その他の脳腫瘍

当院は、松果体腫瘍、悪性リンパ腫、転移性脳腫瘍などの腫瘍についても、積極的に検査・治療を行っております。松果体部腫瘍の代表である胚細胞腫瘍(ジャーミノーマなど)は化学療法・放射線療法がとてもよく効くものが多く、神経内視鏡による生検で組織を確認したのち、化学療法と放射線照射を行い、多くの症例で治癒に持ち込めています。なかには、化学療法だけでは治癒に至らない場合もあり、そのような症例では追加の開頭手術により腫瘍摘出を行います。脳原発の悪性リンパ腫にたいしても、神経内視鏡や開頭下に生検を行い、診断が確定したら、血液内科にてメトトレキセートを中心とする化学療法を先行します。最近の化学療法の進歩により治療成績が向上してきています。
転移性脳腫瘍の治療は原発巣(肺がん、乳がん、胃がんなど)の治療科と連携しながら行います。多発例、大きさの小さなもの、深部の病変に関しては放射線照射が中心になりますが、大きさが大きく、表面にあり、個数の少ないものに関しては手術摘出を行う方がいい場合もあります。

お問い合わせ

〒305-8576
茨城県つくば市天久保2-1-1

☎029-853-3900(代表番号)
☎029-853-3570(予約センター)