MRSの試み第66回日本放射線技術学会総会学術大会 2010.4.8-11(横浜)
  46. 磯辺智範,佐藤英介,阿久津博義,増本智彦,椎貝真成,只野喜一,山本哲哉,熊田博明,榮 武二,松村 明:MR技術でわかる脳機能情報 第99回日本医学物理学会学術大会 2010.4.9
  47. 磯辺智範,橋本孝之,志田晃一,熊田博明,藤淵俊王,米内俊祐,松藤成弘,袴田敬樹,半村勝浩,福田茂一,榮 武二:放射線治療時に発生する2次中性子線のCR-39による簡易測定.第100回日本医学物理学会学術大会,2010.9(学術総合センター,東京)
  48. 磯辺智範,榮 武二,熊田博明,安岡 聖,照沼利之:筑波大学における社会人のための医学物理教育への取り組み.第4回日本診療放射線学教育学会学術集会,2010.8(群馬県立県民健康科学大学,前橋)
  49. 磯辺智範,橋本孝之,志田晃一,藤淵俊王,橋井晴子,高田健太,大川綾子,熊田博明,袴田啓樹,桜井英幸,榮 武二:CR-39を用いた放射線治療時に発生する2次中性子線の簡易測定.第26回放射線技師総合学術大会,2010.7(東京国際フォーラム)
  50. 磯辺智範,平野雄二,只野喜一,森慎太郎,宮田真理子,山田功二,岡本嘉一:3.0 T MRIを用いた下腿筋1H-MRSのデータ取得条件の検討.日本放射線技術学会第66回総会学術大会,2010.4(パシフィコ横浜)
  51. 磯辺智範,橋本孝之,志田晃一,熊田博明,藤淵俊王,櫻井英幸,榮 武二:放射線治療領域X線照射の植え込み型除細動器に対する影響に関する初期報告.日本放射線技術学会第66回総会学術大会,2010.4(パシフィコ横浜)
  52. 磯辺智範,橋本孝之,志田晃一,橋井晴子,大川綾子,藤淵俊王,熊田博明,櫻井英幸,榮 武二:放射線治療時に発生する中性子線による受けこみ型除細動器(ICD)への影響.第99回日本医学物理学会学術大会,2010.4(パシフィコ横浜)
  53. 磯辺智範,阿久津博義,椎貝真成,平野雄二,岡本嘉一,山本哲哉,只野喜一,佐藤英介,阿武泉,鈴木由里子,増本智彦,松村 明:Multi-voxel proton MRSにおける領域選択の位置ずれに関する基礎的検討.MR学会,2010.10(つくば市)
  54. 井原 哲,阿久津博義,松下 明,増本智彦,室井 愛,松村 明:tethered cord syndromeに対するMRI動的撮影-脊髄係留の画像化を目指して- 第69回日本脳神経外科学会総会 2010.10.27-29(博多)
  55. 井原 哲,鮎澤 聡,松村 明:髄腔内バクロフェン療法の初期経験 第30回関東機能的脳外科カンファレンス,2010.4.3(東京)
  56. 井原 哲,松原鉄平,鮎澤 聡,松村 明:痙直型脳性麻痺に対する髄腔内バクロフェン療法 第1回茨城Movement disorder研究会,2010.10.1(つくば)
  57. 井原 哲,松原鉄平,鮎澤 聡,松村 明:痙直型脳性麻痺小児に対する髄腔内バクロフェン療法 第12回茨城小児神経内科外科懇話会,2010.11.14(つくば)
  58. 井原 哲,阿久津博義,松下 明,椎貝真成,増本智彦,松村 明:occult tethered cord syndromeに対するMRI動的撮影-脊髄係留の画像化を目指して-(第28回筑波脳神経外科研究会,2010.2.7(つくば)
  59. 井原 哲,山本哲哉,高野晋吾,丹野翔五,相山 仁,斉藤厚志,松村 明:悪性神経膠腫と鑑別を要した視床原発中枢神経系未分化神経外胚葉性腫瘍の1小児例.第28回日本脳腫瘍病理学会,2010.5.21(大阪)
  60. 井原 哲,松村 明:無症候性二分脊椎の手術適応.第38回日本小児神経外科学会,2010.6.4(富山)
  61. 井原 哲,松村 明:無症候性脊髄脂肪腫に対する術中神経生理学的手技の重要性(第25回日本脊髄外科学会,2010.6.10(名古屋)
  62. 井原 哲,阿久津博義,松下 明,椎貝真成,増本智彦,松村 明:occult tethered cord syndromeに対するMRI動的撮影-脊髄係留の画像化を目指して-.第27回日本二分脊椎研究会,2010.7.24(大阪)
  63. 井原 哲:脊髄円錐部脂肪腫に対する脊髄脂肪腫切除術および脊髄係留解除術.第69回日本脳神経外科学会総会,2010.10.28(福岡)
  64. 井原 哲,室井 愛,松村 明:脳室腹腔シャント術後に対側急性硬膜外血腫を来した1乳児例.第28回日本こども病院神経外科医会,2010.11.20(千葉)
  65. 井原 哲,室井 愛,松村 明:乳幼児頭蓋内嚢胞に対する神経内視鏡的開窓術.第17回日本神経内視鏡学会,2010.12.11(千葉)
  66. 王秀鵬,大矢根綾子,鶴嶋英夫,矢崎侑振,十河友,李霞,山崎淳司,伊藤敦夫,Ectopic BMP-2 and ALP gene expression on a BMP-2 DNA-fibronectin-apatite composite layer 第32回日本バイオマテリアル学会大会 2010.11(広島)
  67. 大越 靖,高野晋吾,田岡謙一,長谷川雄一,坂本規影,千葉 滋,松村 明:高齢者の原発性中枢神経系悪性リンパ腫に対する非照射・中等量MTXレジメン.第40回ニュ-ロオンコロジ-の会2010.12.4(東京)
  68. 大須賀 覚,松下 明,五月女康作,石川栄一,阿久津博義,山本哲哉,磯辺智範,増本智彦,佐藤直昭,松村 明:灰白質拡散異方性上昇を利用した脳内組織圧迫評価 第39回日本神経放射線学会 2010.2.12-13(東京)
  69. 大須賀覚,松下 明,石川栄一,五月女康作,丸島愛樹,三木俊一郎,山本哲哉,増本智彦,佐藤直昭,松村 明:脳内組織圧迫を可視化する画像技術の開発.第69回日本脳神経外科学会学術総会,2010.10(福岡)
  70. 大須賀覚,Sampetrean Oltea,嵯峨伊佐子,佐藤直昭,佐谷秀行,高野晋吾:人工腫瘍幹細胞を利用した神経膠芽腫モデルの検証. 第28回筑波脳神経外科研究会.2010.2(つくば)
  71. 大須賀覚,松下 明,五月女康作,石川栄一,阿久津博義,山本哲哉,磯辺智範,増本智彦,佐藤直昭,松村明.脳内組織圧迫を評価する新たな画像診断法の開発.第33回日本脳神経CI学会総会.2010.2(東京)
  72. 大須賀覚,松下 明,石川栄一,五月女康作,丸島愛樹,三木俊一郎,山本哲哉,増本智彦,佐藤直昭,松村 明:灰白質拡散異方性を利用した脳内組織圧迫の可視化への試み,第37回日本磁気共鳴医学会大会.2010.9(つくば)
  73. 大塚 歩,増田洋亮,井原 哲,高野晋吾,松村 明:斜頸を唯一の初発症状とした小児cerebellar pilocytic astrocytomaの1例.第112回日本脳神経外科学会関東地方会,2010.9.11(東京)
  74. 大矢根綾子,Wei Zhang,十河友,伊藤敦夫,鶴嶋英夫:BMP-2遺伝子-フィブロネクチン-アパタイト複合層によるin vivo骨組織再生.第32回日本バイオマテリアル学会大会,2010.11(広島)
  75. 岡本嘉一,増本智彦,磯辺智範,只野喜一,平野雄二,佐藤英介,南 学:PDT(probabilistic diffusion tractograpy)を用いた骨格筋fiber tractography描出の試み.第38回日本磁気共鳴医学会大会,2010.9(つくば)
  76. 岡本嘉一,那須克宏,磯辺智範,只野喜一,平野雄二,佐藤英介,南 学:人体骨格筋におけるfast diffusion and slow diffusion component計測の試み.第38回日本磁気共鳴医学会大会,2010.9(つくば)
  77. 小野成紀,大井静雄,荒木 尚,伊藤 進,内門久明,竹本 理,白根礼造,栗原 淳,稲垣隆介,田代 弦,井原 哲,伊達 勲:胎児水頭症前方視的多施設共同調査 中間報告-登録時後方視的調査を中心に-.第38回日本小児神経外科学会,2010.6.4(富山)
  78. 木野弘善,池田 剛,中居康展,松村 明,椎貝真成,増本智彦:右鎖骨下動脈閉塞と左椎骨動脈起始部狭窄に対して一期的にステント留置術を行なった1例.第39回茨城県南脳血管障害研究会,2010.7.16(つくば)
  79. 熊田博明,榮 武二,磯辺智範,橋本孝之,照沼利之:陽子線治療におけるモンテカルロ計算による2次放射線の影響解析.第99回日本医学物理学会学術大会, 2010.4(パシフィコ横浜)
  80. 小松洋治,細尾久幸,小林忠宏,渡邉真哉,井口雅博,藤森広幸,中村和弘,中居康展,松村 明:ウィリス動脈輪前半部無症候性未破裂脳動脈瘤クリッピング手術成績と周術期管理.第39回日本脳卒中の外科学会,2010.4.15(盛岡)
  81. 小松洋治,原 拓真,今井 資,松田真秀,益子良太,上村和也,中居康展,松村 明:頸動脈内膜剥離手術危険因子を意識した周術期管理と手技.第69回日本脳神経外科学会総会,2010.10.29(福岡)
  82. 齊藤憲章,大須賀覚,五月女康作,鈴木俊行,村尾善充,平田敏勝,松下 明,佐藤直昭,稲見秀樹,松村 明.Diffusion Tensor ImagingにおけるFA値の施設間誤差の検証.第39回日本神経放射線学会.2010.2(東京)
  83. 齊藤憲章,大須賀覚,五月女康作,鈴木俊行,村尾善充,佐藤直昭,稲見秀樹,Diffusion Tensor ImagingにおけるFA値の施設間誤差の検証,第66回日本放射線技術学会 総会学術大会.2010.4(横浜)
  84. 五月女康作,磯辺智範,佐藤英介,篠田和哉,平野雄二,只野喜一,大久保淳,宮本勝美: DTIにおけるFA値の装置メーカーによる差異の検討.第38回日本放射線技術学会秋季学術大会,2010.10(仙台国際センター)
  85. 五月女康作,佐藤英介,篠田和哉,大久保淳,小林智哉,齋藤憲章,只野喜一,磯辺智範,宮本勝美: Diffusion Tensor Imageにおいて撮像条件と機種がFA値に与える影響の検証.第26回放射線技師総合学術大会,2010.7(東京国際フォーラム)
  86. 五月女康作,大須賀覚,松下 明,篠田和哉,大久保淳,小林智哉,宮本勝美,Diffusion Tensor ImagingでのFA値再現性に関わる因子の検討,第66回日本放射線技術学会総会学術大会.2010.4(横浜)
  87. 坂本規影,高野晋吾,石川栄一,山本哲哉,水本斉志,松村 明:悪性グリオーマ再発例に対するSRT再照射.第21回東京脳腫瘍治療懇話会,2010.12.17(東京)
  88. 坂本規影,石川栄一,阿久津博義,村越伸行,里見介史,森下由紀雄,野口雅之,高野晋吾:治療経過中に運動障害の増悪と呼吸不全を来した運動野近傍腫瘍性病変の1例 平成22年度筑波大学CPC.2010.11(つくば)
  89. 佐藤英介,磯辺智範,五月女康作,篠田和哉,平野雄二,只野喜一,大久保淳,松村 明: DTIにおけるFA値測定マニュアルの有用性に関する検討.第38回日本放射線技術学会秋季学術大会,2010.10(仙台)
  90. 佐藤英介,磯辺智範,只野喜一,松下 明,大須賀覚,五月女康作,山本哲哉,阿武 泉,菅 信一、松村 明:Diffusion Tensor Tractography作成における異なるソフトウェアでのROI共有化.日本神経放射線学会,2010.2(一橋記念講堂,東京)
  91. 佐藤允之,井原 哲,中居康展,松村 明:電気生理学的モニター下に血管内治療を行なった脊髄髄内動静脈奇形の1例,第38回日本小児神経外科学会,2010.6.5(富山)
  92. 佐藤允之,中居康展,滝川知司,高野晋吾,松村 明:第三脳室開総術が有効であったコイル塞栓術後の脳底動脈先端部動脈瘤に合併した非交通性水頭症の1例.第69回日本脳神経外科学会総会,2010.10.28(福岡)
  93. 佐藤允之,中居康展,小磯隆雄,片山 亘,藤田桂史,亀崎高夫,池田 剛,椎貝真成,松村 明:医原性総頸動脈仮性動脈瘤の治療戦略.第26回日本脳神経血管内治療学会学術総会,2010.11.19(小倉)
  94. 里見介史,高野晋吾,池田 剛,森下由紀夫:広汎な壊死と高度の血管病変を伴う中枢神経系リンパ増殖性疾患の1例.第101回東京脳腫瘍研究会,2010.7.3(東京)
  95. 里見介史,高野晋吾,増田洋亮,森下由紀夫:血管周囲性配列ないし乳頭状構造を伴うAT/RTの1例.第101回東京脳腫瘍研究会,2010.7.3(東京)
  96. 里見介史,森下由紀雄,池田 剛,井原 哲,山本哲哉,高野晋吾,松村 明,野口雅之:高度の繊維化を伴うcentral nervous system primitive neuroectodermal tumorの1例.第102回東京脳腫瘍研究会,2010.11.13(東京)
  97. 志田晃一,磯辺智範,関 正志,高田健太,西尾昌子,武井伸介,藤淵俊王,横田 浩,榮 武二:高エネルギー放射線発生装置撤去と管理区域解除のための表面線量測定.第100回日本医学物理学会学術大会,2010.9(学術総合センター,東京)
  98. 志田晃一,藤淵俊王,磯辺智範,西尾昌子,山本陽平,小林大輔,高田健太,武井伸介,関 正志,榮 武二:Linac撤去における装置放射化の測定とその意義に関する検討.第26回放射線技師総合学術大会,2010.7(東京国際フォーラム)
  99. 儘田直美,石川宏明,石井一弘,中居康展,中井 啓,松村 明,椎貝真成,増本智彦,玉岡 晃:排尿障害で初発し,臨床上腰椎椎間板ヘルニアを疑われた脊髄硬膜動静脈瘻の1例.第575回日本内科学会関東地方会,2010.10
  100. 儘田直美,石川宏明,石井一弘,玉岡 晃,椎貝真成,増本智彦,中居康展,中井 啓,松村 明:排尿障害で発症し,臨床上腰椎椎間板ヘルニアを疑われた脊髄硬膜動静脈瘻の1例.第39回茨城県南脳血管障害研究会,2010.7.16(つくば)
  101. 高野晋吾,阿久津博義,井原 哲,山本哲哉,中井 啓,石川栄一,松村 明:脳室内腫瘍に対する神経内視鏡手術の意義(シンポジウム)第17回日本神経内視鏡学会 2010.12.10-11(幕張)
  102. 高野晋吾,阿久津博義,益子良太,高田智也,松原鉄平,松村 明:傍鞍部病変に対するextradural temporopolar approach 第15回日本脳腫瘍の外科学会 2010.10.1-2(大阪)
  103. 高野晋吾,丹野翔五,益子良太,阿久津博義,坂本規影,石川栄一,松村 明:グリオーマにおける低酸素領域の可視化と治療(シンポジウム) 第28回日本脳腫瘍病理学会 2010.5.21‐22(大阪)
  104. 高野晋吾,阿久津博義,益子良太,大須賀覚,松村 明: 間脳下垂体疾患のバイオマーカーとしての尿中マトリックスメタロプロテイナーゼ(シンポジウム)第20回日本間脳下垂体腫瘍学会.2010.2.19-20(兵庫)
  105. 高野晋吾,井原 哲,福島 敬,中尾朋平,山本哲哉,松村 明:小児悪性脳腫瘍に対する大量化学療法のインパクト.第38回日本小児神経外科学会シンポジウム,2010.6.5(富山)
  106. 高野晋吾,阿久津弘義:プロラクチノーマの手術.第10回間脳下垂体疾患症例検討会2010.7.2(東京)
  107. 高野晋吾,石川栄一,山本哲哉,松村 明:再発膠芽腫の治療:bevacizumabとvaccine.第20回東京脳腫瘍治療懇話会,2010.7.9(東京)
  108. 高野晋吾,大須賀覚,益子良太,宮川牧子,松村 明:血管新生抑制療法の標的となる膠芽腫血管内皮細胞に特異的血管新生因子.第11回日本分子脳神経外科学会,2010.8.27(仙台)
  109. 高野晋吾,益子良太,大須賀覚,坂本規影,石川栄一,中井 啓,松村 明:悪性神経膠腫に対する血管新生抑制療法の抵抗性の克服.第69回日本脳神経外科学会総会,2010.10.27(福岡)
  110. 高野晋吾,山本哲哉,石川栄一,中井 啓,津田恭治,増田洋亮,松村 明:1p/19q LOH解析とMGMT発現にもとついたグリオーマの治療戦略.第48回日本癌治療学会.シンポジウム,2010.10.28
  111. 高野晋吾,福島 敬,井原 哲,山本哲哉,清水崇史,福島紘子,坪井康次,松村 明:中枢神経系Atypical Teratoid / Rhabdoid Tumor (AT/RT)の治療成績.第1回関東小児脳腫瘍カンファレンス.2010.11.6(東京)
  112. 高野晋吾,大須賀覚,益子良太,大根田修,依馬正次,松村 明:血管新生抑制療法の標的となる膠芽腫血管内皮細胞に特異的血管新生因子.第28回日本脳腫瘍学会,2010.11.28(軽井沢)
  113. 高野晋吾,山本哲哉,阿久津博義,相山 仁,松村 明:中枢性神経細胞腫の血管新生.第28回日本脳腫瘍学会,2010.11.28(軽井沢)
  114. 高野晋吾,丹野翔五,渡邊慎哉,石川栄一,山本哲哉,松村 明:再発悪性神経膠腫に対するVEGF中和抗体の効果と抵抗性の克服へ.第40回ニュ-ロオンコロジ-の会,2010.12.4(東京)
  115. 高野晋吾(筑波大学臨床医学系脳神経外科),山本哲哉,石川栄一,中井 啓,津田恭治,増田洋亮,松村 明:脳腫瘍治療の新潮流(転移性脳腫瘍を含む)1p/19q LOH解析とMGMT発現にもとづいたグリオーマの治療戦略(会議録)日本癌治療学会誌(0021-4671)45巻2号Page384,2010.09
  116. 高橋英希,磯辺智範,盛武 敬,大山高一,小泉洋人,赤羽恵一,早川幹人,松丸祐司,榮 武二:脳血管IVRにおける水晶体被ばく低減システムの開発とその効果の検証.第100回日本医学物理学会学術大会,2010.9(学術総合センター,東京)
  117. 滝川知司,中居康展,松村 明,早川幹人,鶴田和太郎,松丸祐司:Bioactive coilの周術期の問題点―?頭痛と発熱の観点からー.第39回日本脳卒中の外科学会,2010.4.17(盛岡)
  118. 滝川知司,中居康展,佐藤允之,井原 哲,松村 明:血管内治療によって頸部頭蓋外椎骨動脈瘤による神経根症状が改善した1症例.第9回日本頸部脳血管治療学会,2010.4.23(横浜)
  119. 滝川知司,鶴嶋英夫,中村和弘,鈴木謙介,鶴田和太郎,松村明,シロシタゾールによる頸動脈新生内膜肥厚抑制効果の検討 第26回日本脳神経血管内治療学会学術総会 ミニシポジウム,2010.11(北九州)
  120. 只野喜一,磯辺智範,照沼利之,安岡 聖,熊田博明, 榮 武二:GPGPU技術を用いた陽子線線量計算の高速化.第100回日本医学物理学会学術大会,2010.9(学術総合センター,東京)
  121. 只野喜一,磯辺智範, 平野雄二,森慎太郎,新藤雅司,宮田真理子,山田功二,佐藤英介,岡本嘉一: Proton MRSによる下腿筋代謝解析のための至適撮像パラメータの検討.第26回放射線技師総合学術大会,2010.7(東京国際フォーラム)
  122. 田中 聡,秋元治朗,井内俊彦,泉山 仁,岩立康男,植木敬介,岡 秀宏,五味 玲,佐々木光,高野晋吾,永根基雄,成田善孝,村垣善浩,山口文雄,吉野篤緒,渡邉学郎:「東京脳腫瘍治療懇話会」における多施設共同研究としてのglioma内MGMTmRNA測定.第28回日本脳腫瘍学会,2010.11.28(軽井沢)
  123. 田村剛一郎,井原 哲,佐藤允之,松村 明:高位鎖肛に伴った終糸脂肪腫によるoccult tethered cord syndromeの1例.第38回日本小児神経外科学会,2010.6.4(富山)
  124. 丹野翔五,高野晋吾,増本智彦,椎外真成,阿久津博義,松村 明:Perfusion MRIによるグリオーマ血管新生能評価.第28回筑波脳神経外科研究会,2010.2.7(つくば)
  125. 丹野翔五,高野晋吾,益子良太,石川栄一,山本哲哉,松村 明:グリオーマの血管新生・低酸素領域の可視化.第69回日本脳神経外科学会総会,シンポジウム,2010.10.27(福岡)
  126. 津田恭治,石川栄一,野口昭三,中居康展,阿久津博義,松村 明:超高齢の脳卒中患者の長期予後の検討.第35回日本脳卒中学会総会,2010.4.15(盛岡)
  127. 津田恭治,阿久津博義,山本哲哉,石川栄一,中井 啓,斉藤厚志,高野晋吾,松村 明:放射線照射後2次性小脳膠芽腫・髄膜腫の一剖検例 第28回日本脳腫瘍病理学会 2010.5.21‐22(大阪)
  128. 津田恭治,山本哲哉,井原 哲,松村 明:多発石灰化を伴うびまん性病変の1例.第38回日本小児神経外科学会,2010.6.5(富山)
  129. 津田恭二,石川栄一,阿久津博義,井原 哲,中井 啓,山本哲哉,鮎澤 聡,高野晋吾,松村 明:当院における頭蓋内腫瘍生検術51例の診断精度と安全性に関する検討.第28回筑波脳神経外科研究会,2010.2(つくば市)
  130. 坪井康次,水本斉志,山本哲哉,宮武伸一,柴田 靖,高野晋吾,奥村敏之,櫻井英幸,松村 明:膠芽腫に対する高線量陽子線照射の予後.第28回日本脳腫瘍学会,2010.11.28(軽井沢)
  131. 鶴嶋英夫,Zhang Wei,大矢根綾子,十河友,伊藤敦夫,松村明,BMP-2遺伝子とフィブロネクチン層を持つ医療材料の開発 -骨誘導機能性医療材料-第69回日本脳神経外科学会学術総会 2010.10(福岡)
  132. 鶴淵隆夫,高野晋吾,中井 啓,石川栄一,松村 明:婦人科ガン(卵巣ガン,子宮ガン)の転移性脳腫瘍の治療.第23回茨城県脳腫瘍治療研究会,2010.2.5(つくば)
  133. 鶴淵隆夫,高野晋吾,中井 啓,石川栄一,山本哲哉,坪井康次,松村 明:婦人科ガン転移性脳腫瘍の治療.第39回ニューロ・オンコロジーの会,2010.3.27(東京)
  134. 中井 啓,佐藤允之,石川栄一,上村和也,松村 明:多発脊髄腫瘍4例の臨床的検討 第25回脊髄外科学会(名古屋)
  135. 中井 啓,山本哲哉,遠藤 聖,高野晋吾,熊田博明,松村 明,奥村敏之,桜井英幸:脳腫瘍に対するBNCT:筑波大学臨床研究の現況.第7回日本中性子捕捉療法学会,2010.8
  136. 中井 啓,鶴淵隆夫,高野晋吾,松村 明:縦隔セミノーマと関連が疑われた大脳腫瘤性病変 第28回脳腫瘍病理学会(大阪)
  137. 中井 啓,中居康展,鶴淵隆夫,佐藤允之,井原 哲,松村 明:小児もやもや病に対するEncephalo-subgaleo-synangiosis (ESGS)による間接血行再建術.第38回日本小児神経外科学会,2010.6.5(富山)
  138. 中居康展:くも膜下出血で発症した脳底動脈解離性動脈瘤の1例.第2回新潟脳血管内治療セミナー,2010.1.23(苗場)
  139. 中居康展,滝川友司,佐藤允之,松村 明,椎貝真成,増本智彦,串田 宏,小池朱美:Vascular Interventional Simulation Trainer (VIST)を用いた脳血管造影のトレーニング.第39回日本脳卒中の外科学会,2010.4.16(盛岡)
  140. 中居康展,滝川友司:Vascular Interventional Simulation Trainer (VIST)を用いた頸動脈ステント留置術のトレーニング.第9回日本頸部脳血管治療学会,2010.4.23(横浜)
  141. 中居康展:治療に難渋した静脈洞交会部硬膜動静脈瘻の1例.第19回房総脳血管内治療カンファレンス,2010.5.29(千葉)
  142. 中居康展,佐藤允之,片山 亘,藤田桂史,亀崎高夫:破裂BA-AICA微小動脈瘤のコイル塞栓術.第7回日本脳神経血管内治療学会関東地方会,2010.6.5(東京)
  143. 中居康展,鶴島英夫,滝川友司,松村 明,椎貝真成,増本智彦,小池朱美: Vascular Interventional Simulation Trainer (VIST)を用いた脳神経血管内治療のトレーニング.第16回日本血管内治療学会総会,2010.7.24(名古屋)
  144. 中居康展,池田 剛,増田洋亮,松村 明,椎貝真成:ステント留置のみで治療できた医原性総頸動脈仮性動脈瘤の1例.第16回関東脳神経血管内治療大洗セミナー.2010.8.5(大洗)
  145. 中居康展,佐藤允之,滝川友司,椎貝真成,増本智彦,松村 明:Diluted NBCAのslow injectionによる経動脈的塞栓術.第69回日本脳神経外科学会総会.2010.10.29(福岡)
  146. 中居康展,佐藤允之,滝川友司,池田 剛,松村 明,椎貝真成,増本智彦,藤田桂史,亀崎高夫:開頭摘出術を前提とした脳動静脈奇形の塞栓術.第26回日本脳神経血管内治療学会学術総会.2010.11.18(小倉)
  147. 中村和弘,細尾久幸,小林忠宏,渡邉真哉,中居康展,井口雅博,藤森広幸,小松洋治,松村 明:3D CT angiographyによる動脈瘤の術前評価の有効性の検討.第39回日本脳卒中の外科学会,2010.4.16(盛岡)
  148. 中村和弘,鶴嶋英夫:急性期脳梗塞に対する血管内皮前駆細胞(EPC; endothelialprogenitor cell)を用いた細胞療法に関する研究 第69回日本脳神経外科学会学術総会 シンンポジウム,2010.10(福岡)
  149. 橋本孝之, 橋井晴子, 磯辺智範, 大川綾子, 奥村敏之, 榮 武二,櫻井英幸:ペースメーカ(PM),植え込み型除細動器(ICD)に対する粒子線治療の影響評価実験. 第7回日本粒子線治療臨床研究会,2010.10(福井県立病院)
  150. 橋本孝之,榮 武二,橋井晴子,磯辺智範,盛武 敬,熊田博明,奥村敏之,坪井康次,青沼和隆,櫻井英幸:植え込み型除細動器(ICD)に対する陽子線照射実験による影響と安全性の検討の初期報告.第69回日本医学放射線学会総会,2010.4(パシフィコ横浜)
  151. 橋本孝之,橋井晴子,磯辺智範,大川綾子,熊田博明,堀口洋徳,中村剛実,中井 啓,山本哲哉,奥村敏之,夛田 浩,榮 武二,青沼和隆,松村 明,櫻井英幸:心臓ペースメーカ(PM)・植込み型除細動器(ICD)に対する中性子捕捉療法の影響評価実験.第7回日本中性子捕捉療法学会,2010.8
  152. 林 央周,佐伯直勝,石原正一郎,喜多村孝幸,三木 保,三輪 点,宮嶋雅一,村井尚之,西山健一,大平貴之,小野成紀,鈴木智成,高野晋吾,遠藤俊郎:脳室および脳室近傍腫瘍性病変に対する神経内視鏡治療の現状に関する全国調査研究.第17回日本神経内視鏡学会,2010.12.10(幕張)
  153. 林崎規託,服部俊幸,松本義久,片渕竜也,塚原剛彦,古林 徹,山本哲哉:小型線形加速器によるBNCT照射システムの開発.日本原子力学会,2010.3(茨城)
  154. 平野雄二,磯辺智範,五月女康作,佐藤英介,只野喜一,新藤雅司,宮本勝美,横田 浩:DTIにおけるTEおよびTRがFA値に及ぼす影響.第38回日本放射線技術学会秋季学術大会,2010.10(仙台国際センター)
  155. 平野雄二,只野喜一,磯辺智範,新藤雅司,岩坂明美,絹村瑛実,岡本嘉一:3.0 Tにおける下腿筋DTIの最適パラメータの検討.日本放射線技術学会第66回総会学術大会,2010.4(パシフィコ横浜)
  156. 星野朝文,中山雅博,飛田忠道,上前泊功,辻 茂希,田渕経司,大久保英樹,和田哲郎,原 晃,村下秀和,阿久津博義,高野晋吾,松村 明:内視鏡下経鼻下垂体手術に対する脳神経外科との連携について 耳鼻咽喉科関東地方会 2010.10
  157. 細尾久幸,青木司,鮎澤聡,松村 明:髄腔内バクロフェン療法中,薬剤耐性を呈したと思われる一例 第31回関東機能的脳外科カンファレンス,2010.9.4(東京)
  158. 細尾久幸,青木 司,鮎澤 聡,松村 明:脳卒中後遺症に対してバクロフェン髄注療法を行った1例 第79回茨城県脳神経外科集談会,2010.10.31(水戸)
  159. 細尾久幸,小松洋治,中居康展,渡邉真哉,井口雅博,藤森広幸,松村 明:t-PA静注療法後に頭頸部主幹血管狭窄病変に対して追加治療を行なった症例の検討.第39回日本脳卒中の外科学会,2010.4.16(盛岡)
  160. 益子良太,高野晋吾,加藤幸成,山本哲哉,石川栄一,金子美香,田 イ,松村 明:グリオーマの遺伝子分子診断と血管新生.第28回日本脳腫瘍学会,2010.11.28(軽井沢)
  161. 益子良太,小松洋治,上村和也,松田真秀,今井 資,原 拓真,廣木昌彦,中居康展,松村 明:くも膜下出血における外転神経麻痺の発生機序とその診断意義.第69回日本脳神経外科学会総会,2010.10.28(福岡)
  162. 増田洋亮,大須賀覚,松下 明,石川栄一,五月女康作,山本哲哉,増本智彦,松村 明:灰白質拡散異方性を利用した水頭症病態評価.第69回日本脳神経外科学会学術総会,2010.10(福岡)
  163. 増田洋亮,大須賀覚,松下 明,石川栄一,五月女康作,山本哲哉,井原 哲,増本智彦,松村 明:灰白質拡散異方性の特性を利用した水頭症病態評価,第37回日本磁気共鳴医学会大会.2010.9(つくば)
  164. 増田洋亮,松原鉄平,池田 剛,中居康展,松村 明,椎貝真成,掛札雄基,河野 了:頸動脈ステント留置術により止血しえた頸動脈損傷の1例.第34回茨城県救急医学会,2010.9.11(つくば)
  165. 増田洋亮,中居康展,池田 剛,椎貝真成,増本智彦,松村 明:3D-CTA,MRAによる脊髄硬膜動静脈瘻の術前検査の有用性.第26回日本脳神経血管内治療学会学術総会,2010.11.19(小倉)
  166. 増田洋亮,井原 哲,松原鉄平,山本哲哉,里見介史,松村 明:急性水頭症を来したleukoencephalopathy, cerebral calcifications and cystsの1例.第12回茨城小児神経内科外科懇話会,2010.11.14(つくば)
  167. 増本智彦,椎貝真成,阿久津博義,岡本嘉一,高橋信幸,那須克宏,森 健作,田中優美子,南 学,松村 明:造影3D-T1WI によるhigh-grade glioma のdaughter nodule sign の検討 第38回日本磁気共鳴医学会 2010.9.30-10.2(つくば)
  168. 松下 明,大須賀 覚,五月女康作,篠田和哉,大久保 淳,阿久津博義,柴田 靖,小松洋治,鮎澤 聡,松村 明:拡散テンソル画像における標準化法による再現性の比較 第38回日本磁気共鳴医学会 2010.9.30-10.2(つくば)
  169. 松田真秀、松村明、新保敬史、金田安史:IL-2 immunogene therapy using immunomodulating HVJ-E vector exhibits a synergistic anti-tumor effect in murine malignant glioma、第69回日本癌学会学術総会、2010
  170. 松田真秀、金田安史、山本哲哉松村明:抗腫瘍免疫賦活ベクターを用いて悪性神経膠腫に対する新規免疫遺伝子治療の開発、第69回日本脳神経外科学会学術総会、2010
  171. 松田真秀、金田安史、山本哲哉松村明:抗腫瘍免疫賦活化ベクターを用いた悪性神経膠腫に対する新規免疫遺伝子治療の開発、第28回日本脳腫瘍学会、2010
  172. 松田真秀,高野晋吾:脳腫瘍に対する新規遺伝子治療と血管新生抑制療法.第1回つくばCancer Research Arena, 2010.11.12(つくば)
  173. 松原鉄平,鮎澤 聡,大須賀覚,青木 司,松村 明:孔脳症を伴った内側側頭葉てんかんの一例.第33回日本てんかん外科学会,2010.1.21(大阪)
  174. 松原鉄平,井原 哲,鮎澤 聡,松村 明:髄腔内バクロフェン療法の短期成績 第69回日本脳神経外科学会総会,2010.10.28(福岡)
  175. 丸島愛樹,中居康展,鶴嶋英夫,根本広文,鈴木謙介,松村 明:Time-course analysis of cerebral hemodynamics and prediction on progress in adult patients with Moyamoya disease using quantitative99mTc-ECD SPECT.(定量的99mTc-ECD SPECTによる成人もやもや病の循環動態の経時的評価と予後の予測.第28回筑波脳神経外科研究会,2010.2.7(つくば)
  176. 丸島愛樹,鶴嶋英夫,鈴木謙介,中居康展,根本広文,松村 明:もやもや病における3DSRTを用いた経時的脳血流スペクト定量評価の有用性.第69回日本脳神経外科学会総会,2010.10.29(福岡)
  177. 三木俊一郎,大須賀覚,石川栄一,松下 明,五月女康作,山本哲哉,増本智彦,松村 明:灰白質拡散異方性を利用した脳腫瘍例の頭蓋内圧亢進評価.第69回日本脳神経外科学会学術総会,2010.10(福岡)
  178. 三木俊一郎,大須賀覚,松下 明,石川栄一,五月女康作,山本哲哉,増本智彦,松村 明:灰白質拡散異方性を利用した頭蓋内圧亢進評価:脳腫瘍例での初期臨床経験,第37回日本磁気共鳴医学会大会.2010.9(つくば)
  179. 水本斉志,坪井康次,奥村敏之,山本哲哉,橋本孝之,大城佳子,福光信吉,盛武 敬,栄 武二,櫻井英幸:当院における頭蓋内腫瘍に対する陽子線治療の検討.第2回日本放射線外科学会,2010.11(東京)
  180. 松村 明,阿久津博義,上村和也,中井 啓,高野晋吾:脊髄上衣腫手術におけるMEPモニタリングの意義(シンポジウム)第25回日本脊髄外科学会 2010.6.10-11(名古屋)
  181. 村下秀和,星野朝文,田渕経司,原 晃,阿久津博義,高野晋吾,松村 明:内視鏡下経鼻的頭蓋底手術における耳鼻科医の役割,第17回日本神経内視鏡学会幕張2010.12.10-11
  182. 室井 愛,井原 哲:当院における頭部外傷患者の特徴.第12回茨城小児神経内科外科懇話会,2010.11.14(つくば)
  183. 室井 愛, 井原 哲: シャント機能不全に伴う脳室カテーテル周囲嚢胞の1 例 第28回日本こども病院神経外科医会,2010.11.20(千葉)
  184. 矢崎侑振,大矢根綾子,十河 友,伊藤敦夫,山崎淳司,鶴嶋英夫:リポソームアパタイト複合層を利用した遺伝子導入システム―リポソーム構成分子の検討― 日本セラミック協会年会,2010.3(東京)
  185. 矢崎侑振,大矢根綾子,鶴嶋英夫,十河 友,伊藤敦夫,山崎淳司:リポソーム-アパタイト複合層を利用した遺伝子導入技術の開発 第48回セラミックス基礎科学討論会(日本セラミックス協会基礎科学部会),2010.1(沖縄)
  186. 安田 貢,水谷太郎,高橋伸二,鶴岡 信:茨城県における救命士気管挿管再教育講習.第13回日本臨床救急医学会学術総会 2010.6.1(幕張)
  187. 安田 貢,中井 啓,津田恭治,松村 明:ZODIAC Spinal Fixation Systemの使用経験 第25回日本脊髄外科学会総会 2010.6.10(名古屋)
  188. 安田 貢,萩谷圭一,西野衆文,下條信威,河野 了,水谷太郎,田村恵美,野竹典子,横田すい子、白川洋子,村田昌子:救急看護に関する集中講習の企画と開催 第34回茨城県救急医学会,2010.9.31(つくば)
  189. 安田 貢,水谷太郎,河野 了,下條信威,西野衆文,萩谷圭一:大病院における二相性手動式除細動器更新時の適正配置検討.第38回日本救急医学会総会,2010.10.21(東京)
  190. 安田 貢:ナース2010茨城・ナースのための黄金週間:成人と小児・乳児の救急疾患レクチャー,2010年度筑波大学社会貢献プロジェクト 2010.5.1(筑波)
  191. 安田 貢:ナース2010茨城・ナースのための黄金週間:救急看護シンポジウム 2010年度筑波大学社会貢献プロジェクト 2010.5.2(筑波)
  192. 山本哲哉:膠芽腫に対するBNCT 臨床研究の結果と今後の取り組みについて.平成21年度京都大学原子炉実験所専門研究会「研究炉及び加速器中性子源を用いた中性子捕捉療法の高度化に関する研究会」,2010.2(熊取)
  193. 山本哲哉,木村 泰,高田智也,鶴淵隆夫,阿久津博義,石川栄一,中井 啓,高野晋吾,松村 明:シンポジウム「光線力学的手法は脳腫瘍の治療に貢献できているか?」悪性グリオーマにおける蛍光ガイド下摘出術.第6回日本脳神経外科光線力学学会.2010.6(福井)
  194. 山本哲哉:ホウ素中性子捕捉療法の現状と課題.第8回東京理科大学DDS研究センターシンポジウム,2010.10
  195. 和田哲郎,田淵経司,原 晃,高野晋吾,松村 明,水本斉志,櫻井英幸:当院における聴神経腫瘍方針決定までのプロセス.第19回聴神経腫瘍研究会,2010.6.12(東京)
  196. 渡邉真哉,高野晋吾,木野弘善,阿久津博義,松村 明:松果体部グリオーマに対する内視鏡を用いた2期的診断・手術,第17回日本神経内視鏡学会 2010.12.10-11(幕張)
  197. 渡辺真哉,高野晋吾,阿久津博義,松村 明:カベルゴリン時代のプロラクチノーマの治療 第69回日本脳神経外科学会総会 2010.10.27-29(博多)
  198. 渡邉真哉,中井 啓,三木俊一郎,井原 哲,松村 明:Laminoplasty後9年で進行する四肢麻痺で発見された頸椎病変の1例.第12回茨城県脊髄・脊椎研究会,2010.11.26(つくば)
  199. Aiyama,H. K. Nakai, T.Yamamoto, T. Nariai, H. Kumada, E. Ishikawa, K. Endo, T. Takada, F. Yoshida, Y. Shibata, A. Matsumura: The status of Tsukuba BNCT trial: boron neutron capture therapy for recurrent glioma and malignant brain tumor
  200. Akutsu H, Isobe T, Yamamoto T, Shiigai M, Masumoto T, Matsumura A: 1H-MR Spectroscopy of the Cervical Spinal Cord at 3Tesla, The 8th Chino-Japanese Friendship Neurosurgery Seminar, Chengdu, 2010.6(China)
  201. Akutsu H, Takano S, Murashita H, Hoshino T, Matsumura A: The advantages of binostril endoscopic endonasal surgery for pituitary and skull base tumors. International federation of neuroendoscopy interim meeting, 2010.12.12-13(Tokyo)
  202. Akutsu H, Takano S, Murashita H, Hoshino T, Matsumura A:Binostril endoscopic transsphenoidal surgery for pituitary tumors 第25回日本脳神経外科国際学会フォーラム 2010.7.23-24(大宮)
  203. Endo K, Yamamoto T, Nakai K, Kumada H, Shibata Y, Matsumura A:JRR-4 facility for animal irradiation experiments. 14th International congress on neutron capture therapy, Buenos Aires, 2010. 10(Argentina)
  204. Endo, K. T. Yamamoto, K. Nakai, Hiroaki Kumada, A. Matsumura: JRR-4 Facility for animal irradiation experiments
  205. Hashimoto T, Hashii H, Isobe T, Ohkawa A, Fujibuchi T, Kumada H, Yonai S, Mizuno H, Kase Y, Matsufuji N, Fukuda S, Fukumura A, Minohara S, Sakae T, Sakurai H: Influence of particle therapy on cardiac implantable devices -An experimental study- : The 49th Particle Therapy Co-Operative Group, 2010.5(Gunma)
  206. Hayashi N, Saeki N, Ishihara S, Kitamura T, Miki T, Miwa T, Miyajima M, Murai N, Nishiyama K, Ohira T, Ono S, Suzuki T, Takano S, Endo S: Nationwide investigation on the current status of therapeutic neuroendoscopy for ventricular and paraventricular tumoristic lesions. International Federation of Neuroendoscopy (IFNE) Interim Meeting 2010.12.12(Tokyo)
  207. Isobe T, Kobayashi T, Akutsu H, Tadano K, Hayakawa H, Shiotani S: Usefulness of 1H-MRS for postmortem diagnosis. 15th East Asia Conference of Radiological Technologists 2010.7(Tokyo)
  208. Isobe T, Kumada H, Takada K, Hashimoto T, Hashii H, Shida K, Tadano K, Fujibuchi T, Hanmura M, Sakurai H and Sakae T: Evaluation of the infulence on electric device by the secondary neutron beam generated in radiotherapy. Joint International Conference on Supercomputiong in Nuclear Applications + Monte Carlo 2010 2010.10(Tokyo)
  209. Isobe T. Kumada H, Hashimoto T, Hashii H, Sakurai H, Sakae T: Influence of Neutron Generated in 10 MV-Xray Irradiation and Proton Beam on Implantable Cardioverter Defibrillators(ICDs).The Radiological Society of North America(RSNA)96 t Scientific Assembly and Annual Meeting, Chicago, Illinois, 2010.12(USA)
  210. Ito, A. Y. Sogo, H. Mutsuzaki, X. Wang, N. Ochiai, W. Zhang, A. Oyane, H. Tsurushima, A. Matsumura, Bioactive molecules-apatite composite layers for tissue regeneration. 5th International Symposium on Apatites and Correlative Biomaterials (ISACB2010) 2010.12(Australia)
  211. Kumada H, Sakae T, Saito K, Isobe T, Hashimoto T, Sakurai H: Application of Monte-Carlo treatment planning system "JCDS-FX with PHITS" to proton radiotherapy. Joint International Conference on Supercomputiong in Nuclear Applications + Monte Carlo 2010 2010.10(Tokyo)
  212. Kumada H, Sakae T, Terunuma T, Isobe T, Hashimoto T, Saito K: Estimations for incidental doses caused by secondary neutrons and photons in proton therapy by Monte-Carlo simulation with PHITS : The 49th Particle Therapy Co-Operative Group, 2010.5(Gunma)
  213. Masuda Y, Akutsu H, Takano S, Matsumura A, A case of malignant astrocytoma in the medulla oblongata associated with neurofibromatosis type 1 第25回日本脳神経外科国際学会フォーラム 2010.7.23-24(大宮)
  214. Matsubara Teppei, Satoshi Ihara, Satoshi Ayuzawa, Akira Matsumura: Initial Experience of Intrathecal Baclofen Therapy. Japan Neurosurgical English forum, 2010.7.23(Omiya)
  215. Matsumura A, Yamamoto T, Ishikawa E, Nakai K, Endo K, Takano S, Shibata Y:BNCT and other emerging treatments for malignant glioma. 14th International congress on neutron capture therapy, Buenos Aires, 2010.10(Argentina)
  216. Matsumura A, Akutsu H, Takano S, Murashita H, Hoshino A; Binoatrie endoscopic transsphenoidae surgery for pituitau, tumers. The 8th Chino-Japanese Friendship Neurosurgery Seminae, Chengda, 2010.6(China)
  217. Nakai K, Yamamoto T, Kageji T, Kumada H, Endo K, Matsuda M, Tsurubuchi T, Shibata Y, Takano S, Matsumura A:Boron neutron capture therapy combined with fractionated photon irradiation for glioblastoma. 14th International congress on neutron capture therapy, Buenos Aires, 2010. 10(Argentina)
  218. Okamoto Y, Isobe T, Hirano Y, Tadano K, Mori M, Minami M: Evaluation of the change of intramyocelluar lipids metabolism due to long-term skeletal muscle training of the calf by 3-T H-MR spectroscopy. The Radiological Society of North America(RSNA)96 th Scientific Assembly and Annual Meeting, Chicago, Illinois, 2010.12(USA)
  219. Osuka S, Matsushita A, Ishikawa E, Saotome K, Marushima A, Yamamoto T, Masumoto T, Satou N, Matsumura A,The development of new imaging modality visualizing microstructural tissue compression. The 25th Japan Neurosurgery English Forum. 2010.7(Saitama)
  220. Osuka S, Takano S, Yamamoto T, Ishikawa E, Matsumura A: Valproic acid inhibits angiogenesis in vitro and in vivo from glioma cells. 18th International Conference on Brain Tumor Research and Therapy. 2010.5(Germany)
  221. Sakae T, Terunuma T, Sato M, Isobe T, Yasuoka K, Kumada H: Conformal proton irradiation by multi-layer energy filter : The 49th Particle Therapy Co-Operative Group, 2010.5(Gunma)
  222. Sato E, Isobe T, Akutsu H, Yamamoto T, Anno I, Matsumura A: The deference methods of giving the task influence the brain activation areas on brain functional MRI. The Radiological Society of North America(RSNA)96 t Scientific Assembly and Annual Meeting, Chicago, Illinois, 2010.12(USA)
  223. Sauerwein W, Wittig A, Matsumura A, Nakagawa Y, Mauri P, Zonta A, Busse P, Moss R :Clinical applications for Boron Neutron Capture Therapy (BNCT) Hadronentherapie und Hyperthermie. 16.Jahreskongress der Deutschen Gasellschaft fur Radioonkologie, 2010.6(Germany)
  224. Shirakawa M, Yamamoto T, Nakai K, Yoshida F, Tsurubuchi T, Masahide M, Ymamoto Y, Yokoyama Y, Matsumura A:Development of a fuctional liposome modified a novel lipid analog for BNCT. 14th International congress on neutron capture therapy, Buenos Aires, 2010. 10(Argentina)
  225. S, Miki, Akutsu H, Takano S, Murashita H, Hoshino T, Matsumura A: Extended endoscopic transsphenoidal surgery for clivus chordoma 第25回日本脳神経外科国際学会フォーラム 2010.7.23-24(大宮)
  226.  Tadano K, Isobe T, Akutsu H, Hirano Y, Shiigai M, Sato E, Nakai K, Yamamoto T, Masumoto T, Matsumura A: First trial for Proton MR Spectroscopy of the Cervical Spinal Cord. 15th East Asia Conference of Radiological Technologists 2010.7(Tokyo)
  227. Takano S, Akutsu H, Aiyama J, Ihara S, Yamamoto T, Nakai K, Ishikawa E, Matsumura A: Neuro-endoscopic surgery for periventricular tumors. 7th Meeting of ASNO June 10 (Soul)
  228. Takano S, Mashiko R, Yamashita T, Ohneda O, Osuka S, Matsumura A: CXCR7 specific inhibitor inhibits glioblastoma angiogenesis and growth in vitro and in vivo. 第69回日本癌学会,2010.10.22(大阪)
  229. Takano S, Yamamoto T, Ihara S, Akutsu H, Ishikawa E, Matsumura A: The role of neuroendoscopy for intracranial germ cell tumors. International federation of neuroendoscopy interim meeting, 2010.12.12-13(Tokyo)
  230. Takano S, Yamashita T, Mashiko R, Osuka S, Matsumura A, Ohneda O: SDF-1 and CXCR7 are key molecules for glioma angiogenesis and invasiveness. 18th International Conference on Brain Tumor Research and Therapy, 2010.5.18(Germany)
  231. Tsurushima H, Oyane A, Ito A, Matsumura A, Highly efficient gene transfer system using a laminin-DNAapatite composite layer. 第16回日本遺伝子治療学会 2010.7(宇都宮)
  232. Yamamoto T, Nakai K, Nariai T, Kumada H, Okumura T, Miszumoto M, Tuboi K, Zaboronok A, Ishikawa E, Aiyama H, Endo K, Takada T, Yoshida F, Shibata Y, Matsumura A:The status of Tsukuba BNCT trial: BPA-based boron neutron capture therapy combined with X-ray irradiation. 14th International congress on neutron capture therapy, Buenos Aires, 2010. 10(Argentina)
  233. Yoshida F, Nakai K, Isobe T, Inomata R, Zaboronok A, Yamamoto Y, Shirakawa M, Yamamoto T, Matsumura A, Nakamura H:Biodistribution of BSH-encapsulated boron liposome in mouse glioma. 14th International congress on neutron capture therapy, Buenos Aires, 2010. 10(Argentina)

講演(135本)

  1. 阿久津博義:5大学連携事業の取り組み東関東・東京高度医療人養成プログラム第2回シンポジウム2010.2.11(東京,東京女子医科大学弥生記念講堂)
  2. 阿久津博義:5大学連携事業報告東関東・東京高度医療人養成プログラム第3回シンポジウム2010.11.23(東京,東京大学鉄門記念講堂)
  3. 阿久津博義:下垂体腺腫 経鼻手術法の進歩下垂体疾患の最新治療(イーライリリー)2010.4.27(水戸,ホテル・テラスザガーデン水戸)
  4. 阿久津博義:頭蓋底腫瘍外科医の立場から筑波大学総合がん診療センターオンコロジーカンファレンス2010.2.4(つくば,筑波大学臨床講堂)
  5. 阿久津博義:臨床に役立つ脳・脊髄・神経画像の診かた:教育講演 茨城県総合リハビリテーションケア学会学術総会 2010.12.5(つくば,茨城県立医療大学)
  6. 鮎澤 聡:場の医学と自然治癒力 プロジェクト「いのち」夏期合宿,2010.8.8(京都)
  7. 鮎澤 聡:生体の機能と場の医学 心と遺伝子研究会,2010.8.19(つくば)
  8. 鮎澤 聡 東京女子医科大学機能脳神経外科夏期セミナー・講師「神経縮小術」2010.8.28(東京)
  9. 鮎澤 聡:第16回ITB療法講習会・講師 2010.2.20(仙台)
  10. 鮎澤 聡:第18回髄腔内バクロフェン投与(ITB)療法講習会 講師 2010.8.28(東京)
  11. 井原 哲:小児脊髄脊椎疾患 第8回脊髄外科教育セミナー,2010.6.12(名古屋)
  12. 井原 哲:新生児の脳外科疾患について 第16回茨城新生児医療研究会,2010.6.28(つくば)
  13. 高野晋吾:グリオーマに関与する内皮細胞:血管内皮前駆細胞と腫瘍血管内皮細胞.第6回脳腫瘍の基礎シンポジウム,2011.1.29(東京)
  14. 高野晋吾:グリオーマに対する血管新生抑制療法の効果と耐性.千葉がんシンポジウム2010 2011.1.15(幕張メッセ)
  15. 高野晋吾:グリオーマの血管と血管新生抑制療法.第44回東北脳腫瘍研究会;特別講演2010.4.3(仙台)
  16. 高野晋吾:プロラクチノーマの治療:手術と薬物.下垂体疾患の最新治療(イーライリリー),2010.4.27(水戸)
  17. 中居康展,松村 明:ランチョンセミナー9 Vascular Interventional Simulation Trainer (VIST)を用いた脳神経血管内治療のトレーニング.第42回日本医学教育学会総会,2010.7.31(東京)
  18. 中居康展:シミュレーターを用いた脳血管内治療ハンズオンセミナー トレーナー.第26回日本脳神経血管内治療学会学術総会.2010.11.18-20(小倉)
  19. 中居康展:ミニレクチャー CASシミュレーショントレーナー.第9回日本頸部脳血管治療学会,2010.4.24(横浜)
  20. 中居康展:指定講演6脳卒中の治療(動脈瘤,頸部内頸動脈狭窄).第8回日本臨床医療福祉学会,2010.9.4(水戸)
  21. 中居康展:脳血管造影の基本.第23回JCS研究会,2010.9.25(つくば)
  22. 中居康展:脳血管内治療ハンズオンワークショップ 講師.第69回日本脳神経外科学会総会,2010.10.28(福岡)
  23. 松村 明:BNCTと小型加速器(仮題)つくばスパイラル対話シリーズ 第7回テーマ 2010.1.9(つくば,筑波国際会議場)
  24. 松村 明:筑波大学における漢方教育の卒前・卒後一体化導入―クリニカルクラークシップでの実践― シンポジウム KAMPO MEDICAL SYMPOSIUM 2010 2010.2(東京)
  25. 松村 明:筑波大学における漢方教育の卒前・卒後一体化導入―クリニカルクラークシップでの実践― 第5回徳島Kampo研究会 2010.7(徳島)
  26. 松村 明:悪性神経膠腫に対する診断と治療の取り組み 第1回西尾久ニューロカンファ 2010.7(東京)
  27. 松村 明:脳神経外科における診断・治療の最前線 第14回茨城県総合リハビリテーションケア学会学術集会 2010.12(阿見)
  28. 松村 明:加速器の拓く新しい医学診療―特に中性子捕捉療法についてー第4回大学生のための素粒子・原子核/物質・生命スクール サマーチャレンジ 2010.8
  29. 松村 明 「病院長,病院管理者の意識改革」メインテーマ「男女共同参画のための意識改革」茨城県医師会第3回男女共同参画フォーラム,2010.11(水戸)
  30. 安田 貢:偶発的低体温症.筑波常総地区メディカルコントロール協議会特別講演,2010.1.26(つくば市消防本部)
  31. 安田 貢:偶発的低体温症.筑波常総地区メディカルコントロール協議会特別講演,2010.2.18(取手市消防本部)
  32. 安田貢:つくば市の救急と応急手当の効果.平成22年度つくば市立並木小学校学校保健委員会特別講演.2010.11.21(つくば市)
  33. 安田 貢:ナース2010茨城・ナースのための黄金週間:成人と小児・乳児の救急疾患レクチャー,成人の部・脳卒中,2010.5.1(筑波)
  34. 安田 貢:茨城県における心肺蘇生法普及の取り組み.山口県光市医師会CPRフォーラム2010.7.3.(山口県光市)
  35. 安田 貢:茨城県北部地区MC管内活動と救命率.茨城県北部地区メディカルコントロール協議会特別講演,2010.6.9(日立)
  36. 安田 貢:救急救命の実際と学校における役割.2010年度茨城県学校保健主事会総会,茨城県学校保健主事研究協議会,2010.6.18(ひたちなか市民会館)
  37. 安田 貢:救急救命の実際と学校における役割.守谷市立松ヶ丘小学校教職員夏季研修会,2010.8.5 (守谷市)
  38. 安田 貢:救急救命の実際と学校における役割.平成22年度かすみがうら市教育委員会特別講演,2010.8.20(かすみがうら市)
  39. 安田 貢:救急救命の実際と学校保健の役割.第5回日本学校救急看護学会学術総会特別講演.2010.12.18(新宿,聖母大学)
  40. 安田 貢:災害医療における一次トリアージ.茨城県BANDO地区メディカルコントロール協議会,2010.10.23(坂東市)
  41. 安田 貢:心肺蘇生ガイドライン2010.常総広域消防本部講演会.2010.12.16(守谷市)
  42. 安田 貢:超急性期脳卒中患者の救急搬送体制=日本の現状とヘリ搬送への期待=.第9回ひたち脳卒中研究会,2010.11.16(水戸市)
  43. 安田 貢:ランチョンセミナー「災害医療と国際災害医療支援活動について -イラン地震・スリランカ津波災害から-」演者:東亜大学 准教授 中田敬司.第34回 茨城県救急医学会 2010.9.11.(つくば)
  44. 山本哲哉:特別講演「がん治療における中性子の利用」第5回東海フォーラム,2010.2(茨城県)
  45. 山本哲哉:グリオーマの放射線治療-グレードIII-.第二回グリオーマセミナー.2010.4(東京)
  46. 山本哲哉.基調講演 脳腫瘍の放射線治療とは.CNJがん医療セミナーもっと知ってほしい「脳腫瘍」のこと,2010.7(東京ウィメンズプラザ)
  47. Ayuzawa S: Field medicine and the creation of healing power 10th Biennial International Symposium on the Bi-Digital O-ring Test, 2010.7.19(Tokyo)
  48. Matsumura A: Regulating Brain Function and Metabolism from the Clinical Aspects The Workshop on Nursing Care and the Aging Society: Applying the Current Knowledge and Techonology to a Better Future, Bonn, 2010.12.10(Germany)
  49. -135. 安田 貢:救急関連講演 
お問い合わせ

〒305-8576
茨城県つくば市天久保2-1-1

☎029-853-3900(代表番号)
☎029-853-3570(予約センター)